FC2ブログ

オケララーメン

カップラーメンを中心に、私の独断と偏見で記事を書いてゆきます。

ニュータッチ 懐かしのカレーうどん

ニュータッチ 懐かしカレーうどん



推奨調理時間 熱湯5分 内容量 84g(めん64g) 362kcal 食塩相当量 5.8g

ニュータッチの「懐かしの~」シリーズのカレーうどんを紹介します。
この「懐かしの~」シリーズは何種類か発売されており、リニューアルも加えながらニュータッチの人気商品に成長しています。
このカレーうどんは「まろやかな辛さのカレー味」と銘打っており、香辛料の辛味と鰹だしの旨みをセールスポイントにしています。
以前は昭和50年ごろのイメージをコンセプトにしていましたが、今のバージョンでは時代設定は明記されなくなりました。



カップの中には後入れ式の粉末スープと先入れ式かやくの2袋が入っています。



麺はいわゆるカップ麺うどんとしておなじみの縮れつき平打ち風のものです。
ちょっと麺は細めに見えます。
ここにかやくを入れお湯を注ぎ5分で出来上がります。



出来上がりはこのような感じになりました。
麺をほぐした後、粉末スープを入れ具材が沈んでしまうのはある程度覚悟の上でよくなじませた状態で撮影しました。
これで食べ始める事ができる状態です。

麺は醤油を配合した平打ち風縮れ麺です。
出来上がり時に麺が浮き上がり表面だけかたくならないように少しお湯を多めに入れたためなのか少しやわらかめに仕上がりました。
コシは少し弱めに感じられました。
麺の量は65gと丼型レギュラーサイズカップうどんとしては平均的なレベルなのでガッツリ派でなければ十分満足できると思います。

具は味付肉そぼろ、フライドポテト、ねぎ、にんじんです。
残念ながらあまり存在感がありません。
混ぜていくうちに底に沈んでしまったことを割り引いてみても寂しい感じは否めません。
他のカレーうどんカップ麺もそれほど具ザ充実しているわけでもないのですが・・・

スープは野菜粉末、ポークエキス、かつお節粉末、醤油等がブレンドされたカレー味仕立てです。
全体的にはさらっとした感じなんですがとろみも感じられます。
鰹だしのうまみの中に辛味がしっかり感じられるスープです。
さっぱりした辛さでコクがあり、スープを口の中に含むと辛味が広がってきます。

どことなく懐かしさを感じさせながらもお手頃価格の商品なのでチープな所も垣間見えますがおいしさが十分感じられるものに仕上がっています。
某有名ブランドのカレーうどんカップより辛味があってカレー風味が強く感じられると思います。
懐かしの時代設定は特に明示されなくなりましたが、昔どこかで食べたような記憶をたどりたくなるような味が楽しめると思います。
ふと思い出したかのようにお店で見かけると買ってしまいたくなる一杯です。
ごちそうさまでした。







スポンサーサイト

サッポロ一番 カップスター カレーうどん

サッポロ一番 カップスター カレーうどん



推奨調理時間 熱湯3分 内容量 84g(めん55g) 368kcal 食塩相当量 5.0g

2018年秋にリニューアルしたサッポロ一番カップスターシリーズのカレーうどんです。
リニューアル前にはカレー南ばんと名乗っていました。
このカレーうどんはレギュラー商品の位置づけで全国販売されています。
なぜか私の地元周辺のカップスターシリーズを売っているお店でもこれは売ってない店も多く少し影が薄い存在です。
カレー南ばんと名乗っていた頃から見かけると食べたくなるのでお店で見かけたときに購入することにしています。
今回紹介する商品は昨年買って我が家の在庫になっていたものなのでふたの部分が映画とのタイアップの特別パッケージになっています。



カップの中に麺と具材、粉末スープがセットされています。
縦型カップ麺のスタンダードともいえるスタイルでお湯を注ぐだけで作る事ができるシンプルスタイルです。
お湯を注いで3分で出来上がります。



出来上がりはこのような感じになりました。
具材が沈まないように表面の方だけ少し混ぜてスープをある程度溶かした状態で撮影しました。
3分が推奨調理時間ですが、3分経過してもかなり麺がかたい感じなので食べる前にはしっかり麺をほぐしています。

麺は平打ちタイプの縮れつき麺です。
いわゆるカップ麺のうどんによくあるスタイルです。
3分仕上げにするには無理がありそうな感じに仕上がるのはリニューアル前と変わっていません(残念)
うどんのもっちり感が少し足りないような気がしなくもないですが、しっかりほぐしていくとおいしく味わえる麺になりました。
麺の量は55gと少し控えめですが、平打ち麺なのでボリューム感があり量感はまずまずです。

具は味付鶏肉そぼろ、味付油揚げ、人参、ねぎです。
具材はリニューアルでかなり変わった所です。
カレー味の定番とも言えそうなポテトは消えて、うどんのイメージをより感じさせる油揚げが加わりました。
肉そぼろも鶏肉のみに変わっていますが国産肉を採用するようになりました。
具材の構成は変わりましたが、ボリューム感は以前とそれほど変わっていないと思います。

スープは粉末ポテト、しょうゆ、魚介エキス、牛脂、ビーフエキス、昆布エキス、たん白加水分解物、さば節粉末などをブレンドしたカレー味仕立てです。
さらっとした感じのもので和風だしの中にビーフの風味とスパイシーさが混ざり合ったようなスープです。
辛さはマイルドな感じなので辛いのが苦手な方でもおいしく味わえるような仕上がりです。

カレー南ばんの時と比べさらにリニューアルしており、具材や食塩相当量、カロリーが変化しています。
商品名もカレーうどんとなり、さらにうどんらしさをアピールしていくような方向に進んでいくようです。
カレーうどんを手軽に楽しみたい時にはぴったりの一杯だと思います。
地域によっては手に入りづらいかもしれませんが、お店で見かけた際にはぜひ味わってみてください。
ごちそうさまでした。


エースコック ◯旨カレーうどん

エースコック ○旨カレーうどん





推奨調理時間 熱湯3分 内容量 70g(めん50g) 331kcal 食塩相当量 4.6g

エースコックの◯旨シリーズのカレーうどんを紹介します。
このシリーズはお手頃価格でおいしく楽しめる縦型カップ麺で、特製固形ルゥを使用しています。
香るだし、深まる旨さがセールスポイントの一杯です。



カップの中に麺や具材そしてカレールゥがセットされています。
カップの真ん中あたりに鎮座している固形のカレールゥがこの一杯の大きなポイントです。
お湯を注ぐ時はルゥをめがけてしっかり溶けるようにしましょう。
お湯を注いで3分で出来上がります。



出来上がりはこんな感じになりました。
フタを開け、軽く表面を整理した状態で撮影しました。
見事なビジュアルのカレーうどんに仕上がりました。
実際食べるに前にしっかりと麺をほぐしスープをなじませています。。

麺は鶏、豚エキス、野菜エキスを配合した油揚げタイプの縮れ麺です。
平打ち風のカップうどんによくあるスタイルの麺ですが、3分で仕上がるように太さや厚みは少し控えめになっている感じがします。
あまりコシは強くない感じがしましたが、スープが絡みうどんのおいしさがよく感じられました。
量は50gと控えめですが、スープもしっかり味わうとちょうど良い感じのボリューム感だと思います。

スープはカレールゥの固形タイプです。
お湯を注ぐ際にこれをうまく溶かすようにするのがおいしく作るポイントです。
また少しお湯の温度にもこだわったほうがよさそうです。
麺に配合されている鶏や豚、野菜のエキスがしみでてカレールゥと混ざり合って味を作り出します。
カレースープの味は際立った辛味というよりは後味として辛味がほんのりと口の中に残るような感じです。

具は鶏豚味付肉そぼろ、玉ねぎ、人参、油あげ、ねぎです。
具材は全体的にコンパクトなサイズにカットされておりちょっと寂しく感じてしまうかもしれません。
写真では人参が全く目だっていませんが、カレースープの中に埋没してしまったようです。

お手頃価格で手に入りおいしいカレーうどんが楽しめる嬉しい一杯です。
辛味がほんのり残るカレースープは最後までしっかり味わえるおいしさです。
麺量は少し控えめに感じますが、スープもしっかり味わえることもあわせて考えると全体的なバランスは取れているのかもしれません。
一度食べると、また時々食べたくなるような一杯です。
ごちそうさまでした。

マルちゃん あつあつ豚汁うどんでか盛

マルちゃん あつあつ豚汁うどんでか盛



推奨調理時間 熱湯5分 内容量 139g(めん91g) 592kcal 食塩相当量 7.9g

冷える時期にいつも販売されるマルちゃんのあつあつ豚汁うどんでか盛タイプが販売されているので紹介します。
豚汁うどんファンの方にはたくさん食べられるでか盛タイプの登場は嬉しい方も多いと思います。
生姜をきかせた赤・白合わせみそと彩り豊かな6種類の具材が特徴の一杯です。



カップの中にはかやくの袋と先入れ式粉末スープそして後入れ式の液体スープの袋の合計3袋が入っています。
レギュラータイプには粉末スープはないのですが、でか盛タイプだけなぜか粉末スープが存続しているのが不思議です。



麺は縮れつきの平打ちタイプのものです。
おそらく赤いきつねシリーズと同じものだと思われますが、同じでか盛シリーズでもこれだけなぜか麺の量が少なくなっています。
かやくは小袋に入っているのですが、油揚げだけは麺と一緒にカップの中にセットされています。
以前のバージョンより麺量が少し減ったとは言えでか盛タイプなので麺の量はかなりのものに見えます。
かやくとレギュラーサイズにない粉末スープを投入し、お湯を注ぎ5分で出来上がります。
液体スープはふたの上であたためておきました。



出来上がりはこのような感じになりました。
この写真は液体スープを入れ、できるだけ具が沈まないように気をつけながらスープをなじませ軽く麺をほぐした状態で撮影しました。
実際食べる前にもっとしっかり麺をほぐしています。

麺は縮れのついた平打ちタイプ麺で、古くからのカップうどんの標準的なスタイルです。
以前のバージョンでは麺量が100gあったので、少し麺量が減っているもののでか盛タイプならではのボリューム感は健在です。
麺の量は数字の上でレギュラータイプの約1.3倍(レギュラーサイズは70g)です。
ほど良いコシと麺のもっちり感がおいしさを引き立てています。

具は6種類(豚肉、油揚げ、ポテト、人参、ねぎ、ごぼう)で豚汁のイメージを再現するにはぴったりの構成です。
以前から思うのですが、どうも具材のボリューム感が残念な感じに思えてしまいます。
レギュラーサイズの豚汁うどんと比べても具の量感はそう差がないように感じるのは気のせいでしょうか・・・
写真では少し具が沈んでしまったので余計に寂しげに感じてしまいます。

スープは生姜をきかせた赤白合わせみそです。
豚汁風のスープは野菜やポークのエキスもブレンドされています。
生姜をきかせたと銘打っていますが、生姜の風味はそれほど感じられませんでした。
少し甘辛い感じのスープが豚汁のイメージを演出しています。
独特な風味の味噌煮込みうどんとは違って、全国の各地で幅広く親しまれるような合わせみそのスープに仕上がっています。

たっぷり食べたい時には嬉しいでか盛サイズです。
具のボリューム感が低いのは少し残念な所ですが、うどんも豚汁の具のひとつと考えればいいのかもしれませんね。
心と体をしっかり温めてくれる一杯はこれから寒さが厳しくなる季節にはぴったりだと思います。
ごちそうさまでした。



ベイシア 旨っ!カレーうどん

「beisia 旨っ!カレーうどん



推奨調理時間 熱湯5分 内容量 86g(めん65g) 371Kcal 食塩相当量 4.6g

群馬県をホームグラウンドに幅広くチェーン展開をしているベイシアグループのPBカップ麺です。
カップ麺だけでもさまざまな商品をPB展開しており、PB商品の改廃も頻繁に行われています。
今回は丼型のカップうどんのカレーうどんを紹介します。
もっちり太麺!、コクとろっカレーつゆがセールスポイントの一杯です。
製造は大黒食品工業です。



カップの中にはかやくと粉末スープの2袋が入っています。



麺は油揚げタイプで縮れのついたうどん麺です。
もっちり太麺をセールスポイントにしているだけあって、麺はお湯を入れる前の段階でも少し太めに感じられます。
ここに粉末スープとかやくを入れてお湯を注ぎ5分で出来上がります。



出来上がりはこのような感じになりました。
軽めに麺をほぐしながらスープを全体になじませて撮影しました。
実際食べる前にはもっとしっかり麺をほぐしています。

麺は縮れのついた油揚げタイプの麺うどんで、もっちり太麺と謳っているだけあり他のカップうどんに比べると少し麺は太めに感じられます。
やまいも粉を配合しておりもっちり感もよいものに仕上がっています。
麺量は65gでこのサイズの丼型カップとしては標準的な感じで、もっちり感のある麺なので量以上に食べ応えのあるように感じました。
スープとの絡みもよくおいしく味わえます。

スープは砂糖、粉末じゃがいも、塩、醤油、香辛料、カレー粉、ポークエキス、魚醤、かつおエキス、酵母エキス等をあわせたカレー味仕立てです。
コクとろっカレーつゆを謳っているだけあって、とろみ強めかなと想像していましたがそこまでとろみが強いわけでなくだしのよく効いた和風カレーつゆに少しとろみがあるという感じでしょうか。
だしのうまみとカレーのコク、辛味がおいしく味わえるものに仕上がっています。

具は味付け豚肉、ねぎ、にんじん、たまねぎです。
写真では少し寂しげに感じましたが、実際にも具のカットはコンパクトな感じなのでどうしても寂しげに見えてしまいます。
メーカーブランドのカレーうどんと比べると価格面でも差があるので同じだけのボリューム感を求めるのには無理もあるのでしょうが、もう少し演出の努力があれば寂しげにならないのかもしれません。

お手頃価格でおいしく味わえるカレーうどんに仕上がっています。
食べ応えのあるもっちり麺が印象的です。
だしとカレーの風味のバランスもよくほどよい辛さが嬉しい一杯です。
ベイシアのお店が近くにある方はチェックしてみてはいかがでしょうか?
ごちそうさまでした。

 | ホーム |  »

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

オケラ

オケラ

カップ麺を中心に麺類を紹介するブログを書いています。
コメントも随時募集中です。
みなさんどうぞよろしくお願いします。

FC2Ad