オケララーメン

カップラーメンを中心に、私の独断と偏見で記事を書いてゆきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日清 東京中華そば

日清 東京中華そば」
tokyo1

推奨調理時間 熱湯4分 内容量 101g(めん65g) 341kcal 食塩相当量 6.9g ノンフライ麺

セブンイレブンの「Always三丁目の夕日」キャンペーンにあわせてのタイアップ商品です。
昭和の時代の東京で親しまれていた中華そばをイメージした一杯です。
鶏、ポーク、野菜の旨み、豊かな醤油スープがセールスポイントの一杯です。
tokyo2

カップの中にはかやくと液体スープの袋が入っています。
最近のカップ麺にはスープもたくさんの袋にわかれているものもありますがこれはいたってシンプルです。
食べる直前に入れる旨の注意書きはありますが、麺をほぐしてから入れるとの注意書きはないようです。
tokyo3

麺は中細のノンフライ麺です。
tokyo4

出来上がりはこんな感じです。

スープは鶏がメインの醤油味スープです。
昔の中華そばのイメージが十分出ています。
どこか懐かしげでやさしさと落ち着きを感じるスープですが、もう少し醤油の味が強いほうがいいかなと感じました。

麺は歯ごたえがよく、おいしく食べられるのですが・・・
うまくほぐさないとかたい部分が残ってしまいそうな麺です。
仕上げが重要です。

具についてはチャーシュー、メンマ、ねぎと中華そばの定番ともいえるものが入っていますが、ちょっと控えめに感じます。

全体的には記憶の奥に眠っている懐かしの味をイメージしたものになっています。
もっとも九州や北海道ではとんこつや味噌味が記憶の中の懐かしの味になっている方も多いでしょうが、そんな方にも落ち着いた雰囲気は感じ取ってもらえるかと思います。
こってり、ガッツリとは違った世界もまたいいものです。
スポンサーサイト

サッポロ一番 カップスター カレー南ばん

サッポロ一番 カップスター カレー南ばん」
cs11

cs12

推奨調理時間 熱湯3分 内容量 84g(めん55g) 378kcal 食塩相当量 3.6g

おなじみカップスターのカレー南ばん味です。
少し前にリニューアルされています。具の肉がジューシーな鶏天に変更されています。

cs13

カップの中に具やスープの素はあらかじめセットされています。
お湯を注いで3分で出来上がります。

cs14

麺は少しペラペラな感じもしますが、口当たりはよく量もまずまずの満足感があります。

具はキャベツ、人参、ねぎ、鶏天などです。
リニューアル前のものと比べて一部具の構成が変わっています。
蒲鉾、肉ミンチ、フライドポテトに替わってキャベツ、鶏天が加わっています。
鶏天の味が印象的です。

スープはちょっと甘めのカレー味ですが、ただ甘いだけでなく辛味もしっかり感じられました。
全部飲み干すととてもおいしく楽しめます。



マルちゃん 麺づくりで点づくり

マルちゃん 麺づくりで点づくり」
ten1

推奨調理時間 熱湯4分 内容量 81g(めん65g) 312kcal 食塩相当量 5.8g ノンフライ麺

マルちゃん受験生応援企画品 DHA入り
ノンフライ細麺、ごま油香るわかめ入り塩ラーメンです。

ten2

カップの中には3つの小袋が入っています。
ひとつは粉末スープ、もうひとつはかやくの袋
そして調味油です。

ten3

麺はノンフライ細麺です。

ten4

出来上がりはこんな感じになりました。

具はわかめ、ごま、ねぎなど
ごまはたっぷりですが、わかめはもう少し欲しい気がします。
見た目はもう少し華やかなほうが気分も高まって勉強もはかどりそうですね。

麺は細めのノンフライ縮れ麺です。
仕上げ具合を誤ると食感がゴムっぽく感じそうですが、歯ごたえのある食感と言って良いと思います。
歯を鍛えると頭の働きがよくなるかもしれませんね。

スープはごま油香る塩味です、DHAは調味料に含まれているようです。
独特の味と香りがおいしさを引き立てています。
ごま油風の調味油がおいしさの決め手です。

おいしくしっかり食べて、頭を働かせるにはぴったりの一杯です。
もちろん受験生でなくてもおいしくいただけます。


日清 カップヌードルキング

日清 カップヌードルキング」
cupking1

cupking2

推奨調理時間 熱湯3分 内容量 120g(めん105g) 537kcal 食塩相当量 7.6g

日清カップヌードル40周年記念商品です。
カップヌードル史上最大のキングサイズが登場しました。

cupking3

ふたを開けるとめんとスープ、具があらかじめセットされています。
これにお湯を注いで三分待てば出来上がるのはいつものカップヌードルとまったく同じです。
やはり大きなサイズだけに具もたっぷり入っていて期待が高まります。

cupking4

出来上がりはこんな感じになりました。

いつもおなじみのカップヌードルがたくさん食べられるのはとっても嬉しいです。
今までもビッグサイズというのがありましたが、これはさらにその上を行くキングサイズ!

具のボリューム感もキングサイズにふさわしいものになっています。
それに嬉しいのはコロチャーではなく、ダイスミンチを採用していることです。
コロチャーも悪くはないのですがやはりカップヌードルといえばこの肉が思い浮かびます。

麺もこのボリュームで大満足です。
たまにはカップヌードルをたっぷり食べてみたい!
そんな夢をかなえてくれるそんな一杯です。

量はたっぷりな分ちょっとカロリーには気をつけないといけませんが
カップ焼きそばのように1000kcalオーバーのようなことにはなっていないのでたまにガッツリいきたい時でもまだ抵抗感は低いと思います。
いつもの味でこのサイズ、これは本当に嬉しい一杯になります。

どうせならカレー味のキングも出してほしかった・・・

エースコック ご当地最前線 京都こってり中華そば

エースコック ご当地最前線 京都こってり中華そば」
akyo1

akyo2

推奨調理時間 熱湯3分 内容量 93g(めん70g) 394kcal 食塩相当量 6.1g

エースコックのご当地最前線シリーズのカップ麺です。
これが進化を続ける京都ラーメンの新定番と銘打った商品です。
京都というと和風の味をイメージするかもしれませんが、ラーメンに関してはこってり系の味が結構多いのです。
鶏がらを炊き出した濃厚なスープに豚骨をブレンド、魚介が香る重層的な味わいに仕上げた一杯です。
akyo3

調味油はふたの上ではなくカップの中にセットされています。
このシリーズはふたの部分に材料などの表示があるので調味油をふたの上に貼り付けると
表示が隠れてしまうのでそれを防ぐために調味油をカップの中にセットしているのでしょうか。
カップの中にはスープなどがセットされているのでこれを取り出すときに手が汚れてしまいます。
akyo4

スープや具などはすでにカップの中にセットされていますが、調味油の袋は取り出しておく必要があります。
akyo5

出来上がりはこのような感じです。

具はメンマ、チャーシュー、ねぎなどです。
麺は中細麺で丸みを帯びた麺になっています。なめらかで口当たりのいい麺です。
ボリュームは70gと一般的な縦型カップ麺よりは少し多めになっています。

スープは濃厚で口の中で少しとろみを感じますが油っぽさはそれほど強くない様に感じます。
とろりとしながらもまろやかな味わいです。
主として動物系のスープの味ですが、その奥に魚介系の風味を感じることができます。
スープも飲み干すとさらにおいしさを感じることができると思います。

こってり系の好きな方には味わってほしい一杯です。

日清 どん兵衛 きつねうどん(W)

日清 どん兵衛 きつねうどん(W)」

donw1k

推奨調理時間 熱湯5分 内容量 95g(めん74g) 407kcal 食塩相当量 5.8g

どん兵衛シリーズのきつねうどんが2011年にリニューアルしています。
今回はつゆがメインのリニューアルのようです、麺はもうおなじみのニッポンのうどんです。
きつねうどんには北のどん兵衛、東日本、西日本、液体つゆ仕上げの4タイプありますが
その中でも今回は西日本バージョンを紹介します。

donw3k

ふたを開けるとカップの中には粉末スープの袋が入っています。

donw2k

麺はどん兵衛シリーズのうどんではもうすっかりおなじみになったニッポンのうどんです。
きつねうどんの命ともいえる油揚げもあらかじめカップの中にセットされています。

donw4k

出来上がりはこんな感じになります。

前バージョンとの変更点はカロリー、食塩相当量が減少しているほか栄養成分数値も若干の変更が見られます。
最近のヘルシー志向を反映したものになってきているのでしょうか。

きつねうどんでは揚げのうまさがポイントになりますが、つゆがよくしみておいしい揚げに仕上がります。

麺はしっかりとした食感のもので厚みも感じます。
カップうどんの麺としてはかなり完成度が高いように思います。

donw5k

つゆは東日本風のものに比べて色は薄いのですが、しっかりと味がついています。
こんぶ主体のだしで甘みの中に醤油や塩の辛さが感じられる落ち着いた味です。
個人的にはこの西日本バージョンが一番おいしく感じます。

ほかのバージョンも入手しているので折に触れて紹介していきます。

サッポロ一番 カップスター 甘口カレーうどん

サッポロ一番 カップスター 甘口カレーうどん
cs1

cs2

推奨調理時間 熱湯3分 内容量 83g(めん55g) 369g 食塩相当量 3.8g

カップスター誕生37年記念商品です。
ハウスバーモントカレー使用の甘口カレーうどんです。
cs3

ふたを開けるとカップの中に具やスープもあらかじめセットされています。
ここにお湯を注いで3分で出来上がります。

cs4

出来上がりはこのような感じになりました。
スープは甘口のカレー味です。
リンゴと蜂蜜でおなじみのハウスバーモントカレーと魚介エキスのだしのカレースープはマイルドで甘みを帯びた味です。

具はフライドポテト、鶏・豚そぼろ、たまねぎ、ニンジン等
写真では少し隠れてしまっているのですが、やはりもう少し具にもボリューム感は欲しいところです。

うどんは少しペラペラで貧弱な感じもしましたが食べ進んでいると不思議とおいしく感じます。
縮れがついているので麺にスープが絡みます。
なお仕上がり時に麺がうまくほぐれていなかったり、スープの溶け残りがあったりするのでしっかり混ぜる必要があります。

おいしくてマイルドな甘口カレー味です、辛いのが苦手でも十分楽しめます。
こういう切り口のカレーうどんもあっていいですね。
ただ辛さと刺激を求める方にはちょっと物足りない感じがする可能性があります。

日清 カップヌードル天そば

日清 カップヌードル天そば」
cupten1

cupten2

推奨調理時間 熱湯3分 内容量 73g(めん60g) 314kcal 食塩相当量 4.3g

カップヌードル復活総選挙で堂々の第一位を獲得した商品です。
これがその昔発売されていたのは残念ながら知りませんでした。
カップヌードルの長い歴史で唯一カップヌードルブランドで発売された「そば」なんだそうです。
縦型カップのそばとしては「どん兵衛」ブランドの自販機向けやCGC向けのバージョンがあります)

cupten3

カップの中に天ぷらをはじめとして具材とスープがあらかじめセットされています。
中に入っている麺はまぎれもなくそばです。

cupten4

出来上がりはこのような感じになりました。
3分でよい感じの仕上がりになっているのかと思いきや・・・
少し麺がかためにも感じましたがそばだからあえてこんな感じにしているのかも。
若干ボソッとしたチープ感が漂っているのは復刻版のレトロ感をあえて演出しているのでしょうか?
そばにしては縮れが強い麺もちょっとユニークです。

具はえびミンチ天ぷら、しいたけ、ねぎ等
天ぷらはえびミンチ天ということですが、衣が目立つような感じがしました。
全体的に具のボリューム感が低くもう少しにぎやかな感じが欲しい気がします。
cupten5

つゆは和風感あふれるカップヌードルシリーズにしてはユニークなものです。
カップヌードルの黎明期にこんなユニークなものが出ていたなんて・・・
だしのきいた少し濃い目の味です。

復活総選挙で一位獲得というのは根強い人気だったのか、物珍しさが勝ったのか・・・
今はカップ麺のそばのクオリティもかなり上がっておりいろんな商品がしのぎを削っているので
これが復刻とかではなく新製品として出てきたとしても評価は微妙かもしれませんね。

なにはともあれ、一度は食べてみたいと思える一杯です。
かくいう私もまだ一個ストックしています。

寿がきや 冬季限定 コク塩ラーメン

寿がきや 冬季限定コク塩ラーメン」
fuyushio1

推奨調理時間 熱湯4分 内容量115g(めん70g) 374kcal 食塩相当量 7.6g ノンフライ麺

寿がきやから今シーズンも登場した冬季限定の塩ラーメンです。
背脂と白菜の白く輝く旨コクスープがセールスポイントの一杯です。

fuyushio2

カップを開けると中には野菜などのかやくと、液体スープ、後入れかやく入りスープの3袋が入っています。
fuyushio3

麺は縮れのついたノンフライ麺です。
fuyushio4

出来上がりはこのような感じです。
具は白菜、赤唐辛子、ねぎ等
白菜は歯ざわりがよくて印象的です。

麺はノンフライ縮れ麺でスープが麺に絡みます。

スープは少しスパイシーな塩味スープです。
背油は結構たっぷり入っている感じですが、それほど濃厚感は感じませんでした。
ただこれがスープのコクの演出にはかなり役立っているものと思われます。

昨年の冬にもこの商品名で販売されていますが、カロリーなどの栄養成分に若干の変化があるので
細部で若干の変更点があると見られますが、味わい深く少しスパイシーで体もあたたまりそうな一杯であることには変わりはありません。
おいしく楽しめる一杯です。

マルちゃん でかまる 俺のワンタン麺 濃厚豚骨味

マルちゃん でかまる 俺のワンタン麺 濃厚豚骨味」

dekamaru1

推奨調理時間 熱湯3分 内容量 128g(めん90g) 549kcal 食塩相当量 7.4g

ガーリックや白胡椒が入ったコクのある濃厚豚骨味の一杯です。
マルちゃんのでかまるシリーズのワンタン麺です。
俺の・・・という商品名からもターゲットは男性ガッツリ派と言う事なんでしょうか。

dekamaru2

カップの中には粉末スープと液体スープの二つの袋が入っています。
どちらも食べる直前に投入するタイプです。

dekamaru3

メインの具であるワンタンのほかかやくの大半はあらかじめカップの中にセットされています。
スープは後入れ式なので袋を外に出してお湯を注いで調理開始です。

dekamaru4

出来上がりはこんな感じです。
この写真はとりあえずスープを投入し具が沈まない程度に軽く混ぜた状態で撮っています。
実際においしく食べるにはもっとスープを溶かして麺をほぐす必要があります。

大きなカップサイズに標準的なカップ麺の1.5倍程度の麺が入りボリュームは満点です。
麺はそれほど特徴的なものには感じないのですが、ライバル商品では麺にもスポットを当てた商品作りをしているので
そのあたりの訴求力の強化もブランドイメージ作りには必要かもしれません。
細かい理屈は抜きに普通においしくてたくさん食べられるのは食べる側にとって喜ばしいことです。

スープはさらっとしていてまろやかさを感じるとんこつスープです。
濃厚と銘打っていますが、濃さは標準的なとんこつスープといった感じを受けます。
口当たりは非常にいい感じです。
ガーリックの香りはそれほど強く感じなかったのですが、口の中にはふんわり広がってきます。

具に大きな存在感を感じます。
ワンタンの量は多いです。ちょっと中身は・・・と感じてしまうのが少し残念な所です。
キクラゲのプルンとした感じがとても印象的です。

ガッツリいきたい時にはとてもうれしい一杯ですが残念なことにメーカーサイトの商品情報に掲載されていないのでもう入手は困難かもしれません。

日清 出前一丁ビッグ 受験生応援プロジェクト

日清 出前一丁ビッグ 受験生応援プロジェクト」

demae1

demae2

推奨調理時間 熱湯3分 内容量 98g(めん85g) 434kcal 食塩相当量 5.8g

日清食品と進研ゼミのコラボ企画商品です。
受験生応援プロジェクトバージョンの出前一丁カップです。

demae3

出前一丁ではおなじみのごまラー油はカップのふたの上に貼り付けてあります。
ごまラー油のパッケージには志望校の門開け「ごま」となっています。

demae4

カップの中には具、スープ、麺があらかじめセットされており手軽に作ることができます。
demae5

出来上がりはこんな感じになりました。

少し細めの麺は出前一丁の袋麺やカップヌードル系の麺とは違った感じのものです。
麺の容量が85gあるので、ボリューム感は満点です。

スープはしょうゆ味ですっきり系のおなじみの味、安心感も満点です。

具はキャベツ、カット肉、コーン、かまぼこなど
コーンの甘みが印象的です。ただ具の量はもう少しがんばりを見せて欲しいレベルかも・・・
合格かまぼこが受験生応援のエールになっています。

おいしく安心して食べられてしかもボリュームは満点に近いです。
この一杯でリラックスしてぜひよい結果につなげて欲しいものです。

もちろん私を含めて受験生でない方にもおいしくいただける一杯です!


エースコック B級グルメ探訪 山形鳥中華

エースコック B級グルメ探訪 山形鳥中華」

torichuka1

推奨調理時間 熱湯3分 内容量 73g(めん60g) 303kcal 食塩相当量 6.4g

以前同社から縦型カップで東日本B級グルメ探訪シリーズとして販売された商品の丼型カップ版です。
ラーメンなのにそばつゆを使用し、それにとりの旨みが活きている一杯です。
山形県天童市周辺で親しまれているものをカップ麺にアレンジしています。

2011年11月発売の商品ながら残念なことにもうメーカーサイトの商品情報に掲載されていないようなので
現在手に入るとすれば在庫限りであると思われますが我が家に一個あったので記事にしてみました。

torichuka3

カップの中には粉末スープとかやくの袋が入っています。
比較的シンプルな構成です。

torichuka2

麺は一般的なカップ麺のラーメンと変わりないように見えます。

torichuka4

出来上がりはこのような感じです。

具は鶏そぼろ、揚げ玉、ねぎなどで具の量はまずまずといった感じです。

麺は一般的な中華麺の味です。

スープはやはり特徴的です。
そばつゆベースなのですが、ラーメンのスープとして違和感を感じるほどではありません。
具の鶏そぼろや揚げ玉の油が染み出してくるからかと思われます。

いわゆる和風ラーメンとした感じで味わえますが、どこか普通のラーメンと違ったあっさり感も感じられるのです。
それでいながら鶏の風味はしっかり感じられて・・・
あと味にはそばつゆに近いものを感じるなんとも不思議な感じのスープです。
もちろん嫌味や不自然さはあまりなくそばつゆと鶏の旨みが調和しているように感じました。
落ち着いた味でこういう和風感覚の中華そばもありだと思います。

セブンプレミアム とんこつヌードル

セブンプレミアム とんこつヌードル」
iytonkotsu1
iytonkotsu2

推奨調理時間 熱湯2分 内容量 66g(めん55g) 291kcal 食塩相当量 5.1g

香り豊かな黒マー油入りのまろやかな豚骨スープがセールスポイントの一杯です。
セブンプレミアムからとんこつヌードルが登場です。
製造元はセブンプレミアムで多く縦型ヌードルを製造しているサンヨー食品ではなくエースコックです。
シリーズの他の商品に比べ内容量と麺の量が少し控えめになっています。

iytonkotsu3

調味油はふたの上に貼り付けてあるタイプで最近の縦型カップめんによくあるスタイルです。
リーズナブルな価格志向のPB商品にこのスタイルが採用されているのは珍しいですね。

iytonkotsu4

カップの中はこんな感じになっています。
調味油以外はすでにセットされており、お湯を注いで出来上がりを待ちます。
iytonkotsu5

出来上がりはこのような感じです。
この写真は調味油の黒マー油を投入して混ぜる前に撮ったものです。
麺は少し細めになっています。推奨調理時間が他のものと違い2分になっているのですが仕上がりは少しかために感じます。
やわらかめが好みの方は少し時間を調節するのもよいかと思います。

具はもやし、きくらげ、ねぎなど、肉気がなくシンプルそのものです。

スープはあっさり過ぎず、こってりドロドロ系でもないのですが豚骨スープの基本的な部分はおさえた感じになっています。
まろやかさはとてもいい感じです。
黒マー油を混ぜた後の風味もなかなかのものです。

シリーズの他の商品に比べ、容量が控えめになっているのですがそれほど満足度が落ちている感じは受けませんでした。
もっともスープまでしっかりたいらげたからかもしれませんが・・・
この内容でカロリーが300kcal以下に抑えられているのもお見事です!

セブンプレミアムの商品なのですが今のところセブンイレブンでは販売されていないようです。

日清 どん兵衛 杵つきもちうどん

「日清 どん兵衛 杵つきもちうどん」

dm1

推奨調理時間 熱湯5分 内容量 111g(めん66g) 416kcal 食塩相当量 4.8g

どん兵衛シリーズのもちうどんです。
もちは国産もち米100%使用です。
どん兵衛シリーズのうどんには地域によってつゆの味に違いを持たせたものが多いのですが
この商品は全国共通です。

dm3

カップの中にはもちのパックと粉末スープの袋が入っています。

dm2

麺は太さと歯ごたえでどん兵衛シリーズの特徴になったニッポンのうどんです。
もち以外の具はあらかじめカップの中にセットされています。

dm4

出来上がりはこのような感じになりました。

もちはやわらかそうに見えますが、どろりとした感じではなく少し歯ごたえを感じるくらいのかたさに仕上がりました。
もっとふんわり感のある感じが好きな方はしばらくつゆの中に漬け込んでおいてから最後のほうに食べるといいかもしれません。
そのほかの具はねぎ、きざみ揚げ等です。

麺はおなじみニッポンのうどんです、少しもっちり感のあるしっかりした歯ごたえの麺がおいしくなっています。

dm5

つゆはこんな感じです。

魚介と昆布のだしがベースになったつゆで、どちらかといえば西日本風といった感じです。
醤油の色もそれほど濃くはありません。
味もだしの味がしっかり出ているので薄さは感じないのですが、東日本の方にはちょっとおとなしい感じの味に思えるかもしれません。

私はこの味には好感が持てました。うどんのつゆは西日本派です。

もしかしたら通年商品ではない可能性があるのでこれからは店頭で見かけるチャンスが減るかもしれませんが食べてみたい方は見かけたときに買っておいたほうがいいかもしれません。




はじめまして

こんにちは
オケラと申します。
カップ麺を中心としたブログを書いていきますので
どうぞよろしくお願いします。

 | ホーム | 

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

オケラ

オケラ

カップ麺を中心に麺類を紹介するブログを書いています。
コメントも随時募集中です。
みなさんどうぞよろしくお願いします。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。