オケララーメン

カップラーメンを中心に、私の独断と偏見で記事を書いてゆきます。

寿がきや スガキヤラーメン だしをきかせた和風とんこつ

寿がきや スガキヤラーメン だしをきかせた和風とんこつ」



推奨調理時間 熱湯5分 内容量 100g(めん65g) 294kcal 食塩相当量 6.9g ノンフライ麺

名古屋といえば、この味で決まり!」
パッケージにもそう書かれているように、名古屋を代表するラーメンチェーン「寿がきや」のラーメンをカップ麺にした一杯です。
このスガキヤラーメンはだしをきかせた和風とんこつ味のスープが特徴です。



カップの中にはかやく(先入れ)、液体スープ(後入れ)、ねぎ入かくし味(後入れ)の3袋が入っています。



麺はノンフライタイプの縮れつき麺です。
以前販売されていたものより麺のもっちり感が上がっているようです。
ここにかやくを入れてお湯を注ぎ5分で出来上がります。



出来上がりはこのような感じになりました。
液体スープとねぎ入かくし味(粉末スープにねぎを加えたもの)を加えなじませた状態で撮影しました。
撮影後食べる前にしっかり麺をほぐしています。

麺は細めのノンフライ縮れ麺です。5分でほど良いかたさに仕上がります。
カップ麺なので寿がきやのお店の少し違った感じなのですが、軽く縮れがついた麺はお店のものに近いイメージを再現しています。
以前販売されていたものに比べ麺の質感がよくなっており、もっちりした感じが増してさらに食べ応えのある麺になっています。
麺量は60gとレギュラーサイズの丼型カップ麺としては標準的な量ですが正直なところもう少し欲しい感じがしました。
このあたりは個人差があるとは思いますが・・・

具はかなりシンプルで、チャーシューとメンマ、ねぎです。
ボリューム感は全くありません。もっとも寿がきやのお店で一番シンプルなラーメンもこんな感じです。
欲を言えばもう少しチャーシューのクオリティをあげるなどの工夫が欲しいところです。

スープはポークエキス、魚介エキス、コンブエキスなどを合わせた和風とんこつ味です。
パッケージにもあるようにだしをきかせた和風とんこつ味ということで臭みはなくさらっとした感じのものです。
お店のスープより若干さらっとしており、コクは弱目かもしれませんがイメージは再現されていると思います。
寿がきやのお店のラーメンを食べなれた人ならわかると思いますが、このスープが気に入ってしまうとなぜか時々食べたくなってしまいます。

かなり寿がきやのお店の味を知っていることを前提に書いてしまいましたが、この商品は寿がきやのお店の味を知らない方にもそのイメージが伝わるように仕上がっていると思います。
最近はホームページに販売エリアが明記されていないようですが、この商品は寿がきやの出店エリアとその周辺での販売が中心のようです。
東海地方とその周辺から離れた遠方では入手困難かもしれません。
寿がきやのお店が近くにある方にとってはお店に行けない時に家でこれを食べるという楽しみ方もありだと思います。
ごちそうさまでした。
スポンサーサイト

エースコック スーパーカップ1.5倍 鶏南蛮そば

エースコック スーパーカップ1.5倍 鶏南蛮そば



推奨調理時間 熱湯5分 内容量 130g(めん90g) 483kcal 食塩相当量 8.1g

エースコックスーパーカップシリーズの鶏南蛮そばです。
スーパーカップシリーズは主としてラーメンや焼そばが多いのですが、時々うどんやそばも販売されています。
買ったのは今年の初め頃で、スーパーのお値打ち品コーナーにありました。
我が家でも在庫に埋もれていたので最近食べたのですが、残念なことに賞味期限が少し過ぎていました。
黄金鶏油の深いコクが自慢の一杯です。



カップの中には後入れ式液体スープとかやくの2袋が入っています。



少し細めの縮れつきのそばです。
そばもカドメンとふたの部分に書かれているように、スーパーカップシリーズでおなじみのカドメンと銘打つ特徴的な麺を採用しています。
大盛タイプなのでカップの中に麺がぎっしり詰まっているような感じを受けます。
ここにかやくを入れてお湯を注ぎ5分で出来上がります。



出来上がりはこのような感じになりました。
麺はあまりほぐさずに液体スープを入れカップにある程度なじませた状態で撮影しました。
撮影後にしっかり麺をほぐし、スープをしっかりなじませて食べ始めました。

麺はそば粉、植物油脂、ヤマノイモパウダーなどが配合された油揚げ麺の縮れつきそばです。
最初は少し細く見えましたが、出来上がり時はそれほど細い感じは見えませんでした。
スーパーカップならではの量の多さでボリューム感はなかなかのものです。
しっかりした弾力のあるカドメンならではのコシが感じられ食べ応えのあるそばに仕上がっています。

具は味付鶏肉そぼろ、揚げ玉、ねぎ、唐辛子です。
見た感じの量感はまずまずで、具材のボリューム感が少し残念に感じる事が多いこのシリーズの中ではがんばっている方だと思います。

スープは香味油、かつおぶしエキス、コンブエキス、鶏エキスなどをあわせた醤油味仕立てです。
色は少し濃い目で、鶏の良い香りが漂う食欲を誘うつゆです。
醤油の風味がかなり強めでだしの風味は奥に控えているような感じに仕上がっています。

ボリューム満点の一杯です。
香りのよい濃い目の醤油味のスープと食べ応えのあるそばが食欲をかき立ててくれます。
少し濃すぎに感じる方もいるかと思いますが、濃い味が好きな人にはたまらない一杯だと思います。
ごちそうさまでした。

ごつ盛りちゃんぽん

マルちゃん ごつ盛り ちゃんぽん


推奨調理時間 熱湯5分 内容量 113g(めん90g) 496kcal 食塩相当量 7.4g

マルちゃんの大盛カップ麺ごつ盛り」シリーズのちゃんぽんを紹介します。
もっちりとした太麺に海鮮の旨みひきたつまろやかな白湯スープが自慢の一杯です。



カップの中にはかやく(先入れ)、粉末スープ(後入れ)、液体スープ(後入れ)の3袋が入っています。



麺は少し太めで丸みを帯びた縮れのついたタイプです。
ここにかやくを入れてお湯を注ぎ5分で出来上がります。
液体スープはフタの上であたためておく事をおすすめします。



出来上がりはこのような感じになりました。
ふたを開けて粉末スープと液体スープを加え、なじませた状態で撮影しました。
そのあとしっかり麺をほぐして食べ始めました。

麺は縮れ付で丸みを帯びた油揚げ麺です。
少し太めな感じで、でかまるシリーズの麺とは少し違った感じに見えます。
推奨調理時間の5分でもっちり感があり食べ応えのある麺に仕上がりました。
麺の量は90gと大盛サイズなのでボリューム感はなかなかのものです。

スープはポークエキス、豚脂、塩、粉末野菜、魚介エキス、チキンエキス、香辛料、植物油などをブレンドした白湯スープで、粉末スープと液体スープのダブルタイプになっています。
コクのあるまろやかなスープに仕上がっており、時折感じるスパイスの風味がおいしさを引き立てています。

具はキャベツ、いか、かまぼこ、きくらげです。
写真では具のボリューム感が残念な感じに見えてしまっていますが、スープをなじませる際に混ぜたので沈んでしまったためです。
最初から少し大盛サイズにしては控えめな具の量に感じなくもないのですが、ここまで残念な感じではありません。
野菜やイカの存在感はしっかり感じられました、きくらげのこりこり感もいい感じです。

ごつ盛りシリーズはどちらかと言えば価格指向の商品なのでコスト対策なのかなと感じられる部分はありますが、麺やスープはちゃんぽんのイメージで仕上げられています。
大盛サイズなので量も満足できておいしく味わえると思います。
手頃にたっぷりちゃんぽんを楽しみたい時におすすめの一杯です。
ごちそうさまでした。

ローソンセレクト しおラーメン

ローソンセレクト しおラーメン」





推奨調理時間 熱湯3分 内容量 68g(めん60g) 300kcal 食塩相当量 4.1g

コンビニエンスストアチェーンローソンPB(プライベートブランド)のローソンセレクトシリーズの縦型カップ麺です。
このしおラーメンは鶏だしのすっきり塩スープがセールスポイントの一杯です。
製造は日清食品です。



縦型カップ麺ではおなじみの麺、具材、スープの素があらかじめセットされているシンプルなスタイルです。
ここにお湯を注ぎ3分で出来上がります。



出来上がりはこのような感じになりました。
写真は出来上がりほぼそのままで手をほとんど加えていない状態です。
食べる前にはしっかり麺をほぐしよく混ぜてから食べ始めました。

麺は細麺の油揚げ麺で少し縮れがついた感じのものです。
いわゆるヌードル麺とは違ったタイプの麺です。
醤油やポークエキスが配合されている麺で、つるりとしていて適度なコシが感じられおいしく楽しめます。
麺の量は60gとレギュラーサイズの縦型カップ麺ではおおむね標準的なレベルで、ボリューム感もまずまずだと思います。

具はキャベツ、味付鶏肉、味付卵、ねぎ、レッドベルペパーです。
ふたを開けた時から具派多めに見えましたが、実際仕上がった状態でもキャベツがうまく量感を演出し、鶏肉のカットも大きめなので具材のボリューム感はなかなかのものです。
食べ進んでいく時にキャベツのシャッキリ感が印象的でした

スープは糖類、香味調味料、ごま、チキン調味油、香辛料、豚脂、ポークエキス、オニオンパウダー、香味油、酵母パウダー、野菜エキス、オニオンパウダー、香味油などをブレンドした塩味仕立てです。
すっきり系で味わいのあるスープに仕上がっていて、スープだけでもおいしく味わえそうな感じです。

以前に比べローソンオリジナルのカップ麺の店での取り扱いも力が入っているような感じがします。
いわゆるメーカーブランドの商品と違って、そこだけでしか買えないという強みを生かした特徴ある一杯に仕上がっています。
私はたまに食べたくなる味だと思えるのでこれが欲しくなったらローソンに行くというのもありかと思います。
コンビニのオリジナルブランド品も各チェーンのを食べ比べてみるのも楽しいと思います。
皆さんも一度お試しになってはいかがでしょうか?
ごちそうさまでした。

マルちゃん 昔ながらのソース焼そば

マルちゃん 昔ながらのソース焼そば」


推奨調理時間 熱湯3分 内容量132g(めん100g) 588Kcal 食塩相当量 5.1g

ここの所ずっと食べることだけに専念していたのですが、またのんびり記事を更新することにしました。
前に食べたものや、我が家の在庫処分ネタ記事も書いていきますが復帰第一弾は今年2月にリニューアルされたマルちゃん昔ながらのソース焼そばです。
「旨さだけにこだわった焼そば」とかなり強気のセールスコピーが興味をそそります。



カップの中にはかやく、液体ソース、ふりかけの3袋が入っています。



めんは縮れのついたタイプで、カップ焼そばによくあるスタイルです。
粉末野菜や香辛料も練りこんであるようです。
ここにかやくを入れてお湯を注ぎ3分で出来上がります。



出来上がりはこのような感じになりました。
しっかり湯切りをした後で液体ソースを入れてよくなじませふりかけをトッピングして撮影しました。
見た感じは普通のカップ焼そばといった感じです。

麺は3分でほど良い感じに仕上がりました。
地域限定で販売されている「やきそば弁当」や「焼そばバゴォーン」とは違ってもっちり感がよく出ています。
ソースは少しとろみがついていて香りもよく濃厚な感じに仕上げられており、少しスパイシーな風味が旨さを引き立てています。
このあたりが旨さへのこだわりなのでしょうか?
麺のボリューム感もなかなかのもので、大盛サイズではないものの満足感は得られると思います。
なお具材は野菜(キャベツ)だけですがまばらな感じではなく結構入っているなと思いました。

このシリーズいままでそれほど注目していなかったのですが、今回店頭で目に留まったのをきっかけにひさびさに買ってみたのですがもっちり感のある麺と最後まで飽きずに食べ進める濃いめのソース味が印象に残りました。
残念ながらカップ焼そばのトップブランドの座はライバル商品が占めていますが、こだわりの旨さは他に負けないと思いました。
いつものカップ焼そばとは違ったのを試してみたくなった時にまずこれを食べてみてはいかがでしょうか?
ごちそうさまでした。





 | ホーム |  »

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

オケラ

オケラ

カップ麺を中心に麺類を紹介するブログを書いています。
コメントも随時募集中です。
みなさんどうぞよろしくお願いします。

FC2Ad