オケララーメン

カップラーメンを中心に、私の独断と偏見で記事を書いてゆきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セイコーマート ゆず風味鶏白湯うどん

セイコーマート ゆず風味鶏白湯うどん




推奨調理時間 熱湯3分 内容量 63g(めん55g) 267kcal 食塩相当量 4.1g

北海道を代表するコンビニチェーンセコマ(店名はセイコーマート)のPBカップ麺です。
このチェーンは全国展開していませんが、オリジナル商品の多さには目を見張るものがあります。
カップ麺においてもオリジナル商品の展開が多く見られ今回紹介するものもそのひとつです。



カップの中には麺、スープの素、具材がセットされている縦型カップ麺によくあるシンプルなスタイルです。
お湯を注ぐだけで作る事ができるので手軽に楽しむ事ができます。
ここにお湯を注ぎ3分で出来上がります。



出来上がりはこのような感じになりました。
表面を軽く整理して撮影しました。
実際食べる前にはしっかり麺をほぐしています。

麺は鶏・豚エキス、野菜エキスを配合した油揚げタイプで、カップ麺のうどんによくある平打ち風の縮れつき麺です。
丼型カップのうどん麺に比べると細く、厚みに欠けるような感じですが3分でほど良い感じのかたさに仕上がります。
コシはちょっと弱い感じもしますが、麺を食べるたびにほんのり香るゆずの風味がおいしさを引き立てています。
麺量は55gと丼型カップのうどんと比べると少し控えめではありますが、それほど物足りない感じはなくまずまず満足できる量感だと思います。

スープは鶏・豚エキス、塩、植物油脂、砂糖、香辛料、野菜エキス、ゆずパウダー、コンブエキス、ポークコラーゲン、魚介エキス、全卵粉などをブレンドした白湯スープです。
さらっとした感じの鶏白湯スープですがしっかりしたコクがあり、ゆずの香りがほんのり香るおいしいスープに仕上がっています。

具は味付鶏肉そぼろ、たまご、ねぎ、唐辛子です。
量は彩りを添える程度といった感じでしょうか。
お手頃価格ということも考えると価格相応とも考えられますが・・・
そぼろは少し大きめな感じです。

PBの展開が多いこのチェーンのことなので、現状これが販売されているかどうかは不明です。
私の生活エリアはセイコーマートの出店エリアとは大きく離れているので、この商品を入手したのは昨年のことで我が家の在庫になっていたのを紹介したためです。
このうどんの感想としてはお手頃価格でありながらおいしく味わえる一杯だと思います。
また夏ごろに北の方に出かける機会ができそうなのでその際にはいろんな商品を買い込んでこようと画策しています。
ごちそうさまでした。


スポンサーサイト

A・COOP 醤油ラーメン

「A・COOP 醤油ラーメン」



推奨調理時間 熱湯4分 内容量 100g(めん65g) 285kcal 食塩相当量 7.1g ノンフライ麺

JAグループのスーパーマーケットチェーン「Aコープ」のPBカップ麺を紹介します。
油で揚げていないノンフライ麺液体スープを使用した丼型カップの醤油ラーメンです。



カップの中には先入れ式かやくと後入れ式液体スープの2袋が入っています。



麺は縮れつきのノンフライタイプです。
ここにかやくを入れてお湯を注ぎ4分で出来上がります。
液体スープはふたの上であたためておく事をおすすめします。



出来上がりはこのような感じになりました。
具が沈まないように麺をよくほぐして液体スープを入れてなじませた状態で撮影しました。
これで食べ始める事ができる状態です。

麺はノンフライタイプの中細縮れ麺です。
4分でほど良いかたさの歯ごたえとつるみのある麺に仕上がりました。
麺量は65gとこのサイズの丼型カップ麺としては標準的なレベルです。

スープは塩、たん白加水分解物、動物油脂、糖類、ポークエキス、チキンエキス、でん粉、粉末しょうが、加工デンプン、調味料などを合わせた醤油味仕立てです。
あっさり系で醤油の味とスープのコクがおいしく味わえるスープに仕上がっています。
多くの人がイメージする醤油ラーメンの味と言えば大体想像がつきそうな味です。

具はキャベツ、とうもろこし、なると、メンマ、ねぎ、わかめです。
種類は豊富なほうだと思います。
わかめが上手く量感の演出に役立っていますが他の具材のボリュームは正直いまひとつです。
ここに薄っぺらなのでもいいからチャーシューが一枚でもあればもう少しイメージが変わるのでしょうが・・・

お手ごろ価格で気軽に楽しめる一杯です。
スープの味も一般的な醤油ラーメンをイメージしたものなので安心して味わえる一杯です。
量感には注文もつけたくなりますが、具の種類も豊富です。
ノンフライ麺独特の食感もよく、おおむね満足できるものに仕上がっていると思います。
AコープのPBということもあり都会の人には入手困難(都市部にはお店があまりない)かもしれませんが、機会があれば味わってみてはいかがでしょうか?
ごちそうさまでした。



セコマ カレーうどん 11種のスパイス

セコマ カレーうどん 11種のスパイス」



推奨調理時間 熱湯5分 内容量 85g(めん65g) 368kcal 食塩相当量 5.8g

北海道を中心に展開するコンビニチェーンセイコーマートPB商品です。
セイコーマートを運営する会社がセコマと社名を変更しPB商品のロゴも順次セコマ表記に変更されています。
セコマは積極的なPB商品の開発を行っており、オリジナル商品がお店の中にあふれています。
このカレーうどんも何度もリニューアルを重ねて販売が続けられています。
商品名にもあるように11種類のスパイスを使用したカレーがセールスポイントの一杯です。



カップの中には後入れ式粉末スープと先入れかやくの2袋が入っています。



麺は平打ち風縮れつきのカップうどんによくあるスタイルです。
ここにかやくを入れお湯を注ぎ、5分で出来上がります。



出来上がりはこのような感じになりました。
ふたを開け後入れ式粉末スープを入れ、具を沈めないように軽く混ぜてなじませた状態で撮影しました。
実際食べる前にしっかり麺をほぐしています。

麺は醤油を配合した縮れつきの平打ち風の油揚げ麺です。
5分でほどよい感じのかたさに仕上がりました。
麺の縮れがあることでスープとの絡みがよくなっているように感じます。
麺に醤油が配合されていますが、あくまで隠し味といった感じです。
量は65gとメーカー品の第一ブランドの商品に比べると少し控えめです。
しかし価格志向商品の中にはこれと同レベルの量のものも多く、物足りなさは感じられないレベルです。

具はコーン、味付肉そぼろ、人参、ねぎなどです。
コーンが大きく目立っており、肉そぼろもそれなりの存在感はありますが細かい具が多いので少しチープな感じがします。
お手頃価格とクオリティを高くすることの両立は簡単ではないですが、もう少し具の質感や量感がよくなると満足度が上がりそうです。

スープは糖類、塩、デキストリン、野菜粉末、カレー粉、植物油脂、ポークエキス、醤油などをブレンドしたカレー味仕立てです。
とろみがついていると割にはさらっとした感じで、少し辛味がある濃い目のカレースープです。
11種のスパイスとパッケージにあるのですが、成分表示にはカレー粉としか書かれていないのでどんなスパイスかはっきりしないのは少し残念です。

スープにこだわりを感じるの一杯です。
お手頃価格を実現するためか、少しチープな感じがするところもありますがそこをうまくカバーできれば満足度が上がりそうです。
ローカルチェーンながらオリジナル商品を積極的に送り出しているので今後も注目していきたいと思います。
11種のスパイスは気になりますが、価格を考えると十分満足できる一杯です。
ごちそうさまでした。

ON365 野菜ちゃんぽん

ON365 野菜ちゃんぽん




推奨調理時間 熱湯3分 内容量 60g(めん50g) 252kcal 食塩相当量 4.1g

ドラッグストアコスモスのPBカップ麺シリーズの野菜ちゃんぽんを紹介します。
豚骨や鶏ガラをベースにキャベツの甘み、魚介の旨みをきかせているのがセールスポイントの一杯です。
製造はエースコックです。



カップ麺の中には麺、具材、スープの素がセットされている縦型カップ麺ならではのシンプルなスタイルです。
ここにお湯を注ぎ、3分で出来上がります。



出来上がりはこのような感じになりました。
この写真はふたを開けて軽く表面を整理しながら麺を少しほぐしてスープをなじませた状態で撮影しました。
まだしっかりと麺をほぐしきっていないので食べる前にはよく麺をほぐしています。

麺は鶏、豚エキス、醤油、野菜エキスを配合した油揚げタイプの細めのもので、軽くウエーブがかかっています。
3分でそこそこコシのある感じに仕上がりました。
麺の量は50gと少し控えめなので物足りなさを感じるかと思いましたが、目立って物足りなくは感じませんでした。
このあたりは食欲の度合いとか、お腹の減り具合などで印象も変わると思われます。

スープは塩、植物油脂、鶏、豚エキス、大豆タンパク、香辛料、酵母エキス、醤油、クリーミングパウダー、魚介エキス、オニオンパウダー、発酵調味料、コンブエキス、全卵粉などをブレンドした白湯スープです。
ちゃんぽんのイメージを感じさせるスープに仕上がっています。
さらっとしていてまろやかな感じはよく出ていておいしいのですが少しあっさりした感じなので濃い味派の方は物足りないかもしれません。

具は野菜ちゃんぽんを名乗っているので肉気はなく、キャベツ、かまぼこ、もやし、カニ風かまぼこです。
内容は価格相応な感じですがキャベツはしゃっきりした感じがよく出ており量感も思ったより良い感じでした。

お手頃価格で味わえるちゃんぽんとしてはまずまずの一杯です。
PBカップ麺のラインナップにちゃんぽんを加えているのは九州を発祥とする会社らしさを感じます。
最近ホームセンターやドラッグストアなど非食品系の小売企業もカップ麺などを販売しPB商品まで揃えるケースが増えてきているようです。
まだまだ知らないPB商品がたくさんありそうなので今後もチェックしていきたいと思います。
ごちそうさまでした。

みなさまのお墨付き カレーうどん

みなさまのお墨付き カレーうどん




推奨調理時間 熱湯3分 内容量 75g(めん60g) 349kcal 食塩相当量 4.3g

西友グループのPBみなさまのお墨付き」シリーズの縦型カップ麺です。
今回紹介するカレーうどんは鰹だしがきいた和風カレースープによく絡む麺ときざみ揚げがセールスポイントの一杯です。
製造メーカーは明記されていません。



カップの中はこのような感じです。
麺と具材、スープの粉末があらかじめセットされており、お湯を注ぐだけで作る事ができます。
ここにお湯を注ぎ3分で出来上がります。



出来上がりはこのような感じになりました。
ふたを開けて表面を軽く整理した状態で撮影しました。
実際食べるにはしっかり麺をほぐす必要があり、よく混ぜてから食べ始めています。

麺は平打ち風の縮れつき油揚げ麺です。
見た目はいわゆるカップ麺のうどんをイメージできるものになっていますが、縦型カップの3分仕上げなので戻りやすい麺にするためか少し厚みを控えめにした感じです。
口当たりはなめらかで、結構しっかりした歯応えを感じるものに仕上がっています。
麺量は60gあるのでまずまずの満足感はえられると思いますが、丼型カップ麺に比べると少し量は控えめです。

スープはカレー粉、豚脂、醤油、小麦粉、でん粉、糖類、塩、魚介エキス、酵母エキス、かつおパウダー、野菜エキス、玉ねぎ、香辛料、チキン調味油などをブレンドしたカレー味スープです。
かつおや魚介のだしがきいた濃いめのカレー味スープで、さらっとしていながらコクがあり、気持ちのよい辛さを感じるスープに仕上がっています。

具は味付油揚げ、人参、ねぎとシンプルで肉気がありません。
見た目にも量感はまずまずな感じで、実際にもそんなに貧弱な感じはしませんでした。

お手頃価格とおいしさをあわせ持った一杯です。
丼型カップで販売してもよさそうに思うのですが、他の縦型カップ麺とカップを共用するなどコストダウンの仕掛けがあるのかもしれません。
結構カレーの味も濃く、辛味も楽しめるのでカレーうどんファンの方は要チェックな一杯だと思います。
ただしお近くに西友グループのお店がない方はちょっと入手困難なのが難点です。
この記事を書いている私も近くに西友がないのでちょっと遠出をして買ってきています。
ごちそうさまでした。

 | ホーム |  »

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

オケラ

オケラ

カップ麺を中心に麺類を紹介するブログを書いています。
コメントも随時募集中です。
みなさんどうぞよろしくお願いします。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。