FC2ブログ

オケララーメン

カップラーメンを中心に、私の独断と偏見で記事を書いてゆきます。

ベイシア 旨っ!カレーうどん

「beisia 旨っ!カレーうどん



推奨調理時間 熱湯5分 内容量 86g(めん65g) 371Kcal 食塩相当量 4.6g

群馬県をホームグラウンドに幅広くチェーン展開をしているベイシアグループのPBカップ麺です。
カップ麺だけでもさまざまな商品をPB展開しており、PB商品の改廃も頻繁に行われています。
今回は丼型のカップうどんのカレーうどんを紹介します。
もっちり太麺!、コクとろっカレーつゆがセールスポイントの一杯です。
製造は大黒食品工業です。



カップの中にはかやくと粉末スープの2袋が入っています。



麺は油揚げタイプで縮れのついたうどん麺です。
もっちり太麺をセールスポイントにしているだけあって、麺はお湯を入れる前の段階でも少し太めに感じられます。
ここに粉末スープとかやくを入れてお湯を注ぎ5分で出来上がります。



出来上がりはこのような感じになりました。
軽めに麺をほぐしながらスープを全体になじませて撮影しました。
実際食べる前にはもっとしっかり麺をほぐしています。

麺は縮れのついた油揚げタイプの麺うどんで、もっちり太麺と謳っているだけあり他のカップうどんに比べると少し麺は太めに感じられます。
やまいも粉を配合しておりもっちり感もよいものに仕上がっています。
麺量は65gでこのサイズの丼型カップとしては標準的な感じで、もっちり感のある麺なので量以上に食べ応えのあるように感じました。
スープとの絡みもよくおいしく味わえます。

スープは砂糖、粉末じゃがいも、塩、醤油、香辛料、カレー粉、ポークエキス、魚醤、かつおエキス、酵母エキス等をあわせたカレー味仕立てです。
コクとろっカレーつゆを謳っているだけあって、とろみ強めかなと想像していましたがそこまでとろみが強いわけでなくだしのよく効いた和風カレーつゆに少しとろみがあるという感じでしょうか。
だしのうまみとカレーのコク、辛味がおいしく味わえるものに仕上がっています。

具は味付け豚肉、ねぎ、にんじん、たまねぎです。
写真では少し寂しげに感じましたが、実際にも具のカットはコンパクトな感じなのでどうしても寂しげに見えてしまいます。
メーカーブランドのカレーうどんと比べると価格面でも差があるので同じだけのボリューム感を求めるのには無理もあるのでしょうが、もう少し演出の努力があれば寂しげにならないのかもしれません。

お手頃価格でおいしく味わえるカレーうどんに仕上がっています。
食べ応えのあるもっちり麺が印象的です。
だしとカレーの風味のバランスもよくほどよい辛さが嬉しい一杯です。
ベイシアのお店が近くにある方はチェックしてみてはいかがでしょうか?
ごちそうさまでした。

スポンサーサイト

Vselect カレーうどん

「Vselect カレーうどん




推奨調理時間 熱湯3分 内容量 65g(めん55g) 280kcal 食塩相当量 4.2g

Vselectは岐阜県に本拠を置くスーパーマーケットチェーンバローグループのPB商品ブランドです。
このシリーズの縦型カップ麺カレーうどんを紹介します。
以前はこの縦型カップ麺シリーズの和風麺はきつねうどんと小海老天そばだけだったのですが、久しぶりにバローのお店に行ってみるとカレーうどんが仲間入りしていたので早速買い求め記事で紹介することにしました。
和風だしの旨みがセールスポイントの一杯で、製造はエースコックです。




カップの中はこのような感じです。
お湯を注ぐだけで作る事ができるシンプルなスタイルです。
麺はうどんとしては結構細めな感じです。
スープは粉末タイプになっています。
ここにお湯を注ぎ3分で出来上がります。



出来上がりはこのような感じになりました。
ふたを開けて、軽く麺をほぐした状態で撮影しました。
撮影後実際食べる際にはよく混ぜてスープと麺をよくなじませています。

麺は油揚げタイプの縮れつき麺でカップうどんによくあるスタイルのものですが、縦型カップ麺で3分仕上げのためか丼型カップのよくあるタイプのカップうどんに比べると麺はかなり細い感じがします。
とは言っても歯応えはよく、おいしく味わえる麺に仕上がっています。
麺量は55gと少し控えめな感じがしますがスープも全部飲み干す場合は十分お腹は満たせると思います。

具は鶏・豚味付肉そぼろ、ねぎ、かまぼこ、人参、唐辛子です。
正直具にボリューム感はあまり期待しないほうがいい感じですが、肉そぼろやかまぼこはしっかり存在感を出しています。
どちらかというと価格指向のPB商品なので、価格相応といった感じです。
細かくカットされていますが唐辛子は結構辛味を出していて印象的でした。

スープは魚介エキスや鶏・豚エキス、オニオンパウダー、ソースなどがブレンドされたカレー味仕立てです。
パッケージに和風だしの旨みと書かれているようにだしの味が結構出ています。
カレーの風味もよく出ていますが辛さを前面に出した感じの味付ではないので辛すぎるのは苦手な方でもおいしく楽しめると思います。

カレーうどんカップ麺は種類がそれほど多くなく、縦型カップ麺だとさらに選択肢が狭いのでここにPBを持ってくるのは目の付けどころがいいと思います。
量は少し控えめながらカレー味にしてはカロリーも控えめに作られているので手軽にカレーうどんを楽しみたい時にはおすすめの一杯だと思います。
バローのチェーン店は東海、北陸エリアを中心に店舗展開していますが、PB商品を他社にも卸売りしているようなので他の地方でも思わぬところでこれにお目にかかるチャンスがあるかもしれません。
お店で見かけた際には一度お試しになってはいかがでしょうか?
ごちそうさまでした。





セブンプレミアムソース 大盛ソース焼そば

セブンプレミアム 大盛ソース焼そば」



推奨調理時間 熱湯3分 内容量 157g(めん130g) 776kcal 食塩相当量 4.8g
セブンプレミアムカップ焼そばが久々にセブンイレブンに登場しました。
マルちゃん焼そば3人前のソースの味わいを参考にした大盛タイプのカップ焼そばで、粉末ソースと特製油がセールスポイントの一杯です。
なおセブンイレブンのサイトによると北海道、中国、四国、九州は販売地域から除外されているようです。



カップの中にはかやく、ふりかけのついた粉末ソースと特製油の計3袋が入っています。



麺は細めの縮れ付き油揚げタイプです。
大盛タイプなので作る前からボリューム感が高く感じられます。
ここにかやくを入れてお湯を注ぎ3分で出来上がります。



出来上がりはこのような感じになりました。
写真は3分経過後しっかり湯切りをして粉末ソースと特製油を加えてよくなじませふりかけをかけた状態で撮影しました。

麺はカップ焼そばではよくあるスタイルですが麺は少し細めな感じがします。
醤油や粉末野菜も練り込まれた味付麺です。
大盛タイプのボリュームも手伝って食べ応えは良い感じに仕上がっています。

かやくはキャベツ、味付チキンダイスでふりかけにアオサが使用されています。
PB商品は価格が命のような風潮も感じられますが、これももちろん価格訴求力のある商品でありながらかやくに肉も入っているのはうれしいところです。
キャベツの量もまずまずです。

ソースは粉末タイプで、麺へのなじみにくさを緩和させるためか特製油が添付されています。
ソースの風味は少しスパイシーな感じでおいしさと食欲を引き立ててくれます。
やはり少し麺にしっかり絡めようと思うと液体ソースになれた者にとってはうまくいかないところが出てしまいました。

セブンプレミアムカップ焼そばとしては久々のコンビニへの展開ですが、価格的な魅力だけでなくおいしさや量感も満足のいく一杯に仕上がっていると思います。
NB商品に比べると地味な感じは否めないところですが必ずしも十分なスペースがあるとは言えないコンビニのカップ麺コーナーでも存在感のある商品だと思います。
ごちそうさまでした。


ローソンセレクト しおラーメン

ローソンセレクト しおラーメン」





推奨調理時間 熱湯3分 内容量 68g(めん60g) 300kcal 食塩相当量 4.1g

コンビニエンスストアチェーンローソンPB(プライベートブランド)のローソンセレクトシリーズの縦型カップ麺です。
このしおラーメンは鶏だしのすっきり塩スープがセールスポイントの一杯です。
製造は日清食品です。



縦型カップ麺ではおなじみの麺、具材、スープの素があらかじめセットされているシンプルなスタイルです。
ここにお湯を注ぎ3分で出来上がります。



出来上がりはこのような感じになりました。
写真は出来上がりほぼそのままで手をほとんど加えていない状態です。
食べる前にはしっかり麺をほぐしよく混ぜてから食べ始めました。

麺は細麺の油揚げ麺で少し縮れがついた感じのものです。
いわゆるヌードル麺とは違ったタイプの麺です。
醤油やポークエキスが配合されている麺で、つるりとしていて適度なコシが感じられおいしく楽しめます。
麺の量は60gとレギュラーサイズの縦型カップ麺ではおおむね標準的なレベルで、ボリューム感もまずまずだと思います。

具はキャベツ、味付鶏肉、味付卵、ねぎ、レッドベルペパーです。
ふたを開けた時から具派多めに見えましたが、実際仕上がった状態でもキャベツがうまく量感を演出し、鶏肉のカットも大きめなので具材のボリューム感はなかなかのものです。
食べ進んでいく時にキャベツのシャッキリ感が印象的でした

スープは糖類、香味調味料、ごま、チキン調味油、香辛料、豚脂、ポークエキス、オニオンパウダー、香味油、酵母パウダー、野菜エキス、オニオンパウダー、香味油などをブレンドした塩味仕立てです。
すっきり系で味わいのあるスープに仕上がっていて、スープだけでもおいしく味わえそうな感じです。

以前に比べローソンオリジナルのカップ麺の店での取り扱いも力が入っているような感じがします。
いわゆるメーカーブランドの商品と違って、そこだけでしか買えないという強みを生かした特徴ある一杯に仕上がっています。
私はたまに食べたくなる味だと思えるのでこれが欲しくなったらローソンに行くというのもありかと思います。
コンビニのオリジナルブランド品も各チェーンのを食べ比べてみるのも楽しいと思います。
皆さんも一度お試しになってはいかがでしょうか?
ごちそうさまでした。

セイコーマート ゆず風味鶏白湯うどん

セイコーマート ゆず風味鶏白湯うどん




推奨調理時間 熱湯3分 内容量 63g(めん55g) 267kcal 食塩相当量 4.1g

北海道を代表するコンビニチェーンセコマ(店名はセイコーマート)のPBカップ麺です。
このチェーンは全国展開していませんが、オリジナル商品の多さには目を見張るものがあります。
カップ麺においてもオリジナル商品の展開が多く見られ今回紹介するものもそのひとつです。



カップの中には麺、スープの素、具材がセットされている縦型カップ麺によくあるシンプルなスタイルです。
お湯を注ぐだけで作る事ができるので手軽に楽しむ事ができます。
ここにお湯を注ぎ3分で出来上がります。



出来上がりはこのような感じになりました。
表面を軽く整理して撮影しました。
実際食べる前にはしっかり麺をほぐしています。

麺は鶏・豚エキス、野菜エキスを配合した油揚げタイプで、カップ麺のうどんによくある平打ち風の縮れつき麺です。
丼型カップのうどん麺に比べると細く、厚みに欠けるような感じですが3分でほど良い感じのかたさに仕上がります。
コシはちょっと弱い感じもしますが、麺を食べるたびにほんのり香るゆずの風味がおいしさを引き立てています。
麺量は55gと丼型カップのうどんと比べると少し控えめではありますが、それほど物足りない感じはなくまずまず満足できる量感だと思います。

スープは鶏・豚エキス、塩、植物油脂、砂糖、香辛料、野菜エキス、ゆずパウダー、コンブエキス、ポークコラーゲン、魚介エキス、全卵粉などをブレンドした白湯スープです。
さらっとした感じの鶏白湯スープですがしっかりしたコクがあり、ゆずの香りがほんのり香るおいしいスープに仕上がっています。

具は味付鶏肉そぼろ、たまご、ねぎ、唐辛子です。
量は彩りを添える程度といった感じでしょうか。
お手頃価格ということも考えると価格相応とも考えられますが・・・
そぼろは少し大きめな感じです。

PBの展開が多いこのチェーンのことなので、現状これが販売されているかどうかは不明です。
私の生活エリアはセイコーマートの出店エリアとは大きく離れているので、この商品を入手したのは昨年のことで我が家の在庫になっていたのを紹介したためです。
このうどんの感想としてはお手頃価格でありながらおいしく味わえる一杯だと思います。
また夏ごろに北の方に出かける機会ができそうなのでその際にはいろんな商品を買い込んでこようと画策しています。
ごちそうさまでした。


 | ホーム |  »

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

オケラ

オケラ

カップ麺を中心に麺類を紹介するブログを書いています。
コメントも随時募集中です。
みなさんどうぞよろしくお願いします。

FC2Ad