FC2ブログ

オケララーメン

カップラーメンを中心に、私の独断と偏見で記事を書いてゆきます。

三光丸 志摩の中華麺

「三光丸 志摩の中華麺」


内容量 120g 推奨調理時間 ゆで90秒 生麺

三重県志摩市にある三光丸が製造する志摩の中華麺を紹介します。
このブログで袋麺やカップ麺は多く紹介するのですが、チルドコーナーや冷凍食品コーナーで販売されている麺を紹介することはそれほど多くありません。
出かけた先で気になったものを購入するには持ち運びや賞味期間などの問題でいろいろ困難が生じるのと、ただでさえ袋麺やカップ麺の商品が多いのにそこまで手をのばせないと言うことなど私のキャパシティの問題もあるからです。
そのためこのジャンルの商品については今後もよほど気になったか気分転換の一環程度での紹介になると思います。
この商品については初見であったことと「志摩の中華麺」と地名を前面に出していたのが目に留まったのが購入に到ったポイントです。
そのスーパーではそれなりに目立つ位置で販売されていましたが、大量に並べられているわけでもなくひっそりした感じで売られていたのが私の購買意欲を掻き立てたのかもしれません。
それにこれに出会ったのが仕事の帰りにふと立ち寄ったスーパーだったのが幸いだったのです。
車で出かけていないときや地元から遠い旅先で見かけたものだったら気になっても泣く泣くスルーだったことでしょう。



袋の中に麺の入った小袋とスープの素が入った小袋が入っています。
スープは別の会社で製造されたものを仕入れているようですが、三重県度会郡玉城町の企業の製造品で志摩地方ではありませんが地場の製品です。
麺はストレートタイプです。
沸騰したお湯で90秒程度ゆでると出来上がります。
スープはあらかじめ丼に入れておき麺をゆでたものとは別のお湯で溶かしておきます。



出来上がりはこのような感じになりました。
ゆで上がってしっかり湯切りをした麺をあらかじめ作っておいたスープの中に入れた状態で撮影しました。
今回は具や薬味を準備しなかったのでこれで完成の状態ですが、お好みに合わせて具材を入れて食べるとさらにおいしさがアップすることは間違いないでしょう。

麺はストレートタイプで120gの量は結構ボリュームがありました。
推奨調理時間のゆで90秒で少しかために仕上がり歯ごたえがよい感じになりました。
わたしはやわらかめよりこのくらいのかたさの方が好きなのでこの推奨調理時間はちょうど良い感じでした。

スープはポークエキスとチキンエキスに玉ねぎ、ねぎ、人参、おろしニンニク、生姜などの野菜、香辛料を合わせた醤油味仕立てです。
スープは少し多めが好きなので推奨の量より多めのお湯で作ったのもあってか若干薄めに(見た目が)なってしまいました。
味は見た目ほど薄くなくしっかりうまみが出ており、しょうゆの風味よりだしの風味が強めに出た感じに仕上がっています。

もともと麺とスープのセットで販売されているので具はありません。
好みによって具をアレンジして入れるのですが、今回はねぎすら準備できず非常に寂しげな状態で食べることになってしまいました。
しかしながらその方が商品そのもののイメージが伝わり、どんな具材を準備したらよさそうかがわかるかもしれません。
実際次回食べるならこんな具材を入れようとかのイメージは浮かんできました。

付属のスープで食べるのも十分おいしいのですが、この麺を使って他の味のスープでも食べてみたいと思いました。
最近は生麺用にスープの素だけの単品販売もある(味のラインナップはスーパーによって差がありますが)のでそれを使って塩味やとんこつ味にしてみようかと思いました。
また付属のスープで食べるなら野菜を軽く炒めてトッピングするのもよさそうな気がします。
こうしていろんな味わい方を思い浮かべるのも楽しいですね。
今後も頻度は少ないと思いますが、スーパーの生麺コーナーや冷凍食品コーナーで見かけた気になる商品を紹介していこうと思います。
ごちそうさまでした。




スポンサーサイト

日清 カップヌードルカレー

日清 カップヌードルカレー」




推奨調理時間 熱湯3分 内容量 85g(めん60g) 402kcal 食塩相当量 4.3g

おなじみ日清カップヌードルシリーズのカレー味を紹介します。
あまりにメジャーすぎて敢えて紹介するのもどうなのかと思いつつ何度も食べています。。
その中でもカレー味は長年の間に体がおぼえこんでしまった味と香りが食欲を誘う一杯です。



カップの中には具材、スープ、麺がセットされておりお湯を注ぐだけで作る事ができます。
このスタイルはカップヌードルシリーズによって確立されたものと言ってもオーバーではないと思います。
ここにお湯を注いで3分で出来上がります。



出来上がりはこのような感じになりました。
ふたを開けて軽くスープをカップの中になじませてから撮影しました。
まだ写真を撮るのに見栄えを少しよくしただけのものなので、実際食べる時にはもっとしっかり麺をほぐし、スープもしっかりなじませています。

麺は少し角ばった縮れつきのスナックタイプと呼ばれるものです。
これがいわゆるヌードルタイプの麺と呼ばれています。しょうゆ、ポークエキス、チキンエキスなどが配合された味付麺です
カップ麺ファンの方ならずともおそらく何度となく食べた事があるのではないでしょうか?
3分で少しやわらかさを感じるように仕上がりました。メーカーの商品情報ではコシのある麺となっていますがあまりコシの強さは感じなかったです。
麺に縮れがあるので麺とスープの相性も抜群です。

具はフライドポテト、味付豚ミンチ、味付豚肉、人参、ねぎです。
具の量感は多くもなく少なくもなくといった感じでしょうか・・・
肉系の具材はダイスポークとミンチポークの2本立てになっています。
一時カレーヌードル用のコロチャーに変更されていたのですが、いわゆる謎肉が話題になりカップヌードルの具材としても華麗なる復活を果たしたので」またここにも再登場するようになっています。
今のカレーヌードルでは肉系具材は2つの食感が楽しめるようになっているのです。
またポテトのカットも気持ち程度ですが大きくなっているような感じがします。

スープは豚脂、カレー粉、小麦粉、カレー調味料、玉ねぎ、でん粉、香味調味料、糖類、マーガリン、食塩、人参、ピーナッツバター、香辛料を合わせたカレースープです。
辛味はそれほど強くなくマイルドなカレースープです。
独特のコクとカレーの風味が感じられおいしく最後まで飲み干せるスープです。
カレー味カップ麺のパイオニアともいえるこのスープの味を体で覚えている方も多いと思います。
安定のおいしさを求める時にはこれが強烈に食べたくなってきます。

カレー味のカップラーメンとしてはかなりのロングセラー商品であり、これがスタンダードになっている面もある一杯です。
最近で縦型カップ麺市場にも流通各社のPBが多く参入し、このカレーヌードルにも価格や味で特色あるライバルが目立つようになってきました。
その中でも多くの人の中にイメージとしてやきついているこの味がこの一杯の最大のセールスポイントだと思います。
安定の一杯、これがある限り時々ここに安らぎを求め無性に食べたくなる一杯であり続けるのです。
ごちそうさまでした。

エースコック もちもちラーメン

エースコック もちもちラーメン しょうゆ味



推奨調理時間 熱湯4分 内容量 112g(めん60g) 357kcal 食塩相当量 6.0g

エースコックもちもちラーメンを久しぶりに購入したので紹介します。
懐かしさを感じるこの商品は、もう販売開始から35年も経っているロングセラー商品です。
近所では見かけないよという方も多いとおもいますが、現在は東海北陸限定商品となっており2017年にリニューアルしています。
東海エリアに在住している私でもなぜか見かける事が少ない一杯です。
このもちもちラーメンエースコックが初めて導入したお湯で戻る餅を使用したカップ麺です。
もちは国産もち米100%の越後の杵つきもちです。



カップの中には餅の入ったパック、液体スープ(後入れ)、かやく(先入れ)の3袋が入っています。



麺は丸みを帯びた縮れつきの油揚げ麺です。
エースコックのカップラーメンによくある特徴の少し黄色がかった感じの麺です。
ここに餅とかやくを入れてお湯を注ぎ4分で出来上がります。
液体スープはふたの上であたためておくとよいでしょう。



出来上がりはこのような感じになりました。
もち以外の細かい具があまり沈まないようにしながら麺をしっかりほぐし、液体スープを加えた状態で撮影しました。
これで食べ始めることができる状態です。

麺は醤油を配合した油揚げ麺で丸みを帯びた縮れつきの麺です。
4分仕上げで適度に弾力感のある感じの食感が印象に残ります。
量は60gとこのサイズのカップ麺では標準的な量なので満足できると思います。

スープは塩、砂糖、鶏油、植物油脂、鶏豚エキス、香辛料などをブレンドした醤油味仕立てです。
すっきりした味わいのスープは鶏のエキスがきいて、少し香辛料の風味も感じられるものに仕上がっています。
醤油味のラーメンとしては正統派といった感じのスープです。

具は餅、コーン、メンマ、ねぎです。
餅とその他の具材は別のパックに入っています。
餅はお湯で簡単に戻るように工夫がなされた国産もち米を使用の越後の杵つき餅です。
もっちり柔らかな感じに仕上がり、おいしく味わえます。
あとの具材は量感はあまり期待できませんが、彩りを添える役目と考えれば納得はできるかと思います。
コーンは甘みがあっておいしかったです。

今は地域限定販売になっているものの、かなり息長く続いている商品です。
私の在住する地域限定で販売されているのですが、残念ながら目にする機会はあまり多くなりません。
姉妹品に力うどんもあり、今回入手しているので機会があれば紹介したいと思います(予定は未定ですが・・・)
販売地域にお住まいの方はお店で見かけた時にはお求めになってはいかがでしょうか?
ある程度の年代より上の方には懐かしい味が楽しめるとおもいます。
ごちそうさまでした。

ローソンセレクトしょうゆラーメン

ローソンセレクト しょうゆラーメン」




推奨調理時間 熱湯3分 内容量 70g(めん60g) 318kcal 食塩相当量 4.6g

大手コンビニチェーンローソンPB商品の縦型カップ麺です。
かなり前から販売されていますが、2018年パッケージデザインを大きく変更するなどリニューアルされています。
味は何種類か発売されていますが、今回紹介するのははしょうゆラーメンです。
鶏と魚介の旨だしスープがセールスポイントの一杯で、製造は日清食品です。



カップの中には麺、スープの素、具材があらかじめセットされているシンプルなスタイルです。
ここにお湯を注ぎ3分で出来上がります。



出来上がりはこのような感じになりました。
ふたを開けて特に何も手を加えていない状態で撮影しました。
実際食べる時にはしっかり麺をほぐしています。

麺はしょうゆ、ポーク調味料、香辛料を配合した油揚げ縮れ麺です。
麺は少し丸みを帯びた感じのもので、いわゆるヌードル麺とは違う感じです。
3分でほどよいかたさに仕上がりました。
量は60gと縦型カップ麺のレギュラーサイズとしては標準的なレベルです。

具は味付豚ミンチ、味付卵、なると、ねぎです。
以前に販売されていたものと比べて具材の構成が変わっています。
なるとが入っている様に書かれていますが、気がつきませんでした(涙)
具の大きさはまずまずな感じです、寂しい感じがしないような量は確保されているように感じました。

スープは粉末しょうゆ、糖類、豚脂、チキン調味料、香辛料、香味調味料、煮干粉末、魚介調味料などを合わせたしょうゆ味味仕立てです。
すっきりした味わいのしょうゆ味スープはだしもよく出ておりおいしく楽しめる感じに仕上がっています。

コンビニのカップ麺売場ではどうしても品数が限られているので縦型カップ麺はあの超有名な商品と事実上2択になると思います。
製造メーカーが同じなのでメインの商品とバッティングじないように配慮している面もあるのでしょうが、あえてあの商品と違った方向性の商品造りをしています。
それがうまくいっているように思います、違った魅力があるのでこちらを積極的に選択する動機付けにもなると思います。
実際時々食べたいなと思えるようなおいしさなのでローソンに行くとついこれに目が行ってしまいます。
お手頃価格でおいしい一杯なので皆さんもローソンに行かれた際にはチェックしてみてはいかがでしょうか?
ごちそうさまでした。

マルちゃん あつあつ豚汁うどん縦カップ

マルちゃん あつあつ豚汁うどん縦カップ」




推奨調理時間 熱湯5分 内容量 95g(めん70g) 394kcal 食塩相当量 6.8g

マルちゃんのあつあつ豚汁うどん縦型カップが仲間入りしました。
丼型タイプにはレギュラーカップとでか盛タイプがありますが、縦型タイプはビッグサイズカップ1種類の販売です。
彩り豊かな5種類の具材と赤、白合わせみそに生姜を合わせたつゆが特徴の一杯です。



ふたの上に特製スープの小袋がついています。
縦型タイプではこの特製スープとカップの中に入っている粉末スープのダブルスープになっています。



カップの中には麺と具材、そして粉末スープがセットされています。
5種類の具材は結構ボリューム感があるように見えます。
ここにお湯を注ぎ5分で出来上がります。特製スープの袋はふたの上であたためておくといいでしょう。



出来上がりはこのような感じになりました。
特製スープを加えて具材が沈まない程度に軽くなじませた状態で撮影しました。
実際食べた時にはしっかり混ぜて麺をほぐしています。

麺は平打ちタイプの軽く縮れのついたタイプで、カップうどんによくあるスタイルのものです。
丼型カップのうどんより少し細めな感じで厚みも少し薄い様に感じますが5分仕上げでコシの強さはしっかりした感じに仕上がりました。
量は70gと満足感のあるものになっています。

スープは塩、しょうゆ、ポークエキス、発酵調味料、でん粉、砂糖、粉末野菜、たん白加水分解物、香辛料、魚介エキス、植物油、酵母エキスなどをブレンドしたみそ味仕立てです。
生姜をきかせた赤白合わせみそのスープとのことですが、生姜の風味はそこまで強くなくほんのり香る感じです。
特製スープを加えることで丼型の豚汁うどんに比べるとかなり濃い感じの味に仕上がります。
濃い感じやしっかりした味が好きな方は丼型のよりこちらの方がおすすめです。

具は味付豚肉、きざみ揚げ、ポテト、ごぼう、ねぎの5種類です。
具材の種類は豊富で、仕上がり時の具の量感もまずまずです。
個々の具の存在感もよく感じられます。

コシがあって食べ応えのあるうどんとおいしい合わせみそ仕立てのスープが嬉しい一杯です。
具の量感もほど良く感じられ、手軽に味わえるのでので何度も食べたくなります。
おそらく春になる頃には店頭からも消えていきそうなので少し買い込んでおこうかと思います。
ごちそうさまでした。

 | ホーム |  »

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

オケラ

オケラ

カップ麺を中心に麺類を紹介するブログを書いています。
コメントも随時募集中です。
みなさんどうぞよろしくお願いします。

FC2Ad