FC2ブログ

オケララーメン

カップラーメンを中心に、私の独断と偏見で記事を書いてゆきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マルちゃん みそ煮込みうどん

マルちゃん みそ煮込みうどん



推奨調理時間 熱湯5分 内容量 113g(めん70g) 408kcal 食塩相当量 6.4g

マルちゃんみそ煮込みうどんのカップ麺です。
名古屋の味と銘打っているように、名古屋周辺を中心とする東海地方で親しまれている味をカップ麺で再現しています。
残念なことに地元では地場の有力メーカーの商品と比べると店頭で見かけることは少ない感じです。
それでもかなり長い間販売を続けていると言うことはかなり根強いファンがいるものと思われます。
鰹だしのきいた豆みそ仕立ての濃厚つゆと「つよゴシ麺」と銘打つほどのコシの強い麺がセールスポイントの一杯です。



カップの中には粉末スープ(先入れ式)、液体スープ(後入れ式)、かやくの計3袋が入っています。
粉末スープの袋は七味唐辛子の袋がくっついています。



麺はカップ麺のうどんではよくあるスタイルの縮れつきタイプです。
つよゴシ麺と銘打っていますが、さすがに見た目だけではわかりません。

袋入りのかやくとは別にかまぼことたまごはカップの中に入っています。
ここに粉末スープと袋入りのかやくを入れてお湯を注ぎ5分で出来上がります。
液体スープはふたの上で温めておくとよいでしょう。



出来上がりはこのような感じになりました。
液体スープを投入し、具があまり沈まないように麺を軽くほぐしてスープをなじませた状態で撮影しました。
実際食べる前にはさらにしっかり麺をほぐしています。

具はねぎ、刻み揚げ、たまご、かまぼこ、鶏肉です。
具はほど良く入っているような感じです。

麺は5分仕上げでしっかりほぐしても少しかためな感じに仕上がりました。
実際の味噌煮込みうどんでも麺がかためなのですが、このカップうどんでも同じようにかために仕上がるので他のカップうどんと比べると作るのを失敗したのかなと思うかもしれません。
その割に食べると粉っぽい感じがするわけでもなく、かための麺をおいしく味わう事ができます。
これがつよゴシ麺の特徴なのだと実感しました。(ここまで)

スープはかなり濃厚で、魚介だしに甘辛い(甘みが強いです)みその風味を合わせて仕上げられています。
実際のお店で食べるみそ煮込みうどんはみその配合や、だしなどの使い方がお店によって違ったりするのですが、これを食べたらみそ煮込みうどんがどんなものなのかはイメージできると思います。
もう一方の地場大手メーカーの商品とも少し味付が違うように感じるのはメーカーのこだわり方の違いと言えそうです。

おなじみの方も初めての方も手軽にみそ煮込みうどんを味わう事ができる便利な一杯です。
ライバル社の商品に比べると少し見つけにくいかもしれませんが東海地方なら容易に入手できると思います。
これとライバル社の商品と両方買って食べ比べするのも楽しいかもしれません。
ごちそうさまでした。




スポンサーサイト

日清 デカうま きつねうどん

日清 デカうま きつねうどん



推奨調理時間 熱湯5分 内容量 106g(めん90g) 467kcal 食塩相当量 6.8g

日清大盛タイプのカップ麺シリーズ「デカうま」のきつねうどんです。
大盛サイズでありながらお手頃価格が嬉しい一杯で、あと引く七味がうまさの決め手と七味の風味がセールスポイントです。



カップの中には粉末スープの袋が入っています。
七味はこの粉末スープに含まれているようです。



カップの中身はこのような感じです。
具材はカップの中にあらかじめセットされています。
麺は大盛サイズでストレートタイプが採用されています。
きつねうどんの最大のポイントの油揚げはちょっとコンパクトな感じです。
ここに粉末スープを入れてお湯を注ぎ5分で出来上がります。



出来上がりはこのような感じになりました。
具座沈まないように麺をほぐしてスープをなじませた状態で撮影しました。

麺はストレートタイプの油揚げ麺で、麺量は90gと大盛サイズで食べ応えは満点です。
5分仕上げで歯ごたえのよい麺に仕上がり、おいしく味わう事ができます。

具は油揚げ、たまご、わかめです。
どん兵衛とは違って油揚げは結構コンパクトなサイズです。
しかし味付はしっかりしておりおいしく楽しむ事ができます。
たまごとわかめは彩りを添えていると共に油揚げの大きさをカバーして出来上がり時の見た目のよさを演出するのにも貢献しています。

スープは糖類、かつお節粉末、昆布粉末、たん白加水分解物、植物油脂、七味唐辛子などを合わせた醤油味仕立てです。
醤油の味よりはだしの風味がよく出た感じに仕上がっています。
七味の風味が少し強く出ていますが、私にはあと引く感じまではいきませんでした。

お手頃価格でたっぷり楽しめるきつねうどんとしてはよくできた一杯だと思います。
見た目も美しくまとめられており安っぽさを感じさせないのはさすが日清といったところでしょうか。
大盛サイズながら販売価格は100円前後なのでたくさん食べたい時に重宝すると思います。
ごちそうさまでした。


Vselect カレーうどん

「Vselect カレーうどん




推奨調理時間 熱湯3分 内容量 65g(めん55g) 280kcal 食塩相当量 4.2g

Vselectは岐阜県に本拠を置くスーパーマーケットチェーンバローグループのPB商品ブランドです。
このシリーズの縦型カップ麺カレーうどんを紹介します。
以前はこの縦型カップ麺シリーズの和風麺はきつねうどんと小海老天そばだけだったのですが、久しぶりにバローのお店に行ってみるとカレーうどんが仲間入りしていたので早速買い求め記事で紹介することにしました。
和風だしの旨みがセールスポイントの一杯で、製造はエースコックです。




カップの中はこのような感じです。
お湯を注ぐだけで作る事ができるシンプルなスタイルです。
麺はうどんとしては結構細めな感じです。
スープは粉末タイプになっています。
ここにお湯を注ぎ3分で出来上がります。



出来上がりはこのような感じになりました。
ふたを開けて、軽く麺をほぐした状態で撮影しました。
撮影後実際食べる際にはよく混ぜてスープと麺をよくなじませています。

麺は油揚げタイプの縮れつき麺でカップうどんによくあるスタイルのものですが、縦型カップ麺で3分仕上げのためか丼型カップのよくあるタイプのカップうどんに比べると麺はかなり細い感じがします。
とは言っても歯応えはよく、おいしく味わえる麺に仕上がっています。
麺量は55gと少し控えめな感じがしますがスープも全部飲み干す場合は十分お腹は満たせると思います。

具は鶏・豚味付肉そぼろ、ねぎ、かまぼこ、人参、唐辛子です。
正直具にボリューム感はあまり期待しないほうがいい感じですが、肉そぼろやかまぼこはしっかり存在感を出しています。
どちらかというと価格指向のPB商品なので、価格相応といった感じです。
細かくカットされていますが唐辛子は結構辛味を出していて印象的でした。

スープは魚介エキスや鶏・豚エキス、オニオンパウダー、ソースなどがブレンドされたカレー味仕立てです。
パッケージに和風だしの旨みと書かれているようにだしの味が結構出ています。
カレーの風味もよく出ていますが辛さを前面に出した感じの味付ではないので辛すぎるのは苦手な方でもおいしく楽しめると思います。

カレーうどんカップ麺は種類がそれほど多くなく、縦型カップ麺だとさらに選択肢が狭いのでここにPBを持ってくるのは目の付けどころがいいと思います。
量は少し控えめながらカレー味にしてはカロリーも控えめに作られているので手軽にカレーうどんを楽しみたい時にはおすすめの一杯だと思います。
バローのチェーン店は東海、北陸エリアを中心に店舗展開していますが、PB商品を他社にも卸売りしているようなので他の地方でも思わぬところでこれにお目にかかるチャンスがあるかもしれません。
お店で見かけた際には一度お試しになってはいかがでしょうか?
ごちそうさまでした。





セブンプレミアムソース 大盛ソース焼そば

セブンプレミアム 大盛ソース焼そば」



推奨調理時間 熱湯3分 内容量 157g(めん130g) 776kcal 食塩相当量 4.8g
セブンプレミアムカップ焼そばが久々にセブンイレブンに登場しました。
マルちゃん焼そば3人前のソースの味わいを参考にした大盛タイプのカップ焼そばで、粉末ソースと特製油がセールスポイントの一杯です。
なおセブンイレブンのサイトによると北海道、中国、四国、九州は販売地域から除外されているようです。



カップの中にはかやく、ふりかけのついた粉末ソースと特製油の計3袋が入っています。



麺は細めの縮れ付き油揚げタイプです。
大盛タイプなので作る前からボリューム感が高く感じられます。
ここにかやくを入れてお湯を注ぎ3分で出来上がります。



出来上がりはこのような感じになりました。
写真は3分経過後しっかり湯切りをして粉末ソースと特製油を加えてよくなじませふりかけをかけた状態で撮影しました。

麺はカップ焼そばではよくあるスタイルですが麺は少し細めな感じがします。
醤油や粉末野菜も練り込まれた味付麺です。
大盛タイプのボリュームも手伝って食べ応えは良い感じに仕上がっています。

かやくはキャベツ、味付チキンダイスでふりかけにアオサが使用されています。
PB商品は価格が命のような風潮も感じられますが、これももちろん価格訴求力のある商品でありながらかやくに肉も入っているのはうれしいところです。
キャベツの量もまずまずです。

ソースは粉末タイプで、麺へのなじみにくさを緩和させるためか特製油が添付されています。
ソースの風味は少しスパイシーな感じでおいしさと食欲を引き立ててくれます。
やはり少し麺にしっかり絡めようと思うと液体ソースになれた者にとってはうまくいかないところが出てしまいました。

セブンプレミアムカップ焼そばとしては久々のコンビニへの展開ですが、価格的な魅力だけでなくおいしさや量感も満足のいく一杯に仕上がっていると思います。
NB商品に比べると地味な感じは否めないところですが必ずしも十分なスペースがあるとは言えないコンビニのカップ麺コーナーでも存在感のある商品だと思います。
ごちそうさまでした。


エースコック リンガーハットの長崎ちゃんぽん

エースコック リンガーハット長崎ちゃんぽん




推奨調理時間 熱湯5分 内容量 95g(めん70g) 390kcal 食塩相当量 6.1g

エースコック長崎ちゃんぽんのチェーン店リンガーハットのコラボ商品です。
時々リニューアルを重ねながら販売されていましたが、今年3月にリニューアル版が出ていました。
久しぶりにコンビニではなくスーパーで販売されているのを見かけたので買ってみました。
具材の野菜には今までのバージョンと同じく国産野菜を使用しています。
太麺の食べ応えとまろやかなスープがセールスポイントの一杯です。



調味油の袋はカップの中に入っています。
取り出す時にパッケージの周りについた粉末スープの粉が手につかないか心配です。
しかしこれがエースコックのスタイルなんでしょう、このメーカーの縦型カップ麺で小袋入りはほとんどこのスタイルです。



調味油を取り出したあとのカップの中はこんな感じです。
麺、具材、スープの素がセットされた縦型カップ麺によくあるスタイルです。
麺は少し太めなのがよくわかります。
ここにお湯を注ぎ5分で出来上がりです。
最初に取り出しておいた調味油はふたの上であたためておくとよいでしょう。



出来上がりはこのような感じになりました。
表面部分を軽く整理して調味油を入れたところで撮影しました。
写真を撮影した時点ではほとんど麺をほぐしていないので、食べる前にしっかり麺をほぐしています。

麺は少し太めで軽く縮れの付いた油揚げタイプです。
なめらかで適度な弾力のある麺は、もっちり感良い感じです。
ちゃんぽんのイメージもうまく伝わってくる感じに仕上がっています。
量も70gあり、ボリューム感もよいと思います。

具材はキャベツ、えび、かまぼこ、もやし、人参です。
具材の野菜は国産のものを使用していることをセールスポイントにしています。
これはリンガーハットの実際の店舗でも国産野菜を使用しているのをアピールしているのと同じです。
具の量感はよく、キャベツの食感もよくおいしく楽しめます。
えびは少し小ぶりですが、海鮮系の具材も入っているのはポイントアップだと思います。。

スープは鶏豚エキス、塩、糖類、植物油脂、動物油脂、しょうゆ、香味油、香辛料、野菜エキス、酵母エキス、クリーミングパウダー等がブレンドされた白湯スープです。
さらっとしている中でコクとまろやかさの感じられるスープに仕上がっています。
いわゆる豚骨スープとは少し違った感じの仕上がりで、最後までおいしく楽しめます。

リニューアルのたびにおいしく楽しめる一杯に仕上がっており、満足度は高いです。
リンガーハットは全国チェーンではあるものの未出店の地域も多く実際のお店に行った事がない方も多いと思います。
私も地元周辺にはお店がほとんどないので残念ながら実際のお店に行く機会はあまりないのですが、これを食べるとお店に行ってみたくなります。
ちゃんぽんのイメージをうまくカップ麺に再現しており、ちゃんぽんファンの方にはおすすめの一杯です。
今回のリニューアル品はあまりコンビニで見かけた記憶がないのですが、スーパーなどでも販売されているので興味のある方は売場を覗いてみてはいかがでしょうか?
ごちそうさまでした。


 | ホーム |  »

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

オケラ

オケラ

カップ麺を中心に麺類を紹介するブログを書いています。
コメントも随時募集中です。
みなさんどうぞよろしくお願いします。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。