オケララーメン

カップラーメンを中心に、私の独断と偏見で記事を書いてゆきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日清 酉年記念チキンラーメンBig

日清 酉年記念チキンラーメンBig」




推奨調理時間 熱湯3分 内容量 92g(めん85g) 427kcal 食塩相当量 5.6g

少し前に販売されていたチキンラーメン酉年記念カップです。
我が家の在庫整理を行いつつ食べたので記事にしました。
五つの鶏素材がセールスポイントになっており、その内訳はチキンスープ、たまご、エシャロット香る特製鶏油、炭火焼チキン、ひよこちゃんなるとで構成されています。



この一杯を特徴付けるであろうエシャロット香る特製鶏油はふたの上に添付されています。



カップの中は縦型カップ麺の標準スタイルである、麺、スープの素、具材がセットされてものになっています。
もっともチキンラーメンは味付麺なので粉末スープのようなスープの素は見当たりませんが・・・
ここにお湯を注ぎ3分で出来上がります。
エシャロット香る特製鶏油の小袋はふたの上であたためておくことにしました。



出来上がりはこのような感じになりました。
この写真はふたを開けて特製鶏油を加えた状態で撮影したものです。
この後食べる前にしっかり麺をほぐしています。

麺は植物油脂、醤油、塩、チキンエキス、糖類、たん白加水分解物、香辛料、デキストリン、香味調味料、オニオンパウダー等を配合した油揚げ麺です。
おなじみのチキンラーメンの麺です。
味付麺でスープの成分も麺に含まれています。
3分でほど良いかたさに仕上がりました。
いつものチキンラーメンと麺の味は変わりません。
85gの麺量はボリュームも申し分ありません。

スープは味付麺なので独立して成分が記載されていませんが、エシャロット香る特製鶏油は香味油と鶏油からなっています。
おなじみのチキンラーメンのスープはそのままに特製鶏油がよい香りを付け加えているのが感じられます。
最初はエシャロットと鶏油の香りが強いのですが、食べ進んでくると慣れてくるのかいつものチキンラーメンとそれほど変わりない香りに感じでしまいました。

具は味付鶏肉、味付卵、魚肉練り製品、ねぎ、レッドベルペパーです。
鶏肉は炭火焼チキンでカットも大きく、全体的に量感もありバランスのよい配分になっていると思います。

チキンラーメンシリーズはオリジナルの袋麺や丼型カップのほかに、カップ麺では頻繁に限定商品を出しているのでいろんな味が楽しめるようになってきました。
最近販売されている「卵黄だれ鶏つくね」味も買ってあるので機会があればできるだけ早めに紹介したいと思います。
ごちそうさまでした。
スポンサーサイト

日清 東京中華そばの名店 多賀野 煮干しょうゆ

日清 東京中華そばの名店 多賀野 煮干しょうゆ」



推奨調理時間 熱湯4分 内容量 114g(めん70g) 423kcal 食塩相当量 7.1g ノンフライ麺

東京の中華そば名店「多賀野」の味をイメージした一杯です。
コンビニチェーンミニストップで不定期的に販売されていますが、また最近店頭に並んでいます。
煮干のうま味を効かせたこだわりの味の醤油スープがセールスポイントの一杯です。



カップの中には後入れ式液体スープ、かやく(先入れ)、焼豚(先入れ)、のり(後のせ)の4袋が入っています。



麺はノンフライタイプの縮れ少ないタイプです。
ここにかやく、焼豚をのせお湯を注いで4分で出来上がります。



出来上がりはこのような感じになりました。
麺をよくほぐし液体スープを加えてなじませ、のりをのせた状態で撮影しました。
これで食べ始める事ができる状態です。

麺はチキンエキスや醤油、大豆食物繊維の配合されたノンフライ中細麺です。
口当たりもよくなめらかな感じで、歯ごたえのある食感に仕上がりました。
麺を食べるときにスープの煮干の香りがしてきて食欲をさらに掻き立ててくれます。
麺量は70gと少し多めなのですが、もうちょっと食べたくなるような感じでした。

具は焼豚、味付メンマ、のり、ねぎ、なるとです。
いわゆる中華そばの具はしっかりおさえている感じですが、焼豚以外は彩りを添える程度のものです。
しかし焼豚は厚みもしっかりして大きく、やわらかい感じでおいしく味わえるレベルの高いものです。

スープは動物油脂(鶏・豚)、チキンエキス、煮干調製油、たん白加水分解物、煮干エキス、塩、野菜調製油、香味油、かつおパウダーなどを合わせた醤油味仕立てです。
あっさり系のスープは煮干の香りが食欲をかき立ててくれると共に適度に浮かんだ背脂がいい感じです。
醤油の風味だけが際立っている感じではなく、だしとうまく調和したスープに仕上がっています。

カップ麺なのでお店の味を忠実に再現というわけには行かないのでしょうが、名店の中華そばをイメージする事ができる一杯に仕上がっていると思います。
幾度となくリニューアルを重ねながら販売を繰り返しているところからも人気の一杯なのでしょう。
地方在住の私にはなかなか実際のお店には足を運ぶ機会がないのですが、東京に行った際に時間があれば食べてみたいと思わせてくれます。
ごちそうさまでした。

日清 カップヌードル 黄金の鶏油付きスパイシーチキンカレー

日清 カップヌードル 黄金の鶏油付きスパイシーチキンカレー




推奨調理時間 熱湯3分 内容量 79g(めん60g) 381kcal 食塩相当量 4.6g

世界を掴め!錦織圭選手を応援する商品として販売されている3商品のうちのカップヌードルを紹介します。
黄金の鶏油付きスパイシーチキンカレー味として販売されるこの一杯は、20種類のスパイスをきかせたピリ辛カレースープに別添えの黄金の鶏油が旨みをプラスして暑い夏でも食欲をそそるものに仕上げています。



ふたの上に「黄金の鶏油」と称する調味油が添付されています。
これはカップヌードルシリーズでは非常に珍しいのではないかと思います。



ふたを開けたカップの中は麺、具材、スープの素がセットされているいつものスタイルです。
麺には少し最初から色がついているようにも見えます。
ここにお湯を注ぎ3分で出来上がるのは通常のカップヌードルシリーズと変わりません。



出来上がりはこのような感じになりました。
ふたを開けて表面を軽く整理した状態で別添の「黄金の鶏油」を加えて撮影しました。
実際食べる前にはしっかり麺をほぐしています。

麺は醤油、ポークエキス、チキンエキスなどを配合した油揚げ縮れつき麺です。
麺のスタイルはカップヌードルシリーズの他の商品と変わらないと思われます。
3分で少しやわらかい感じに仕上がり、いつものヌードル麺の食感が楽しめます。
スープとの絡みもよく、麺を食べるごとにスープの辛味も伝わってきます。
麺量は60gと、レギュラーサイズのカップヌードルの他の商品と変わらず大盛派でなければ満足できると思います。

スープは豚・鶏動物油脂、オニオンパウダー、トマトパウダー、香味油、小麦粉、糖類、野菜調味油、加工油脂、植物油脂、塩、でん粉、乳等を主原料とする食品、チキンエキス、香味油、チキン調味油などをブレンドしたカレー味仕立てです。
レギュラーのカレー味に比べるとチキンの風味が加わっており、野菜の旨みなども多く含まれているようです。
カレーの香りが少し強く、付属の黄金の鶏油も香り付けがしてあります。
スープのスパイシー感はレギュラー品よりも強めなので、辛味で汗がでてきました。

具は味付鶏肉、味付卵、玉ねぎ、人参、ねぎです。
ちょっとレギュラー品に比べ具の構成が違います。
量感も少し寂しげな感じが否めないのは気のせいでしょうか?
鶏肉のカットは大きめなので存在感はいいのですが、もう少し入っていて欲しい感じがしました。
玉ねぎも大きめカットでしゃっきりした感じが印象的です。
レギュラー品の内容量87gに対しこちらは79gで麺は同じく60gなのでやはり具材の量感に差があるのは数字にも表れていると思うのですが・・・
規格品でもあり大盤振る舞いしても悪くないような気がするのですが・・・

ちょっと辛口になってしまいましたが、この一杯は結構辛いです。
どうしてもレギュラーのカレー味の完成度が高く、評価の基準があれと比べてどうなのかという風になってしまいがちです。
こちらはチキンカレーと謳っているように味のベースがレギュラー品とは異なっており新たな味の世界を広げています。
夏に向けてさわやかな汗を流せるようにちょっとスパイシーになっているのも魅力のひとつだと思います。
ただ少し辛いのが苦手な方はレギュラー品の方がおいしいと感じるかもしれません。
どちらかというとあまり辛いのは得意ではないので、私もそのひとりです。
いつもとはひと味違うカレーヌードルを味わってみたい方におすすめの一杯です。
コンビニやスーパーで販売されているので一度お店に足を運んではいかがでしょうか?
ごちそうさまでした。


日清  青森濃厚煮干ラーメン

日清 青森濃厚煮干ラーメン」



推奨調理時間 熱湯4分 内容量 108g(めん70g) 415kcal 食塩相当量 6.6g ノンフライ麺

全国各地のご当地麺をカップ麺に再現する麺ニッポンシリーズの一杯です。
このシリーズの青森版として登場したこの商品は、旨み濃厚な煮干スープとコクを加える豚骨ベースのだしがセールスポイントの一杯です。
麺には生麺風のノンフライ麺を採用しています。



カップの中には先入れ式粉末スープ、後入れ式液体スープ、先入れかやく、のりの4袋が入っています。



麺は細めのストレートタイプのノンフライ麺です。
ここに粉末スープとかやくを入れてお湯を注ぎ4分で出来上がります。
液体スープはふたの上であたためておくことをおすすめします。



出来上がりはこのような感じになりました。
麺をしっかりほぐして液体スープを注ぎある程度なじませてからのりをのせて撮影しました。
これで食べ始める事ができる状態です。

麺は大豆食物繊維、チキンエキス、醤油などを配合したノンフライ麺で、細めのストレートタイプです。
口当たりはなめらかですが、しっかりした歯ごたえがあり噛むとぷっつり切れる感じの麺です。
麺の量は70gと丼型レギュラーサイズのカップ麺では少し多い方なので満足度は高いと思います。

スープは豚脂、いわしパウダー、ポークエキス、魚介調味油、チキンエキス、糖類、塩、ねぎ、魚介エキス、香辛料などをブレンドした醤油味仕立てです。
豚骨ベースのまろやかなスープに魚介のだしと煮干の香りが食欲をそそります。
醤油の味もしっかり主張しており、おいしいスープを味わう事ができます。

具はチャーシュー、味付メンマ、のりです。
のりは後入れなのでかやくの袋は先入れのものわかれており2袋あります。
チャーシューは厚みや大きさではラ王シリーズのものには残念ながら及ばないものの、肉の風味がしっかり感じられ質感はなかなかのものです。

2016年2月に全国販売になったこの商品はそろそろコンビニではお目にかかることも少なくなってきましたが、まだ入手できる機会は十分あるようです。
煮干の風味が好きな方にはおすすめの一杯なので店頭で見かけた際には一度お試しになってはいかがでしょうか?
ごちそうさまでした。


日清 出前一丁 肉大盛り

日清 出前一丁 肉大盛り




推奨調理時間 熱湯3分 内容量 98g(めん80g) 471kcal 食塩相当量 6.1g

日清出前一丁縦型ビッグカップで登場した新商品を紹介します。
ニンニクが効いたスタミナ系醤油味スープで豚肉と豚ミンチの肉がたっぷり入った一杯です。



フタの上に出前一丁シリーズではお馴染みごまラー油の袋が付いています。



カップの中には麺、具材、スープの素がで入っており、ほのかにニンニクの香りが漂ってきます。
ここにお湯を注ぎ3分で出来上がります。



出来上がりはこのような感じになりました。
この写真はフタを開け表面を軽く整理してごまラー油を入れた状態で撮影しました。
この状態ではまだ麺をよくほぐしていないので食べる前にはしっかり麺をほぐしました。

麺は油揚げ中細麺で醤油やチキンエキスを配合した縮れの少ないタイプです。
出前一丁の丼型カップの麺より心持ち細い感じもします。
しかし麺量が80グラムあるので量的な不満は無いと思われます。
つるりと味わえる口当たりのよい麺に仕上がっています。

スープは植物油脂、ごま、香辛料、糖類、香味調味料、豚脂、ポークエキス、香味油、魚介エキス、野菜エキスなどをブレンドした醤油味仕立てです。
作る前にフタを開けたときからニンニクの香りが少ししていましたが、仕上がり時にはかなりニンニクの香りが強く感じられました。
醤油味あっさり系ですが、通常の出前一丁よりちょっと辛味が強い感じがしました。

具は味付豚ミンチ、味付豚肉、卵、ネギです。
豚ミンチはかなり目立ちますが、味付豚肉の存在感がかんじられませんでした。肉はかなりがっつりな感じで満足できます。
卵はふんわり感がある割にあまり目立ちませんでした。

夏に向けてスタミナをつけたいときに食べたくなるような一杯です。
麺も大盛サイズなので満足度はかなり高いと思います。
結構ニンニクの香りがするので、仕事前や人に会う前などは気をつけたほうがいいかもしれません。
いつもの出前一丁と少し違った味ですが夏に向けておすすめしたい一杯です。
ごちそうさまでした。

 | ホーム |  »

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

オケラ

オケラ

カップ麺を中心に麺類を紹介するブログを書いています。
コメントも随時募集中です。
みなさんどうぞよろしくお願いします。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。