オケララーメン

カップラーメンを中心に、私の独断と偏見で記事を書いてゆきます。

エースコック スーパーカップ1.5倍 鶏南蛮そば

エースコック スーパーカップ1.5倍 鶏南蛮そば



推奨調理時間 熱湯5分 内容量 130g(めん90g) 483kcal 食塩相当量 8.1g

エースコックスーパーカップシリーズの鶏南蛮そばです。
スーパーカップシリーズは主としてラーメンや焼そばが多いのですが、時々うどんやそばも販売されています。
買ったのは今年の初め頃で、スーパーのお値打ち品コーナーにありました。
我が家でも在庫に埋もれていたので最近食べたのですが、残念なことに賞味期限が少し過ぎていました。
黄金鶏油の深いコクが自慢の一杯です。



カップの中には後入れ式液体スープとかやくの2袋が入っています。



少し細めの縮れつきのそばです。
そばもカドメンとふたの部分に書かれているように、スーパーカップシリーズでおなじみのカドメンと銘打つ特徴的な麺を採用しています。
大盛タイプなのでカップの中に麺がぎっしり詰まっているような感じを受けます。
ここにかやくを入れてお湯を注ぎ5分で出来上がります。



出来上がりはこのような感じになりました。
麺はあまりほぐさずに液体スープを入れカップにある程度なじませた状態で撮影しました。
撮影後にしっかり麺をほぐし、スープをしっかりなじませて食べ始めました。

麺はそば粉、植物油脂、ヤマノイモパウダーなどが配合された油揚げ麺の縮れつきそばです。
最初は少し細く見えましたが、出来上がり時はそれほど細い感じは見えませんでした。
スーパーカップならではの量の多さでボリューム感はなかなかのものです。
しっかりした弾力のあるカドメンならではのコシが感じられ食べ応えのあるそばに仕上がっています。

具は味付鶏肉そぼろ、揚げ玉、ねぎ、唐辛子です。
見た感じの量感はまずまずで、具材のボリューム感が少し残念に感じる事が多いこのシリーズの中ではがんばっている方だと思います。

スープは香味油、かつおぶしエキス、コンブエキス、鶏エキスなどをあわせた醤油味仕立てです。
色は少し濃い目で、鶏の良い香りが漂う食欲を誘うつゆです。
醤油の風味がかなり強めでだしの風味は奥に控えているような感じに仕上がっています。

ボリューム満点の一杯です。
香りのよい濃い目の醤油味のスープと食べ応えのあるそばが食欲をかき立ててくれます。
少し濃すぎに感じる方もいるかと思いますが、濃い味が好きな人にはたまらない一杯だと思います。
ごちそうさまでした。
スポンサーサイト

エースコック 味わい麺工房 あっさりとんこつラーメン

エースコック 味わい麺工房 あっさりとんこつラーメン」



推奨調理時間 熱湯3分 内容量 63g(めん50g) 242kcal 食塩相当量 4.1g ノンフライ麺

つるっと良いのどごし、細めノンフライ麺がセールスポイントのエースコックから販売されている丼型カップ麺です。
今回はあっさりとんこつ味を紹介します。



カップの中には先入れ式のかやく入り粉末スープと後入れ調味油の2袋が入っています。



麺は細めノンフライタイプです。
ここにかやく入り粉末スープを入れてお湯を注ぎ3分で出来上がります。



出来上がりはこのような感じになりました。
スープをなじませながら軽く麺をほぐし調味油を入れた状態で撮影しました。
食べる前にはもう少ししっかり麺をほぐしています。

麺は大豆食物繊維を配合した細めノンフライ麺でストレートタイプです。
3分でつるりと良いのどごしで口当たりの良い麺に仕上がりました。
細麺ですがほどよくかたさを感じ食べ応えがあります。
ただ麺の量が50gと丼型カップ麺にしては控えめなので少し物足りなさを感じるかもしれません。
私がこれを食べた時にはもう一口あればいいなと思いました。

スープは塩、豚エキス、豚脂、砂糖、香辛料、オニオンパウダー、たん白加水分解物、酵母エキスなどをブレンドしたとんこつスープです。
かやく入り粉末スープとなっておりかやくについては次の項で説明するとして、スープはさらっとしたあっさり系のとんこつスープで臭みはあまり感じられないように仕上げられています。
あっさりですが適度にコクがありおいしく味わえます。

具は紅生姜入り揚げ玉、ゴマ、鶏豚味付肉そぼろ、ねぎ、キクラゲです。
粉末スープと同じ袋に入っています。
正直なところ具の量感はそれほど良くない感じですが、揚げ玉、そぼろ、キクラゲの存在感はそこそこ感じられます。

あっさりタイプのとんこつスープとストレート麺がおいしく味わえる一杯です。
麺量は少なめですが242kcalとカロリーはかなり控えめなので、とんこつラーメンは好きだけど我慢していたという方にはぴったりの一杯だと思います。
またさらっとして臭みのないスープなので、とんこつラーメン初心者の方にも馴染みやすいと思います。
価格もお手頃なのでお店で見かけたら一度試してみてはいかがでしょうか?
ごちそうさまでした。

エースコック 極細するり 生姜がほのかに香るあっさり鶏だし醤油ラーメン

エースコック 極細するり 生姜がほのかに香るあっさり鶏だし醤油ラーメン」



推奨調理時間 熱湯4分 内容量 62g(めん50g) 218kcal 食塩相当量 4.6g ノンフライ麺

極細ノンフライ麺を採用したエースコック丼型カップ麺を紹介します。
あっさり醤油味で218kcalとカロリー控えめなのが嬉しい一杯です。



カップの中には先入れ式のかやく入り粉末スープと後入れ式調味油の2袋が入っています。



麺はノンフライ極細麺です。
ここにかやく入り粉末スープを入れてお湯を注ぎ4分で出来上がります。
調味油はふたの上であたためておくとよいでしょう。



出来上がりはこのような感じになりました。
具が沈まないように麺を軽くほぐしながらスープをなじませて調味油を加えた状態で撮影しました。
実際食べる前にしっかり麺をほぐしています。

麺は大豆食物繊維、卵白粉を配合したノンフライ麺です。
見た目は縮れの少ないタイプの細麺で4分仕上げでしっかりした歯ごたえのある麺に仕上がりました。
麺の量は50gと丼型カップ麺にしては量が少なめなのですが、それほど物足りない感じはしませんでした。
しかしお腹が空いている時にはもうあと少しと感じるかもしれません。

スープは塩、砂糖、鶏・豚エキス、香辛料、オニオンパウダー、酵母エキス、唐辛子、かつお節パウダー、植物油脂をブレンドした醤油味仕立ての粉末スープと後入れの調味油で構成されています。
粉末スープにはかやくも含まれていますがかやくの内容は事項で説明します。
あっさりすっきり系のスープは鶏・豚のうまみに生姜の香りがほのかに香るものに仕上がっています。
調味油を加えてもそんなに油っぽい感じがしませんでした。

具はキャベツ、ねぎ、味付鶏肉そぼろで粉末スープと同じ袋に入っています。
あまり量感豊かという感じではなく、具それぞれも細かいものが多いので彩りを飾る程度の具材と考えたほうがいいでしょう。
肉そぼろはそれなりの存在感がありましたが・・・

あっさり風味が好きな方には嬉しい一杯だと思います。
218kcalとカロリーが控えめなのも、健康を気にしながらどうしてもカップ麺が食べたいと言う時には重宝しそうです。
麺の量が控えめなのでたくさん食べたい方には不向きかもしれませんが、別のものと一緒に食べるにはこれくらいがいいのかもしれません。
ごちそうさまでした。


エースコック ワンタンメン タンメン味

エースコック ワンタンメン タンメン味



推奨調理時間 熱湯3分 内容量 80g(めん64g) 340kcal 食塩相当量 6.4g

エースコックから販売されているワンタン麺のカップバージョンを紹介します。
エースコックワンタン麺といえば袋麺をイメージする方も多いと思いますが、手軽の作ることのできるカップ麺が人気がでてきているためカップ麺タイプも販売されるようになりました。
野菜とワンタンの変わらないおいしさをカップ麺に再現した一杯です。



カップの中には先入れ式粉末スープと先入れかやくの2袋が入っています。



麺は中細タイプの縮れの少ない油揚げ麺です。
ここに粉末スープとかやくを加えてお湯を注ぎ3分で出来上がります。



出来上がりはこのような感じになりました。
ふたを開けて表面を軽く整理した状態で撮影しました。
まだこの状態ではしっかり麺をほぐしきっていないので、食べる前にしっかりほぐしています。

麺は醤油、鶏豚エキス、野菜エキスを配合した油揚げタイプです。
軽くウエーブがかかっているように見えますが、あまり縮れがない感じに仕上がっています。
3分で口当たりはなめらかで適度なかたさに仕上がりました。
麺量は64gとこのサイズの丼型カップでは標準的なレベルなのでたいていの人は満足できる量だと思います。

スープは塩、豚脂、でん粉、醤油、植物油脂、カツオエキス、香辛料、豚エキス、デキストリン、オニオンパウダーなどをブレンドしたタンメン味スープです。
鰹とポークに野菜の風味を合わせたあっさり系の塩味スープは少し甘みを感じるものに仕上がっています。

具はワンタン、キャベツ、コーン、なると、ねぎ、にんじんです。
なるとは豚のデザインになっており、ワンタンは3個入っています。
ワンタン麺という割にワンタンが3個なんて・・・と思ってしまいましたが、価格のことも考えるとそう贅沢ばかりも言っていられないですね。
野菜の量感は悪くないので、全体的には具の量感はほどほどといった感じです。

エースコックの超ロングセラーであるワンタンメンを手軽に楽しめる一杯です。
私自身は袋麺の方のワンタンメンはあまりなじみがないのですが、こだわりのある方にはやはり袋麺の方に思い入れのある方も多いかと思います。
どちらもおいしく味わえるので、手間を取るか手軽さを取るか状況に応じて選ぶのもよいかと思います。
あっさりスープのワンタン麺が食べたくなったらこれを買ってみるのもよいと思います。
ごちそうさまでした。

エースコック 辛口派に捧げるとび辛カレーラーメン

エースコック CoCo壱番屋監修 辛口派に捧げるとび辛カレーラーメン



推奨調理時間 熱湯3分 内容量 109g(めん90g) 463kcal 食塩相当量 6.6g

2016年4月に発売されたエースコックとCoCo壱番屋のコラボカップ麺シリーズの一杯です。
これの姉妹品として甘口派に捧げるとろ甘カレーうどんも同時に発売されました。
今回は辛口派に捧げるとび辛カレーラーメンを紹介します。
CoCo壱番屋でもおなじみのとび辛スパイス付きで、好みの辛さにカスタマイズできるのがセールスポイントの一杯です。



カップの中には先入れ式粉末スープ、先入れ式かやくそしてとび辛スパイスの3袋が入っています。



麺は油揚げタイプの中細縮れ麺です。
大盛サイズなので麺がぎっしり詰まっています。
スーパーカップシリーズはカドメンを採用していますが、これにはカドメンの表記がないのでスーパーカップとは違った麺を使用しているものと思われます。
ここに粉末スープとかやくを入れてお湯を注ぎ3分で出来上がります。
スープの袋にも書かれているようにお湯を注ぐ時にスープを溶かすようにしていくことをおすすめします。



出来上がりはこのような感じになりました。
スープをよくなじませ、麺を軽くほぐした状態で撮影しました。
実際食べる前に麺をしっかりほぐしています。

麺は醤油、鶏・豚エキス、野菜エキスなどを配合した油揚げタイプの縮れつき麺です。
3分で少しかために仕上がるのでしっかりと麺をほぐすことをおすすめします。
麺自体に何か特徴があるわけでもないですが、麺とスープの絡みも良くカレーのうまさが味わえます。
麺量も90gと大盛タイプなのでボリューム感は申し分ないと思います。

スープは豚エキス、砂糖、カレー粉、塩、ポテトパウダー、香辛料、おからパウダー、ソース、酵母エキス、クリーミングパウダー、香味調味料などをブレンドしたカレー味仕立てです。
付属のとび辛スパイスを入れる前のスープはポークベースのカレー味で、辛さもそこそこで落ち着いた感じのおいしさを感じさせてくれます。
しかしこのスパイスを投入してからというもの、辛味が強く出て後味にも辛味が残る強烈なスープに変身しました。
スパイスは好みにより投入量を調節してくださいと書かれていますが、まったくもってその通りなので辛さの許容度を考えた上で投入することをおすすめします。
ちなみにふだんCoCo壱番屋では普通の辛さしか注文しない私がこのとび辛スパイスを全量投入したところ食べ終わった頃には汗だらだらになりました。

具はキャベツ、鶏・豚味付肉そぼろ、ねぎです。
写真からは具材の存在感が見えてこないと思いますが、正直あまり目立ちません。
食べ進んでいるうちにスープの中からひょっこり姿を現す程度です。

とび辛スパイスの刺激的な辛さが楽しめるので辛口派にはかなり嬉しい一杯だと思います。
さすが大盛サイズと思わせてくれる麺のボリューム感が魅力でもあります。
4月に発売されたばかりなのにもうすでにコンビニ店頭ではあまり見かけなくなってしまい残念です。
ごちそうさまでした。





 | ホーム |  »

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

オケラ

オケラ

カップ麺を中心に麺類を紹介するブログを書いています。
コメントも随時募集中です。
みなさんどうぞよろしくお願いします。

FC2Ad