オケララーメン

カップラーメンを中心に、私の独断と偏見で記事を書いてゆきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金ちゃん トクフン食堂 きつねうどん

金ちゃん トクフン食堂 きつねうどん



推奨調理時間 熱湯4分 内容量 64g(めん50g) 274kcal 食塩相当量 4.4g

徳島製粉のブランド「金ちゃん」のトクフン食堂シリーズのきつねうどんを紹介します。
このトクフン食堂シリーズは縦型カップでお手頃価格の商品で、三角きつねとかまぼこ入りの濃厚こんぶと醤油だしがセールスポイントの一杯です。



カップの中には粉末スープ(先入れ)、かやく(先入れ)、あげの3袋が入っています。
金ちゃん縦型カップ麺は他のメーカーの商品と違ってスープや具材が袋入りになっているのが特徴です。



麺は平打ち風の縮れつき麺でいわゆるカップ麺のうどんスタイルのものです。
ここに粉末スープ、かやく、あげを入れてお湯を注ぎ4分で出来上がります。



出来上がりはこのような感じになりました。
ふたを開けてすぐに撮影しました。
まだ麺をしっかりほぐしていないので食べる前にしっかり麺をほぐしています。

麺は平打ち風の縮れつき油揚げ麺でいわゆるカップ麺のうどんによくあるスタイルです。
4分経過後ふたを開けたときには結構かたい感じに仕上がっていたのですが、よくほぐしていくともっちり感がありながらコシのあるうどんになりました。
量は50gと少し控えめながら、おいしさは予想以上のものでした。
やはりちょっと麺の量が控えめな感は否めませんが・・・

具は味付油揚げ、かまぼこ、ねぎです。
油揚げは三角スタイルの一枚もので、カップの径の小さい縦型カップにしてはボリューム感があるものに感じられます。
厚みはあまりないのですが、つゆがよく染みていておいしく味わえます。
かまぼこやねぎも彩りをよくしており、具のボリューム感はなかなかのものです。



スープは塩、魚介エキス、コンブエキス、糖類、昆布粉末、魚介粉末、酵母エキス、植物油脂などを合わせた醤油味仕立てです。
パッケージには濃厚昆布と醤油だしと書かれていましたが、あっさり系のやさしい感じのスープがおいしく味わえました。
醤油の風味はあまり強くなくだしの味がおいしく楽しめます。

トクフン食堂シリーズは金ちゃんブランドの中では価格指向の商品のようですが、量はさておきあまり安っぽい感じがしないのは見事なところだと思います。
レギュラーの金ちゃんシリーズとはまた違った感じの商品展開も興味深いものがあります。
このきつねうどんはちょっとうどんが食べたいなと思うときにぴったりの一杯で、また他に何かとあわせて食べるのにも良さそうです。
関東風の醤油の味が濃い味付とは違いますが、麺もスープもおいしく味わえるのでおすすめの一杯です。
お店で見かけた際には一度お試しになってはいかがでしょうか?
ごちそうさまでした。



スポンサーサイト

金ちゃん 徳島らーめん こくしょうゆ味(丼カップ)

金ちゃん 徳島らーめん こくしょうゆ味(丼カップ)」



推奨調理時間 熱湯3分 内容量 102g(めん72g) 466kcal 食塩相当量 5.8g

金ちゃんブランドの徳島製粉が地元徳島の味をカップ麺に再現した一杯です。
本場の味、何回食べてもうまいんじょ!をセールスコピーにしています。



カップの中には先入れかやく、先入れ粉末スープ、後入れ液体スープの3袋が入っています。



麺は中細で少し丸みを帯びた感じの縮れ付き油揚げ麺です。
ここに粉末スープとかやくを入れてお湯を注ぎ3分で出来上がります。
液体スープはフタの上であたためておくことをお勧めします。



出来上がりはこのような感じになりました。
まずは表面を整理し軽く麺をほぐし液体スープを加えた状態で撮影しました。
まだしっかり麺をほぐしていないので食べる前には麺をよくほぐしています。

麺は醤油を配合した中細油揚げタイプの縮れ麺です。
少し丸みを帯びた感じで少しもっちり感のあるものに仕上がりました。
量は72gと大盛サイズを謳っていないカップ麺としては多目でボリューム感は申し分ないと思います。

スープはポークエキス、チキンエキス、植物油脂、こんぶ粉末、シーズニングパウダー、しいたけエキスなどをブレンドした醤油味仕立てです。
一般的な醤油味ではなく、醤油とんこつ味と言った方がしっくりくるような味です。
液体スープは醤油ダレが主体でこんぶの香りがついています。
まろやかなとんこつ風味に醤油ダレのうまみが独特の味を演出しています。
少々甘辛い感じになっているのが徳島風の特長です。

具は味付メンマ、ネギ、味付豚肉です。
麺のボリュームの割にはちょっと寂しい感じがしてしまいそうな感じなのが少し残念ですが、豚肉の食感が良いのが印象に残りました。
この豚肉も徳島のラーメンには欠かせない具材です。

地元の味をうまくカップ麺にまとめた一杯です。
もう少し具の量感を高めるとさらに満足度が高くなりそうです。
麺のボリューム感がよいので、具のボリュームアップは是非お願いしたいと思います。
袋麺タイプの徳島らーめんも販売されているので徳島の味を楽しみたい時には気分に合わせてどちらかを選ぶのも良いかと思います。
ごちそうさまでした。

金ちゃん トクフン食堂 醤油味

金ちゃん トクフン食堂 醤油味」




推奨調理時間 熱湯3分 内容量 72g(めん60g) 318kcal 食塩相当量 4.6g

四国は徳島のメーカー徳島製粉のカップ麺です。
金ちゃん」のブランドで親しまれており、人気商品「金ちゃんヌードル」シリーズは主に西日本地区を中心に人気を誇っています。
そんな「金ちゃん」の新しいシリーズ「トクフン食堂」の醤油味を紹介します。
発売開始からは結構たっていて以前から気になっていましたが、ようやく近くのお店で入手できたので記事にしました。
うまさの秘訣はあっさり醤油に魚介の旨みだそうです。



カップの中にはかやくと粉末スープの袋が入っています。
縦型カップの商品で具材やスープが袋入りなのが金ちゃん流です。



麺は中細縮れつきの平打ちタイプ、いわゆるヌードル麺のようです。
ここに粉末スープとかやくを入れてお湯を注ぎ3分で出来上がります。



出来上がりはこのような感じになりました。
ふたを開け、軽く表面を整えた状態で撮影しています。
まだこの状態ではしっかり麺をほぐしていないので食べる前にしっかり混ぜて麺をほぐしています。

麺は油揚げタイプの平打ち風縮れ麺でいわゆるヌードル麺タイプのものです。
他社のヌードル麺では3分仕上げ時点でやわやわな感じに仕上がるものもよくありますが、こちらは少しコシのある感じで歯ごたえのあるものに仕上がりました。
量は60gとこのメーカーの主力商品「金ちゃんんードル」に比べて控えめですが、少ない感じはしませんでした。

スープは塩、鶏・豚エキス、香辛料、糖類、シーズニングパウダー、魚介粉末等を合わせた醤油味仕立てです。
「金ちゃんヌードル」と比べるとちょっと薄い感じの色です。
たまり醤油を使用しコクを出し魚介エキスが旨みを演出しており、おいしく味わえるものに仕上がっています。

具は牛肉そぼろ、なると、たまご、ネギです。
牛肉そぼろは粒が細かいながらもスープの中から結構出てきて存在感があります。
またたまごも他のヌードルによくあるちょっとかたまった感じのものではなくふんわり感のあるもので食感のよさが印象に残ります。

どちらかというと価格指向のお手頃商品で、第2ブランド的な扱いの商品なのですがあえて「金ちゃんヌードル」と違った風味付けをして特徴のあるものに仕上げているように感じました。
具も安っぽく見えない工夫がされておりお手頃価格の商品にしてはかなり頑張っている感じがします。
このクオリティでお値段も手頃なので今度見かけたらいくつか買っておこうかと思いました。
ごちそうさまでした。

金ちゃん きつねうどん

金ちゃん きつねうどん


推奨調理時間 熱湯5分 内容量 92g(めん72g) 420kcal 食塩相当量 5.3g

金ちゃんブランドでおなじみの徳島製粉のカップうどんです。
今回紹介するのは丼型タイプのきつねうどんで、先日記事にした肉うどんは姉妹品にあたります。



カップの中にはかやく、油揚げ、先入れ式粉末スープの3袋が入っています。



麺はいわゆるカップ麺のうどんとしておなじみの平打ち風縮れつきのものです。
ここに粉末スープ、かやく、油揚げを入れてお湯を注ぎ5分で出来上がります。



出来上がりはこのような感じになりました。
表面を軽く整理した状態で撮影しました、実際食べるにはしっかり麺をほぐす必要がある状態です。

麺は縮れつきの平打ち風油揚げ麺でカップ麺でおなじみのスタイルです。
もっちり感が強めに出ているようで口当たりが良いものに仕上がっています。
量も72gとレギュラーサイズのカップうどんとしては多めなので満足度は高いと思います。

具は味付油揚げ、かまぼこ、ねぎです。
カップの径が大手メーカーのきつねうどんに比べて広いので油揚げのサイズがコンパクトに見えてしまいますが、しっとりした感じで味が染みた油揚げはおいしく楽しめました。
私はこの油揚げが最大の特徴だと思います。
かまぼこもたっぷり入っています。



スープはこのような感じです。
魚介エキス、魚介粉末、コンブエキス、昆布粉末、しいたけエキス、香辛料などを合わせた醤油味仕立てです。
四国は徳島がお膝元なので味付は西日本風になっており、魚介と昆布のあっさりしただしがきいており、醤油の風味はそれほど強くない感じのすっきりしたものに仕上がっています。

うどんのもっちり感としっとりした感じの油揚げがおいしく楽しめる一杯です。
私の地元周辺では金ちゃんヌードルと比べると扱っているお店が限られているのが残念なところです。
カップうどんファンの方にはおすすめの一杯です。
ごちそうさまでした。

金ちゃん ヌードルちゃんぽん

金ちゃん ヌードルちゃんぽん




推奨調理時間 熱湯5分 内容量 77g(めん60g) 344kcal 食塩相当量 4.3g

四国は徳島うまれの金ちゃんヌードルシリーズのちゃんぽんです。
以前から発売されていましたが、リニューアルしているようでパッケージのデザインが以前のものとはかなりイメージの異なるものになっています。
また推奨調理時間も5分に変わっています。



カップの中には粉末スープ(先入れ)とかやくの2袋が入っています。
縦型カップ麺なのにかやくやスープが小袋に入っています。



麺は丸みを帯びた縮れつきのものです。
前バージョンの麺より少し太麺になったような感じです。
推奨調理時間が5分に延びたのもこのあたりが影響しているのでしょうか?
ここに粉末スープとかやくを入れ5分で出来上がります。



出来上がりはこのような感じになりました。
ふたを開けて表面を整理した状態で撮影しました。
この時はまだ麺をほぐしておらず、食べる前にしっかり混ぜて麺をほぐしています。

麺は丸みを帯びた縮れのついた少し太めの油揚げ麺です。
麺が太めなので5分仕上げになっているのですが、5分の仕上がり時でも結構かたい感じが残っているのでしっかり混ぜて麺をほぐさないとちょっと食べづらいかもしれません。
その分食べ応えがあるように感じられます。

スープは豚・鶏エキス、魚介エキス、香辛料、野菜エキス、粉末油脂、粉末しょうゆ、魚醤等をブレンドしたものです。
縦型カップ麺にしては珍しく、スープは小袋に入ったものなのですが粉末の量が結構多かったのは少し驚きました。
まろやかでコクのあるスープがおいしく楽しめます。

具はキャベツ、味付いか、コーン、かまぼこです。
具材の構成は野菜が中心になっています。
いかはよく目を凝らして探さないと見つける事ができませんでした。
もう少し具のボリューム感が高いと満足度がさらにアップしそうです。

食べ応えのある太めの麺とコクとまろやかさのあるスープがちゃんぽんのイメージをうまく再現していると思います。
もう少し具だくさんだとさらにちゃんぽんの雰囲気が楽しめるようになると思います。
ごちそうさまでした。


 | ホーム |  »

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

オケラ

オケラ

カップ麺を中心に麺類を紹介するブログを書いています。
コメントも随時募集中です。
みなさんどうぞよろしくお願いします。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。