オケララーメン

カップラーメンを中心に、私の独断と偏見で記事を書いてゆきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エースコック 茹でたて名人 コク醤油らぁ麺

「エースコック 茹でたて名人 コク醤油らぁ麺」


推奨調理時間 熱湯5分 内容量 76g(めん60g) 285kcal 食塩相当量 4.8g ノンフライ麺

エースコックから新しいノンフライ麺を使用したカップ麺シリーズが登場しました。
ラーメン店と同じ多加水麺を使用したモチモチ生麺食感をセールスポイントにした一杯です。



カップの中には後入れ式の粉末スープと調味油そして先入れかやくの合計3袋が入っています。



麺は少し平打ち風にも見える縮れ付きの麺です。
ここにかやくを入れてお湯を注ぎ5分で出来上がります。
モチモチ生麺食感と銘打つ麺はどんな感じに仕上がるのか楽しみです。



出来上がりはこのような感じになりました。
フタを開けて麺を軽くほぐし粉末スープと調味油を入れた状態で撮影しました。
実際食べるにはもう少ししっかり麺をほぐす必要がありそうです。

麺は5分で程よいかたさに仕上がりました。
少しかためが好きな私の程よい感じなので少しかために感じる方もいるかと思われます。
モチモチ感は程々に感じられ、少し歯ごたえのある口当たりの麺は食べ応えがあります。
量は60gと標準的なものですが、ボリューム感は高い方だと感じました。

スープは豚エキスや豚脂がメインの醤油味スープでコクがありながらあっさりした感じの仕上がりです。
味は落ち着いた感じで、少し甘みを帯びたスープは最後まで楽しめます。

具は焼豚、メンマ、なると、ねぎ、わかめです。
醤油ラーメンの定番の具材が揃っています。
個々の具材の量はともかく飾り程度よりは量感も感じられます。

ちょっと地味な感じの醤油ラーメンと言った感じのする一杯です。
麺は食べ応えがあっておいしく味わえるし、モチモチ感も演出されています。
スープも落ち着いた感じの醤油味でおいしく味わえるのですがそれだけにそれ以上の印象が残らないのかもしれません。
ちょっと厳しくなってしまいましたが、量や味に不満はないのでハズレは嫌だという時にはぴったりの一杯です。
カロリーも控えめなので気になる方にもオススメできる一杯です。
ごちそうさまでした。
スポンサーサイト

マルちゃん でかまる ワンタン豚骨しょうゆラーメン

「マルちゃん でかまる ワンタン豚骨しょうゆラーメン」


推奨調理時間 熱湯4分 内容量 139g(めん90g) 590kcal 食塩相当量 7.9g

マルちゃんのでかまるシリーズの一杯です。
少し我が家で在庫として眠っていたので少し前の商品です。
メーカーのサイトの商品情報にももう載っていないのでもう販売されていないと思いますが記事にしてみました。
鶏油の旨味がきいた濃厚な豚骨醤油味がセールスポイントの一杯です。



カップの中には先入れ式粉末スープと後入れ式の液体スープの袋の計2袋が入っています。



麺は少し太めの縮れつき麺です。
大盛サイズなので量はなかなかのものです。
具はカップの中にセットされています。
ここに粉末スープを入れお湯を注ぎ4分で出来上がります。



出来上がりはこのような感じになりました。
ふたを開け軽く混ぜた状態で液体スープを入れてから撮影しました。
実際食べるにはもう少ししっかり麺をほぐしたほうがよさそうな状態です。

麺はもちもち食感のガッツリ太麺を採用しています。(パッケージに記載)
縮れつきのもので大盛タイプなのでボリューム感はとても高いです。
大食い派の人も満足できると思います。
麺が滑らかでもっちりした感じに仕上がるので量の多さとあわせて食べ応えがあります。

スープは液体と粉末のWスープです。
液体スープが醤油だれのようです。少し濃い目の香りがしてとろりとした感じです。
まろやかでコクのある豚骨スープとの組み合わせがおいしさを引き立てています。

具はワンタン、味付鶏ひき肉、ねぎです。
ワンタンは6個入っておりこれがメインの具材です。
鶏ひき肉の存在感があまり感じられないのはちょっと残念です。
もう少し具材の充実度を上げてくれたら嬉しいのですが・・・

ガッツリタイプでお腹の満たせる一杯です。
とんこつスープと濃い目の醤油だれとの組み合わせのスープはしっかりした味でおいしく楽しむことができました。
でかまるシリーズはいつの間にかなくなっていく商品も多いのですが、次々にいろんなものが出てくるのは開発者の努力のおかげだと思います。
今回の一杯もまたいつか再発して欲しいと思います。
ごちそうさまでした。

セブンプレミアム しおラーメン

「セブンプレミアム しおラーメン」


推奨調理時間 ゆで4分 内容量 86g(78g) 293kcal 食塩相当量 5.8g ノンフライ麺

セブン&アイグループPBブランド「セブンプレミアム」の袋麺です。
コンビニ仕様ではなく、イトーヨーカドーをはじめとしたスーパーチェーン向けの商品です。
ごまの風味豊かなコクのあるスープがセールスポイントの一杯で、ノンフライ麺を使用しています。
製造は東洋水産です。



袋の中には麺と粉末スープが入っています。
粉末スープはすりごま付ですりごまはスープとは別区切りになっています。



出来上がりはこのような感じになりました。
具材の入っていない袋麺などは記事で紹介する場合は極力トッピングを加えない状態で紹介することにしているので、ねぎだけ加えた状態で仕上げました。
もちろん付属のすりごまは使用しています。

麺は中細ノンフライ麺で縮れのついたタイプのものです。
細麺ながら力強さが感じられ、ボリューム感も感じさせてくれる麺で、おいしく味わう事ができます。

スープは野菜、チキン、かつお、昆布などのエキスをブレンドした塩味スープです。
少しお湯の量が少なかったからか、塩気が妙に濃い感じになってしまいましたがすっきりあっさり系の澄んだスープです。

お手頃価格で楽しめる袋麺としては上手くまとまった一杯です。
私の近所にはイトーヨーカドー系のスーパーがないのでなかなか手に入らないのですが近くに売っている所があればリピートしたいと思います。
ノンフライ麺採用でカロリーも控えめになっているのも嬉しいところです。
最近のセブンアンドアイのPB商品はただ価格追求だけでなくオリジナル商品ならではの特色を持たせたものが増えてきたように感じます。
ごちそうさまでした。

ホクメン 白いカレーラーメン とんこつカレー味

「ホクメン 白いカレーラーメン とんこつカレー味」


推奨調理時間 ゆで3~4分 内容量 340g(めん240g 120g2食入) 生タイプ麺 2食入り カロリー等記載なし

北海道は稚内のメーカーホクメンの製品です。北海道物産展で購入しました。
北海道産小麦使用の麺を使用して、スープは12種類のスパイスをブレンドしたマイルドなカレーを北の国をイメージする白いスープに仕上げた新しいタイプのカレーラーメンです。



パッケージの中には麺とスープが2食分入っています。
生タイプ麺ですが常温保存ができ、冷暗所保存である程度の日持ちがするのは嬉しいところです。
それをいいことに買ってから賞味期限ぎりぎりまで放置してしまいました。



出来上がりはこのような感じになりました。
トッピングはシンプルにする方針のもと、今回も付属の具材は含まれていないのでねぎのみのトッピングにしています。
実際食べるにはこの写真を参考にして、どんな具材が似合うか好みによってトッピングを工夫してみるのも楽しいかと思います。
パッケージには焼豚、メンマ、ゆでたまごなどを入れるとよいのではと書かれていますがもっといろんなものを入れるのもいいかもしれません。

麺はとんこつカレー味に合わせたウエーブのなめらかなソフト麺です。
出来上がり時に少しやわらかい感じがしました。
もっちりした感じの麺なのであまりかた麺は似合わないかも知れませんが、かた麺派の方はゆで時間を少し工夫するのもよいかと思われます。
麺のボリューム感は満点で、縮れがスープに絡んでおいしさをさらに引き立てています。

スープはゲンコツとトンコツをじっくり炊き出したスープにスパイスをブレンドしたカレーを合わせてマイルドな味に仕上げ、北の国をイメージさせる白いスープになっています。
見た目はとんこつラーメンそのものなんですが味わってみると、まろやかなとんこつスープにマイルドなカレースープが新しいおいしさを引き出しています。
そう辛くないので辛いのが苦手な方でも十分楽しめそうです。
それでいてしっかりカレーの風味を楽しめるのが嬉しいところです。

ボリューム感もよく、白いカレースープがユニークな一杯です。
具材をアレンジしてさらにおいしく楽しむともっとおいしく楽しめそうです。
製造メーカーのホクメンはあまり大きいメーカーではないようですが、道外への販路を広げるためネット通販や北海道物産展への出店も行っているようなので、近くで目にする事があるかもしれません。
私も実際デパートの北海道物産展で入手しました。
どこかで目にした際には一度お試しになってはいかがでしょうか?
ごちそうさまでした。

明星 にゅうめんでっせ

「明星 にゅうめんでっせ」


推奨調理時間 熱湯3分 内容量 70g(めん60g) 327kcal 食塩相当量 5.3g

明星の「でっせ」シリーズの一杯です。
すうどんやラーメンなどシンプルなスタイルをセールスポイントにしたこのシリーズの「にゅうめん」です。
にゅうめんについては他のメーカーでも商品化しているところがまだ多くないので、なじみのない方も多いかもしれませんが温かいつゆで食べるそうめんのことです。
あっさりしたつゆで食べる事が多くおなかにもやさしい味が特徴です。
まっすぐ麺でいりこだしの香るつゆがセールスポイントの一杯です。



カップの中にはかやく入り粉末スープの袋がひとつ入っています。



麺はストレートタイプです。
素麺なのでノンフライ麺かと思いましたが、そこはお手頃価格のカップ麺のためか油揚げ麺になっています。
ここに先ほどのかやく入り粉末スープを入れてお湯を注ぎ3分で出来上がります。



出来上がりはこのような感じになりました。
具材が細かいので沈んでしまっても構わないのでふたを開けた状態である程度麺をほぐしてから撮影しました。
実際食べるにはもう少し麺をほぐしたほうがいいかもしれません。

麺はストレートタイプの素麺スタイルのものです。
基本的に素麺は油で揚げないはずなのでカップ麺としての商品化の際にはノンフライ麺のほうが自然な仕上がりになるような気がするのですが・・・
以前に紹介した他メーカーのカップ素麺はノンフライ麺でしたが、食感がやはり違います。
ちょっとインスタント麺という感じが強く出ているような感じです。
もちろんうどんともラーメンとも少し違うなめらかでつるりとした素麺らしさを味わうことはできているのですが・・・
量は申し分ありません。

具材は味付たまご、ねぎ、しいたけですがもともとのカットが小さいため存在感は薄いです。
つゆの彩りを出す感じのスタンスで入れられているのかもしれません。

つゆはあっさりタイプの醤油味です。
いりこだしがメインで色もかなり薄い感じに仕上がっています。
だしの味が出ており醤油もだし醤油を使っています。
ゆず皮が入っておりほんのりゆずの香りがするようですが、あまり感じ取る事ができませんでした。(その日の体調にもよるのかもしれません)
とにかくにゅうめんにはあっさりタイプのつゆが似合います。

欲を言えばノンフライ麺でもっと自然な食感の麺を楽しみたいのですが、価格やら何やらで厳しいところもあるのかもしれません。
手軽な価格で簡単なスタイルでにゅうめんが楽しめると言う点では、現状あまりメジャーでないにゅうめんを広げていくきっかけになるのかもしれません。
何かと疲れた体にもスーッとやさしく入ってくるおいしさが魅力のにゅうめんを一度味わってみてはいかがでしょうか?
ごちそうさまでした。

くらしモア ソース焼そば

「くらしモア ソース焼そば」


推奨調理時間 熱湯3分 内容量 113g(めん90g) 514kcal 食塩相当量 3.6g

全国で地域ブロックごとに展開する有力スーパーチェーンが加盟するニチリウグループのオリジナル商品です。
グループのPBブランド「くらしモア」のカップ麺シリーズのソース焼そばで、香ばしい香りと深いコクのあるソースがセールスポイントの一杯です。
製造は日清食品です。



カップの中には液体ソースとふりかけの袋が入っています。



麺とふりかけを除いた具材はカップの中にセットされています。
麺は少し細めの縮れつきタイプのものです。
ここにお湯を注ぎ3分で出来上がります。



出来上がりはこのような感じになりました。
湯切りをしてソースを入れよく混ぜてふりかけを入れた状態で撮影しました。
これで食べ始める事ができる状態です。

麺は中細縮れつき麺です。
量は90gと若干控えめですが、価格指向の商品としては標準的なレベルです。
麺が少し細めになっているのでボリューム感もあって物足りなさは感じられません。

具はキャベツとふりかけの紅生姜、アオサです。
キャベツはカップの中にセットされていてソースを入れて混ぜるときにどうしてもカップの底にかたまってしまうのが残念なところです。
キャベツのカットは控えめではなく量感は悪くないのですが食べ進めていかないとお目にかかれません。

ソースはあまりスパイシーな感じはしないマイルドな液体タイプのソースです。
液体タイプなので麺に絡みやすく、コクのある落ち着いた感じの風味はみんなに親しまれる味です。

お手頃価格でお腹も満たせるカップ焼そばとしてはおすすめの一杯です。
ただシンプルすぎるので何か特色を求めたい方には物足りなさを感じるかもしれません。
とは言え、クセのないおいしさはお腹がすいたときには頼もしく感じられると思います。
ごちそうさまでした。



日清 どん兵衛 もちっともちうどん

「日清 どん兵衛 もちっともちうどん」


推奨調理時間 熱湯5分 内容量 109g(めん66g) 406kcal 食塩相当量 5.1g

どん兵衛シリーズのもちうどんが今シーズンも登場しました。
パッケージを見てもEやWの表記がないようなので全国統一商品のようです。
麺はどん兵衛シリーズでもうすっかりおなじみになったストレートタイプのニッポンのうどんを採用しています。



カップの中にはもちと粉末スープのパックが入っています。
もちと粉末スープは先入れ式です。



麺とそのほかの具材がカップの中にセットされています。
ここに粉末スープともちを入れてお湯を注ぎ5分で出来上がります。
お湯を注ぐ時はもちの上に湯がかかるようにして注ぐ事が推奨されています。



出来上がりはこのような感じになりました。
具材が沈まないように軽く混ぜた状態で撮影しました。
まだ麺がかたいので食べる前にしっかりほぐしておく必要がありそうです。

麺はどん兵衛シリーズですっかりおなじみになったストレートタイプのニッポンのうどんです。
5分で出来上がり時には少しかたい感じがしましたがしっかりほぐすと弾力感のあるしっかりしたうどんに仕上がりました。
ライバルメーカーのカップうどんに比べるとこの麺は仕上がり時には少しかためな感じになるので、少しやわらかい感じのが好きな方は戻し時間を調整するなどの工夫が必要かと思われます。
私はこのような少しかための感じも好きなので5分仕上げで丁度よいかと思います。

具はメインのもち以外にきざみ揚げ、かまぼこ、ねぎです。
正式にはねぎはスープに含まれたものになっているようですが(成分表示にはスープの項目に表記がある)そこまで細かいことは言わないでおきます。
きざみ揚げのカットは割と大きめで量も結構あるように感じます。
もちはある程度つゆに浸しておいたほうがやわらかさが増しておいしく楽しめるように思います。
ちょっとかたい感じのが好きな方は早めに食べてしまうのもありだと思います。



つゆはこんな感じです。
魚介エキス、昆布パウダーなどだしがきいた醤油味のつゆです。
色も東日本風の醤油の濃いものではなくどちらかと言うと西日本風のつゆに近いものになっています。
全国統一商品ですが、このようなつゆの味付で販売するのはやはり東エリアでも西日本風の味付のつゆがある程度受け入れられていると言うことなのでしょうか?
(ちなみにライバル社のもち入りうどんは東西2仕様で販売されています)
だしが聞いていて落ち着いた感じの味に仕上がっています。

もちとうどんがおいしく楽しめる一杯です。
きつねうどんもいいですし、袋麺のうどんを試してみるのもいいですが、たまにはこんな感じのうどんも食べたくなります。
そんな時に手軽に楽しめる一杯です。
もちうどんファンの方もそうでない方にも楽しんで欲しい一杯です。
ごちそうさまでした。

サッポロ一番 カップスター 力レー南ばん

「サッポロ一番 カップスター カレー南ばん」



推奨調理時間 熱湯3分 内容量 84g(めん55g) 383kcal 食塩相当量 4.1g

サッポロ一番カップスターシリーズのレギュラー商品です。
カップスターシリーズもレギュラー品のほかに時々新商品を出していますが、やはり昔からあるレギュラー商品を見かけると時々食べたくなります。
カップスターシリーズの中でも少し影が薄いと思われるカレー南ばんを久しぶりに購入したので記事にしてみました。
なぜ影が薄いと思うかと言えば、私の住んでいる周辺のスーパーでカップスターのレギュラー品を定番で扱っているお店が少ない上に扱っていてもカレー南ばんだけラインナップに入っていないお店が多いのでカレー南ばんって人気がないのかなと勝手に思っているからです。
私はそんなカレー南ばんが好きなんですが・・・



カップの中にはめんと具材、スープの素がセットされていてお湯を注ぐだけで作る事ができるシンプルなスタイルです。
ここにお湯を注いで3分で出来上がります。



出来上がりはこのような感じになりました。
表面の方だけ少し混ぜてスープを若干溶かした状態で撮影しました。
まだこの時点では麺が少しかたい(ほぐれきっていない)感じだったので食べる前にしっかり混ぜてほぐす必要があります。

麺は平打ちタイプのうどんです。
カップスターシリーズではカレー味だけなぜかうどんなのです。
この麺、3分たったときにはまだ少しお湯を入れる前のかたさが残った感じに仕上がったのでしっかりほぐして混ぜるとおいしく食べられる感じに仕上がりました。
麺の量は55gとちょっと少ない感じがしますが、平打ち麺で少しラーメンより太い感じがするのでボリューム感が劣ると言う印象は受けませんでした。

具はフライドポテト、鶏豚味付肉そぼろ、人参、ねぎです。
前に記事を書いた時には鶏天が入っていたのですが、肉そぼろに変わったようです。
ポテトはパッケージでもカレーの定番と評され一押しの具材のようですが、そのほかの具材はちょっと影が薄い感じが否めません。

スープはさらっとした感じのもので甘みの中にスパイシーさが混ざり合ったようなスープです。
それほど辛くないので辛いのが苦手な方でも十分楽しめそうな仕上がりです。

以前に(2012年1月)紹介したときと比べリニューアルしているようで具材や食塩相当量、カロリー表記に変化があるようです。
縦型カップのカレーうどんとしては手軽に楽しめる一杯です。
地域によってはなかなか売っていない所もありますが、おいしく楽しめるのでぜひカレーうどんファンの方には楽しんで欲しい一杯です。
ごちそうさまでした。

参考リンク 2012年1月の記事 は こちらです。

マルちゃん 本気盛 豚骨ちゃんぽん

「マルちゃん 本気盛 豚骨ちゃんぽん」



推奨調理時間 熱湯4分 内容量 104g(めん80g) 447kcal 食塩相当量 7.1g

マルちゃんの大盛サイズ縦型カップ麺本気盛(マジモリ)シリーズの一杯です。
発売開始は少し前ですが、まだコンビニ等で入手できそうなので紹介しました。
豚骨ベースに魚介や野菜の旨さを利かせた濃厚ちゃんぽんがセールスポイントの一杯です。
本気盛シリーズなのでボリューム感の高さも期待できそうです。



カップの中には、麺、具材、スープの素がセットされておりお湯を注ぐだけで作る事ができます。
調味油など別添の小袋もついていないので非常にシンプルなスタイルです。
お湯を注いで4分で出来上がります。



出来上がりはこのような感じになりました。
ふたを開け具材が沈まないように表面近くを軽く混ぜた状態で撮影しました。
実際食べるにはしっかり混ぜて麺をほぐす必要があります。

麺は少し太めの縮れつき麺です。
いわゆるヌードルタイプの麺ではなくしっかりした感じのものです。
この麺を「なめらか太麺」と銘打っています。
今までの本気盛では「がっつり太麺」とパッケージに書かれていたので麺が少し違うのでしょうか?
私にはあまり違いがわからなかったので今までのシリーズとパッケージ写真を比較してようやく気がついたくらいなのですが・・・
ただこの麺もっちり感もあって結構ちゃんぽんに合っているように感じられます。
ボリューム感は合格点です。大食い派の方も満足できそうです。

具はキャベツ、コーン、えび、いか、かに風味かまぼこです。
コーンが量感をあげるのに役立っているような感じもしますが、キャベツやかに風味かまぼこも結構入っています。
また写真ではあまり目立ちませんが海鮮の存在感も低くはないので具もボリューム感が高いと思います。

スープは少し豚骨スープの主張が強い濃厚系です。
とはいってもいわゆる香り立つとんこつ臭があるわけでもなく、コクとまろやかさを引き立てるのに大きな役割を果たしていると言った感じです。
魚介と野菜のスープとブレンドされているのでおいしさが広がっておりスープもしっかり楽しめます。

ボリューム感も高く、スープや具材も結構しっかり楽しめるので満足感は十分得られると思います。
また大盛サイズなので大食い派の方にも嬉しい一杯に仕上がっていると思います。
まだコンビニ等で入手可能のようですが、近所には売ってないという方もいるかもしれません。
気になる方はちょっと探してみると手に入ると思います。(地域にもよると思いますが・・・)
ごちそうさまでした。


ホクメン 稚内ラーメン まろやか醤油

「ホクメン 稚内ラーメン まろやか醤油」


推奨調理時間 ゆで3~4分 内容量 324g(めん120g×2) 生タイプ麺 2食入り カロリー表記等なし

北海道は稚内のメーカーホクメンのラーメンです。
宗谷の澄んだ海水を乾かした「塩」を使った風味豊かなスープが自慢の一杯です。
スープには宗谷の塩を使用しています。



パッケージを開けると生麺2食分とスープ(液体)が2食分入っています。
生麺ですが冷暗所保存である程度の日持ちがするタイプのものです。



出来上がりはこのような感じになりました。
この商品には具材は一切付属していないので好みに合わせてアレンジするとおいしく楽しめるのでしょうが、できるだけそのままのイメージを伝えるためにねぎのみトッピングしただけの状態で記事にしています。

麺は少しもっちりした感じでなめらかな口当たりに仕上がりました。
ボリューム感は満点で食べ応えがあっておいしくいただけます。
4分ゆでた状態だと少しやわらかい感じになるようです。

スープは少し濁った感じの色に仕上がり、肉エキスや酵母エキスと動物油脂、塩を加えた醤油味スープです。
宗谷の塩の特徴は普通の食塩にはないまろやかさがあるとのと事だそうで、このスープは醤油味と塩のまろやかさが合わさったおいしいスープに仕上がっています。

それほど大きい会社ではないようですが、北海道物産展への出店やネット販売などで販路を拡大しようと努力を重ねているようで、私もこれは名古屋の百貨店で行われた北海道物産展で入手しました。
道外の方でも入手できるチャンスがあるようなので、お近くで目にした際は一度お試しになってはいかがでしょうか?
ごちそうさまでした。

マルちゃん 正麺 うどん

「マルちゃん 正麺 うどん」


推奨調理時間 ゆで5分 内容量 104g(めん80g) 323kcal 食塩相当量 5.1g ノンフライ麺

袋麺界に新しい風を吹き込んで、活性化のきっかけを作ったマルちゃん正麺にうどんが新登場しました。
今まで袋麺のうどんは最近までみそ煮込やカレーうどんなどどちらかと言えばメジャーでないものしかなかったように思いますが、近年他社においても一般的なうどんの袋麺の商品化を進める動きもあってそこに正麺の参入で袋麺の活性化がうどんにも波及するのか注目の一杯です。
生麺うまいまま製法と銘打って、生麺本来の味となめらかでコシのある食感を再現した麺をアピールしています。



これが生麺うまいまま製法で作られた麺です、もちろんノンフライ麺です。
この商品には麺とスープの素だけが入っています。
スープは液体スープです。



出来上がりはこのような感じになりました。
袋麺などの最初から具がついていないものの場合原則としてトッピングは最小限にとどめて記事にしています。
今回もねぎをトッピングするにとどめました。

麺はノンフライタイプの平打ち風のものです。
欲を言えば丸みを帯びた生麺に近い感じの麺を再現して欲しいのですが、うまく戻るかどうかなどの面で問題があるのかどうかわかりませんが乾麺のうどんは平打ち風のものが主流のようです。
やはりまだ生麺に肩を並べるほどのみずみずしさが感じられないように思います。
もっともある程度は仕方のないことですが、ラーメンに比べるとうどんは乾麺を戻したときに麺が太いためか生麺と食感の差が広がってしまうような気がします。
とはいうものの、コシの強さやなめらかさはいい感じに出ていると思います。

つゆはだしの風味を生かした醤油味です。
いわゆる関東風のように醤油の風味が強いのではなく、かと言ってあっさり過ぎでもない感じの仕上がりです。
色は薄めですがだしの風味が効いてしっかりした味わいがあります。

完成度は結構高いように感じますが、まだやはりうどんの乾麺が生麺に肩を並べるほどのレベルまで達していないのかなと言う感じを受けます。
カップ麺でもラーメンでは生タイプ麺のものはほぼなくなったにもかかわらず、うどんではまだ生タイプのカップ麺が幅を利かせているというのもどこかで生タイプ麺の優位性が残っているからと言えそうです。
そこを今後袋麺のうどんの市場を拡大できるかどうか注目の一杯です。すでにライバル社も追撃の構えを見せています。
今後の展開が注目されます。
ごちそうさまでした。

セブンイレブン 鶏ガラ中華そば

「セブンイレブン 鶏ガラ中華そば」



推奨調理時間 熱湯3分 内容量 65g(めん47g) 241kcal 食塩相当量 5.3g スチームノンフライ製法

セブンアンドアイグループのPBセブンプレミアムの縦型カップ麺です。
この一杯はセブンイレブンのみで販売されているシリーズです。
セブンプレミアムのPB商品もいろいろリニューアルを繰り返してきてはいますが、まだ麺類に関してはコンビニ系とスーパー系で商品に違いが大きいものが多いです。
スチームノンフライ製法の麺にダシが効いた香り高いスープがセールスポイントの一杯です。
スチームノンフライ製法を採用しているところからもわかるように製造は明星食品です。



ふたの上に液体スープが添付されています。



カップの中は通常の縦型カップ麺のように麺、具材、スープの素があらかじめセットされておりお湯を注いで3分で作る事ができます。
その間液体スープはふたの上であたためておくことをおすすめします。



出来上がりはこのような感じになりました。
液体スープを入れて軽く表面だけ混ぜた状態で撮影しました。
スチームノンフライ製法の麺は食べる前にカップの底までしっかり混ぜる事が推奨されているので、実際食べる前には底までしっかり混ぜて麺をほぐすことが必要です。

麺は少し黄色がかった中細ノンフライ麺です。
つるりとして口当たりはよいにもかかわらず、しっかりした歯ごたえのある麺に仕上がっています。
麺の量が47gと少ないのでボリューム感がないかと心配していました(それでいて値段はPBのヌードルシリーズより高い)が確かに量は少ないものの極度の物足りなさを感じると言う感じではありませんでした。

スープは別添えの液体スープとカップにセットされている粉末スープのダブルスープです。
チキンエキスと煮干、サバ節等の魚介粉末のブレンドされたスープは少し甘めの醤油味です。
魚介の風味が強い感じに仕上がっていて、最後までしっかり楽しめるスープです。

具はチャーシュー、味付メンマ、なると、ねぎです。
あまり存在感は大きくないですが、カットは大きくないものの量感は決して悪くないくらい入っています。
やはりPBのヌードルシリーズより値段が高い分、具のほうは安っぽく感じさせないようにしているのかもしれません。

おいしく楽しめる一杯なのですが、やはり量が気になります。
ノンフライ麺を採用したりスープも液体と粉末のWタイプになるなどクオリティは上がっているのですが、その分これ一杯ではちょっと・・・
なんて感じる人が多いんじゃないかと思えるような量になったのは残念です。
数字ほどは物足りなく感じなかったのですが、数字など比較判断できるものはイメージ上重要だと思います。
確かにこの値段でこのクオリティはなかなかのものなんですが・・・
あまりたくさん食べられないけど、おいしいのがいいと言う方にはぴったりだと思います。
みなさんも実際どう感じるか一度お試しになってみてはいかがでしょうか?
ごちそうさまでした。


マルちゃん 大人のこだわり 五目中華そば

「マルちゃん 大人のこだわり 野菜がたっぷり五目中華そば」


推奨調理時間 熱湯5分 内容量116g(めん70g)  379kcal 食塩相当量 7.1g ノンフライ麺

マルちゃんの大人のこだわりシリーズから登場した五目中華そばです。
野菜がたっぷりのカップ麺で生野菜換算で1日必要な摂取量である350gの3分の1がこのー杯に含まれているという野菜不足の人には嬉しいー杯に仕上がっています。
少しとろみのついたごま油風味の醤油味スープがセールスポイントのー杯です。



カップの中には粉末スープと液体スープ(どちらも後入れ式)の2袋、そしてかやくの袋が2袋の計4袋が入っています。



麺は細目で縮れのついたタイプのノンフライ麺です。
ここに2袋あるかやくの袋をあけて投入しお湯を注いで5分で出来上がります。
お湯を注ぐ時にかやくの一部がブロックタイプになっているのでそこを目がけてブロックを溶かすように注ぐといいようです。



出来上がりはこのような感じになりました。
スープを全て入れて、カップになじませた状態で撮影しました。
しかし麺はあまりほぐしていないので食べる前にしっかり混ぜてほぐす必要がありそうです。

麺は細目で縮れのついたタイプのノンフライ麺です。
ノンフライ麺の特長であるコシの強さがしっかり感じられるので細目の麺ながら食べごたえがあり、量が70gあるのでボリューム感も高く感じられます。

具は野菜がたっぷりの商品名に恥じない程に品種も量も豊富に感じます。
キャベツ、キクラゲ、たまねぎ、ねぎ、さやえんどう、にんじんが入っておりしゃっきり感を演出するためかこれらの一部はフリーズドライブロックで提供されており、食感にも大人のこだわりを感じます。
またえびや味付豚肉も入っており、バランスもよくなっています。

スープは最大の特徴ある点ですが、ごま油の風味が好みのわかれる所だと思います。
しかし極端に油の風味が強いとまでは言えないので醤油味スープを引き立たせるものだと考えるとこのような感じのも悪くはないと思います。
とろみは私にはあまり感じられませんでした。


ボリューム感があり、たベごたえのある麺と野菜が印象に残るー杯です。
こんな感じであっさりすっきりタイプの塩ラーメンも食べてみたいと思いました。
この一杯の大人のこだわりはどんな風なものなのか気になる方はぜひ一度お試しを。
ごちそうさまでした。

ホクメン 天北ラーメン しょうゆ味

「ホクメン 天北ラーメン しょうゆ味」


推奨調理時間 ゆで2~3分 内容量 308g(めん120g×2食) カロリーなど記載なし 生麺2食入

北海道は稚内のメーカーホクメンが製造する生麺タイプの商品です。
ホタテエキスしょうゆ味スープの一杯です。



袋の中には生麺2食分とスープ2食分が入っています。



出来上がりはこのような感じになりました。
あえて商品そのものの出来上がりのイメージを記事にするためにトッピングはねぎだけと必要最小限にとどめています。
自分の好みで具材をアレンジするのもよいかと思います。(これには何も入っていません)

麺は縮れつきの生麺です。
コシの強さとなめらかさを実現するためにタンパク質含有量の高いラーメン専用粉を使用し48時間低温熟成させて麺を仕上げています。
食べた感想はすこしもっちりした感じがして口当たりのよい麺でスープの絡みもよい感じです。
ホタテエキスが麺に配合されておりほのかにホタテの風味が感じられました。

スープは魚介エキス、畜肉エキス、魚醤等をブレンドしたしょうゆ味スープです。
しお味と違ってスープの成分表示にホタテエキスが明記されていませんが魚介エキスの中にホタテエキスが含まれているのでしょうか。
すっきり系で少し濃い目のおいしいスープに仕上がっています。

今回はデパートで開催されていた北海道物産展で購入しましたが、北海道の空港のおみやげ物店でも販売されているのを見かけた事があります。
それほど広範囲に流通しているようでもないのですが、ふとした機会に目にする事があるかもしれません。
ネット通販も行われているようです。
ごちそうさまでした。

StyleONE 天ぷらそば

「StyleONE 天ぷらそば」



推奨調理時間 熱湯3分 内容量 74g(めん55g)  357kcal 食塩相当量 4.3g

StyleONEはユニーグループホールディングスとイズミヤ、フジのPBブランドです。
カップ麺も以前から存在していましたが最近リニューアルや新商品の導入が行われ、この商品も以前にはなかったものです。
コンビニのサークルKサンクス向けの縦型カップで製造は日清食品です。
このシリーズにはきつねうどんもありますが、今回は天ぷらそばを紹介します。



カップの中に具材、麺、スープがあらかじめセットされておりお湯を注ぐだけで作ることができるシンプルなスタイルです。
お湯を注いで3分で出来上がります。



出来上がりはこのような感じになりました。
ふたを開けてほぼそのままの状態で撮影しました。
実際食べるには麺をほぐすためにしっかり混ぜる必要がありそうです。

麺は少し細い感じの縮れの少ないタイプです。
ザラりとしておらず、口当たりはなめらなか感じです。
ほどよいかたさに仕上がっておいしく楽しめました。
量は物足りなさを感じさせないレベルだと思いました。

具は天ぷらとねぎです。
ねぎの量は少し多めです。
天ぷらもカップのサイズの割には大きく感じました。
時間がたつとつゆがしみてふんわりとやわらかくなります。



つゆはかつお風味が少し強く感じられる醤油味です。
そこに天ぷらの油分が加わっているので少し濃い目に感じられます。

シンプルに作ることができる縦型カップの天ぷらそばで量もまずまずなのでおいしく楽しめる一杯です。
コンビニ価格なので割安感がそれほどないと感じる方もいるかと思いますが、満足できる仕上がりになっていると思いました。
ごちそうさまでした。


サッポロ一番 頂 醤油味

「サッポロ一番 頂 醤油味」


推奨調理時間 ゆで3分 内容量 107g(めん80g) 329kcal 食塩相当量 7.1g ノンフライ麺

サッポロ一番から袋麺注目の新製品、「頂(いただき)」シリーズが登場しました。
マルちゃん正麺の大ヒットに触発されてなのかどうなのかここのところ大手各社から新タイプの袋麺がたくさん登場していますが、サッポロ一番からも「麺の力」シリーズが登場していました。
しかし、サッポロ一番の袋麺で最高峰に位置する「頂」シリーズが堂々の新登場となったのです。
いままでのサッポロ一番の袋麺とは違ってノンフライ麺を採用しての登場です。
W生(生仕立てめん)×(生醤油仕立てスープ)仕立てのごちそうラーメンと銘打った一杯です。



袋の中には麺とスープの素が入っています。
スープは液体タイプのもので、麺はノンフライタイプのものを採用しています。



出来上がりはこのような感じになりました。
あえてトッピングはねぎだけにしています。

麺はノンフライ生仕立て麺とのことです。
なめらかさはなかなかなものですが、少しやわらかい感じに仕上がりました。
ノンフライ麺の特性なのかコシは強めです。
食感は従来のサッポロ一番の油揚げ麺と比べるとかなり生麺に近いですが、まだリアルな生麺には若干及ばないかなと感じました。
好みに合わせるにはゆで時間を少し工夫したほうがよいのかもしれません。

スープは醤油の3割に生醤油を使用した液体スープです。
醤油、香味油、鶏脂、香辛料、ポークチキン野菜エキスなどがブレンドされて仕上がっています。
落ち着いたあっさりした感じの醤油味スープです。
少し甘みを帯びたような感じの味わいで上品な感じもしますがちょっと大人しい感じもします。
新製品だからと言って攻撃的な味ではなく万人受けを狙う方向性のようです。
でもそれがゆえに強い印象が残らない様にも思います。
落ち着いた味ながら少し食塩相当量が多いのは意外です。

満を持して登場した頂シリーズ、袋麺戦争ともいえるような現状に後発で参入して先に投入された「麺の力」シリーズと自社間での競合も予想されますが、今回登場した「醤油味」「塩味」のほかにもっとバリエーション展開していくのか、種類を絞ってがんがん売り込んでいくのか注目されるところです。
今回の醤油味は上品で落ち着いた感じに仕上がっていますが、もっとインパクトの強い味のものも食べてみたい気がしました。
同時に発売になった「塩味」も入手しているので近いうちに紹介したいと思います。
ごちそうさまでした。

 | ホーム | 

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

オケラ

オケラ

カップ麺を中心に麺類を紹介するブログを書いています。
コメントも随時募集中です。
みなさんどうぞよろしくお願いします。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。