オケララーメン

カップラーメンを中心に、私の独断と偏見で記事を書いてゆきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日清 AFURI 限定鶏塩らーめん

日清 AFURI 限定鶏塩らーめん」



推奨調理時間 熱湯3分 内容量 95g(めん80g) 442kcal 食塩相当量 5.6g

東京を中心に店舗展開している人気店AFURI阿夫利)が日清とコラボして世に送り出す限定の一杯です。
縦型ビッグサイズなのでボリュームも期待できそうな鶏塩らーめんです。



ふたの上に添付されている特製香り油です。



カップの中はこのような感じです。
麺とスープの素、具材があらかじめセットされています。
お湯を注ぎ3分で出来上がります。
香り油はふたの上であたためておくのも良さそうです。



出来上がりはこのような感じになりました。
ふたを開け表面を少し整理して香り油を入れた状態で撮影しました。
まだ麺をしっかりほぐしていないので食べる前によく混ぜて麺をほぐしました。

麺は油揚げ式の中細ストレートタイプです。
ビッグサイズのカップに80gの量なのでボリューム感は高いと思います。
もっちりした感じとは少し違った食感の麺に仕上がっており、おいしいのですがかんだ時に麺がプツリと切れる様な感じの食感は好みがわかれるところだと思います。

スープはチキンエキス、香味油、魚粉、魚介調味油、魚介エキス、豚脂、香味調味料、コンブエキス、ゆず、香辛料、椎茸エキスなどを合わせた塩味仕立てです。
ふたを開けた時に魚粉の香りが少し鼻につくくらいに強かったのですが、香り油を入れると一変し魚粉の香りがおさまりました。
食べ進めているうちにほんのり香るゆずの香りは印象的です。
鶏と魚介、コンブなどのだしがきいたあっさり系の塩味スープに仕上がっています。

具は味付鶏肉、かまぼこ、味付メンマ、ねぎです。
見た目にはボリューム感があまり感じられず上品な感じに見えましたが、鶏肉のカットは意外に大きめでしっかりした存在感のあるもので十分満足感がありました。

縦型ビッグサイズで量も満足できるレベルの一杯ですが、ガッツリという感じではなく綺麗にまとまった感じの一杯です。
スープもあっさり系の味で落ち着いた塩味とゆずのほんのりした香りが印象的です。
ただ最初に感じた魚粉の香りが香り油でぼやけてしまったのは残念に感じる向きもあるかもしれません。
限定品らしいので興味のある方はお早めにコンビニなどを覗いてみてはいかがでしょうか?
ごちそうさまでした。

スポンサーサイト

トップバリュ 魚介と野菜のコクのあるスープ ちゃんぽん

トップバリュ 魚介と野菜のコクのあるスープ ちゃんぽん



推奨調理時間 熱湯3分 内容量 79g(めん60g) 325kcal 食塩相当量 4.9g

イオングループのPBブランドとしておなじみの「トップバリュ」の縦型カップ麺です。
イオングループはPBの開発にはかなり熱心でカップ麺においてもこれでもかというくらいPB商品が発売されています。
今回は縦型カップ麺のちゃんぽんを紹介します。
食べ応えのある太めんとキャベツなどの5種類の具材入りがセールスポイントです。
製造は山口県にある某大手メーカーの工場です。



カップの中にはシンプルな縦型カップ麺らしく、麺、具材、スープの素があらかじめセットされています。
ここにお湯を注ぎ3分で出来上がります。




出来上がりはこのような感じになりました。
ふたを開け表面を軽く整えた状態で撮影しています。
まだ麺をほぐしていないので食べる前にはしっかり混ぜています。

麺は大豆食物繊維を配合した縮れつきの油揚げ麺です。
見た目にはヌードル麺に見えますが3分たった仕上がり時にヌードル麺のようなやわい感じではなく少しかためな感じになりました。
食べ応えのある太めんとのセールスコピーの通り、もっちりした食感で太めんの食べ応えを感じるものに仕上がっています。
麺の量は60gと縦型カップ麺の標準的なレベルですが、量以上の満足感がありました。

具はキャベツを中心とした5種類で、味付いか、かまぼこ、コーン、にんじんが入っています。
ピンクの平べったいかまぼこがちゃんぽんのイメージをうまく演出しています。
野菜とかまぼこが中心なのですが、量は少ないながらも大きめカットのいかも存在感があるのは嬉しいところです。

スープは豚・鶏エキス、粉末油脂、魚介エキス、香味調味料、香辛料などを合わせた白湯スープです。
コクとまろやかさが感じられる少し濃い目の味付でちゃんぽんのスープのイメージを演出しています。
しかしちょっとどこか人工的な風味を感じてしまったのが残念なところです。

お手頃価格で楽しめるちゃんぽんとしてはうまくまとまった一杯だと思います。
ちょっとスープの風味には改良の余地ありと思うのですが・・・
麺も食べ応えがあり、価格でも頑張っていながら具の見た目がチープ感を感じさせないあたりはなかなかのものです。
トップバリュシリーズは結構頻繁に商品の改廃を行うこともあるのでいつまで入手できるかわかりませんが、ちゃんぽんの好きな方には一度試してみて欲しい一杯です。
ごちそうさまでした。

金ちゃん きつねうどん

金ちゃん きつねうどん


推奨調理時間 熱湯5分 内容量 92g(めん72g) 420kcal 食塩相当量 5.3g

金ちゃんブランドでおなじみの徳島製粉のカップうどんです。
今回紹介するのは丼型タイプのきつねうどんで、先日記事にした肉うどんは姉妹品にあたります。



カップの中にはかやく、油揚げ、先入れ式粉末スープの3袋が入っています。



麺はいわゆるカップ麺のうどんとしておなじみの平打ち風縮れつきのものです。
ここに粉末スープ、かやく、油揚げを入れてお湯を注ぎ5分で出来上がります。



出来上がりはこのような感じになりました。
表面を軽く整理した状態で撮影しました、実際食べるにはしっかり麺をほぐす必要がある状態です。

麺は縮れつきの平打ち風油揚げ麺でカップ麺でおなじみのスタイルです。
もっちり感が強めに出ているようで口当たりが良いものに仕上がっています。
量も72gとレギュラーサイズのカップうどんとしては多めなので満足度は高いと思います。

具は味付油揚げ、かまぼこ、ねぎです。
カップの径が大手メーカーのきつねうどんに比べて広いので油揚げのサイズがコンパクトに見えてしまいますが、しっとりした感じで味が染みた油揚げはおいしく楽しめました。
私はこの油揚げが最大の特徴だと思います。
かまぼこもたっぷり入っています。



スープはこのような感じです。
魚介エキス、魚介粉末、コンブエキス、昆布粉末、しいたけエキス、香辛料などを合わせた醤油味仕立てです。
四国は徳島がお膝元なので味付は西日本風になっており、魚介と昆布のあっさりしただしがきいており、醤油の風味はそれほど強くない感じのすっきりしたものに仕上がっています。

うどんのもっちり感としっとりした感じの油揚げがおいしく楽しめる一杯です。
私の地元周辺では金ちゃんヌードルと比べると扱っているお店が限られているのが残念なところです。
カップうどんファンの方にはおすすめの一杯です。
ごちそうさまでした。

マルちゃん 黄色い博多ラーメン

マルちゃん 黄色い博多ラーメン



推奨調理時間 熱湯3分 内容量 86g(めん65g) 429kcal 食塩相当量 5.3g

マルちゃん黄色い博多ラーメンを紹介します。
1982年の発売当初はテレビCMで赤いきつねと緑のたぬき、そして黄色い博多ラーメンと赤いきつねの姉妹商品としてアピールされていたこともありました。
最近ではミニカップのみの販売となっていたのですが、2014年に引き続き限定販売で発売当初のレギュラーサイズの丼型カップ麺が復活しています。
チャーシューが2枚入っており、コクのあるとんこつスープがセールスポイントの一杯です。



カップの中にはかやく(焼豚)、先入れ式粉末スープ、後入れ式調味油の合計3袋が入っています。



麺は少し細めの縮れつきのものです。
焼豚を除く具材はカップの中にセットされています。
ここにかやく(焼豚)と粉末スープを入れてお湯を注ぎ3分で出来上がります。



出来上がりはこのような感じになりました。
ふたを開け調味油を入れて表面部分を整理した状態で撮影しました。
しっかり麺をほぐし、スープをなじませるためによく混ぜてから食べ始めました。

麺は卵白や粉末野菜、香辛料を練りこんだ細めの油揚げ麺です。
お湯の量などによっては仕上がり時に表面にかたさが残ることもあるので食べる前に麺をしっかりほぐすことをおすすめします。
博多ラーメンを名乗っていますが縮れ麺を採用しています。
量は標準的な丼型カップ麺で満足できる方ならば不満はないと思われます。

具は焼豚、キクラゲ、紅生姜です。
かやくの袋には焼豚が2枚入っており、キクラゲと紅生姜はカップの中にセットされています。
あまりカットが大きくないのでキクラゲと紅生姜の存在感は薄いですが紅生姜の風味は結構感じられます。
2枚入った焼豚の質感は少々チープな感じですがおいしく楽しめました。

スープはポークエキス、豚脂、鶏脂、野菜エキス、香辛料、粉末煮干し等をブレンドした白湯スープです。
コクのあるまろやかで少し濃い目のスープに仕上がっていますが、いわゆるドロドロ、香りの強いタイプのものではなくどちらかと言えばさらっとした感じに仕上がっています。
調味油の風味がしっかりとスープのうま味を引き立てています。

発売開始当初九州以外ではメジャーな存在ではなかったとんこつラーメンが全国的に広く親しまれるきっかけになった一杯だと思います。
最近のちょっと凝った感じでお値段も高めのカップ麺に比べるとかなりシンプルですが、手軽に楽しめておいしく味わえるものに仕上がっています。
昔のを覚えている人には懐かしの一杯ですが、初めてこれを知った人にも古さを感じさせない一杯だと思います。
今回は姉妹品として青いちゃんぽんも同時発売されていますのでそちらも機会があれば紹介しようと思います。
ごちそうさまでした。

日清 行列のできる店のラーメン 新和歌山特濃豚骨しょうゆ

日清 行列のできる店のラーメン 新和歌山 特濃豚骨しょうゆ」



推奨調理時間 熱湯4分 内容量 131g(めん70g) 475kcal 食塩相当量 8.4g ノンフライ麺

日清から発売されている「行列のできる店のラーメン」シリーズが15周年を迎え、感謝15周年とパッケージに記された「新和歌山 特濃豚骨しょうゆ味」が登場しました。
このシリーズでは和歌山編が幾度もリニューアルを経て販売され続けており、かなりの人気であるものと思われます。
「贅沢特濃スープ」がセールスポイントの一杯です。



カップの中にはスープ(先入れ粉末、後入れ液体)の2袋、かやく(チャーシューとその他)2袋の計4袋が入っています。



麺は中細ストレートタイプのノンフライ麺です。
ここに粉末スープとかやくを入れてお湯を注ぎ4分で出来上がります。
液体スープはふたの上であたためておく事が推奨されていますが、できれば湯煎することをおすすめします。



出来上がりはこのような感じになりました。
麺をよくほぐし、液体スープを入れてなじませた状態で撮影しました。
これで食べはじめる事ができる状態です。

麺は大豆食物繊維や醤油、チキンエキスを配合したノンフライタイプの中細ストレート麺です。
なめらかでつるみのある麺に仕上がりました。
歯ごたえもよく食べ応えのある麺です。
麺の量は70gとレギュラーサイズの丼型カップ麺としては多めで満足感は得られると思います。

具はチャーシュー、味付メンマ、魚肉練り製品、ねぎです。
チャーシューの大きさと厚みは印象に残ります。
その他の具は彩りとして存在していると考えてよいかと思います。
本場の和歌山の中華そばの具材は意外とシンプルなので、これくらいでよいのかもしれません。
欲を言えばもう少し1枚あたりは小さくなってもいいのでチャーシューを増量するともっと嬉しくなるのですが・・・

スープはポークエキスを中心に動物油脂、チキンエキス、香辛料、小麦粉、調味油などを合わせたした豚骨醤油味です。
粉末と液体のダブルスープで、粉末スープが味のベースに、液体スープが味の決め手を作る役割を担っています。
液体スープはふたの上であたためておく事が推奨されていますが、冬場は固まっている事が多いのでできれば湯煎したほうがよいと思います。
豚骨スープのまろやかさと醤油の風味が重なって、コクを感じる味わい深いスープです。
ちょっと油っぽさが口に残るのが気になるかもしれませんが、これもおいしさのひとつだと思います。

これを食べるたびに思うのですが、うまく和歌山の味をカップ麺にしている完成度の高い一杯だと思います。
和歌山のラーメンの魅力はこの一杯にとどまらず、まだまだ深いものがあるのですが和歌山の味に興味のある方にはおすすめの一杯です。
ちょっとお値段は高めですが、時々食べたくなる一杯です。
ごちそうさまでした。


みなさまのお墨付き 小海老天そば

みなさまのお墨付き 小海老天そば



推奨調理時間 熱湯3分 内容量 68g(めん55g) 316kcal 食塩相当量 4.1g

西友グループのPBブランド「みなさまのお墨付き」のカップ麺シリーズです。
醤油のきいた甘辛い関東風のつゆで、香ばしい小海老天入りの一杯です。
残念ながら製造メーカーは明記されていません。



カップの中には麺、具、スープの素があらかじめセットされている縦型カップ麺ならではのシンプルなスタイルです。
お湯を注ぐだけで作る事ができ、簡単なのも魅力のひとつです。
ここにお湯を注ぎ3分で出来上がります。



出来上がりはこのような感じになりました。
表面部分を軽く整理した状態で撮影したので、しっかり麺をほぐして食べ始めました。

麺は醤油を配合した油揚げ麺です。
和風ヌードル麺といった感じのちょっと角ばった感じの縮れつき細麺です。
以前に復刻版で食べたことのある日清のカップヌードル天そばの麺がちょうどこんな感じだったのを思い出しました。

具は小海老天ぷら、ねぎ、かまぼこです。
量感はとても良い感じです。
天ぷらも多めに見えます。
ただ小海老天という割には海老の存在感は・・・なのがちょっぴり残念な感じです。



スープは魚介エキス、醤油、豚脂、かつおパウダー、野菜エキス、香辛料、魚介調味油、香味油などを合わせた醤油味仕立てです。
かつおの風味がよくきいた香りの高いものに仕上がっています。
甘辛い感じの味も良い感じです。

お手頃価格で簡単にそばが楽しめる嬉しい一杯です。
小海老天という割には海老の存在感があまり感じられないのはちょっと残念ですが、お手頃価格の割には内容が充実しており十分満足できる一杯に仕上がっていると思います。
私の近くには西友グループの店舗がないのでなかなか手に入らないのですが、簡単に手に入るなら買い置きのラインナップに入れたい一杯です。
ごちそうさまでした。

マルちゃん 正麺 鴨だしそば

マルちゃん 正麺 鴨だしそば



推奨調理時間 ゆで5分 内容量 107g(めん78g) 340kcal 食塩相当量 6.1g ノンフライ麺

生麺うまいまま製法でおなじみのノンフライ麺がセールスポイントのマルちゃん正麺シリーズから限定生産の鴨だしそばが登場しました。
発売開始がかなり前なのでそろそろお目にかかることも少なくなってきていますが、まだ手に入るようなので遅ればせながら記事で紹介します。



パッケージの中には麺のブロックと液体スープの袋が入っています。
麺のブロックは鍋のかたちが丸いものが多いためなのか丸型に整えられています。



出来上がりはこのような感じになりました。
袋麺を記事で紹介する時には基本的にトッピングをシンプルなものにしているので今回もそれに従いねぎだけを入れることにしました。
パッケージにはおすすめ具材として鴨肉やねぎがあげられています。

麺は小麦粉、そば粉、食塩相当量、卵粉などを配合したノンフライ麺そばです。
縮れの少ないストレートタイプの麺はざらつきが少なく口当たりもなめらかに仕上がりました。
やはり生麺のそばに比べると、同じだけのクオリティとまではいかないものの昔の乾麺のそばに比べるとかなりレベルが上がっているのは実感できます。
量も満足できるレベルです。

スープは液体タイプで砂糖、醤油、みりん、魚介エキス、鴨エキス、デーツ果汁、鴨脂、鶏脂などを合わせた醤油味仕立てです。
鴨だしのよい香りがするあっさり系のスープは色が濃い目でコクのあるものに仕上がっています。

袋麺のそばは今まであまり商品化されてこなかったので今でも数えるほどしかお目にかかる事がありません。
スーパーで生麺のそばが比較的安価で手に入り、ラーメンと比べると袋麺の需要が少なかったからなのかもしれません。
ここにきて袋麺の世代交代の動きが出てきて、和風麺にも目が向けられるようになったのは新しい動きなのかもしれません。
この商品は一応限定販売とされていますが、またかたちを変えて登場する可能性もあるのかもしれません。
ごちそうさまでした。

どん兵衛チルド天ぷらうどん

日清 どん兵衛 天ぷらうどん 液体つゆ仕上げ(チルド)」



推奨調理時間 レンジ600Wで5分 内容量 220g(めん170g) 328kcal 食塩相当量 5.6g 電子レンジ調理専用 チルド生タイプ麺

日清食品チルドが販売する電子レンジ調理専用チルドカップの天ぷらうどんです。
どん兵衛ブランドをカップ麺だけでなく、袋麺や冷凍食品、チルド麺など多角的に展開するようになってきた動きの中で登場した商品です。
この商品は麺をカップに入れ、液体つゆと水を注ぎ電子レンジ調理でおいしく楽しめる一杯になっています。



カップの中にはめん、液体つゆ天ぷら(後のせ式)の3袋が入っています。



調理前に麺のパッケージを開けてカップの中に入れるのですが、これはその状態の写真です。
生タイプ麺のうどんならではの麺の太さと厚みがよくわかります。
ここに水と液体つゆを入れてカップごと電子レンジで調理します。



出来上がりはこのような感じになりました。
後のせ天ぷらをのせた状態で撮影しました。
これで食べ始める事ができる状態です。

麺は生タイプ麺です。
麺の厚みと丸みが生タイプ麺ならではのもので、これはまだ乾麺には真似のできないレベルだと思います。
もっともこの麺は生麺としては少し細めなほうだと思いますが・・・
以前このシリーズのきつねうどんを記事で紹介した時には推奨調理時間では少し麺の戻りに不満なところがあったので最初から少し長めに時間を設定して作りました。
そうすると少しやわらかめになりましたが、つゆが染みこんだ口当たりよいうどんに仕上がりました。
麺の量は満足できるレベルだと思います。

具は後のせタイプの小えび入り天ぷらです。
おそらくカップのどん兵衛の天そばと同じものだと思われます。
カリカリの状態が好きな方はつゆに味をしみこ入れてすぐに食べるのもよいですが、つゆに染みこませてやわらかくなった状態が好きな方はしばらく時間を置いてから食べるとよいでしょう。
私はやわらかいのが好きなのでしっかりつゆを染みこませてからいただきました。



つゆはこのような感じです。
米醸造調味料、砂糖、塩、こんぶエキス、かつおエキス、かつお節、調味料などを合わせた醤油味仕立てのものです。
おそらく前に紹介した同じシリーズのきつねうどんのつゆと同じものと思われます。
電子レンジ調理をする前にこの液体つゆをカップに入れ、カップの所定のラインまで水を加え電子レンジで調理します。
かつお風味が主体で醤油味の強い関東風の味付のつゆです。

先日記事にしたチルドタイプのきつねうどんと一緒に販売されていたのでこれも同時に購入したものです。
電子レンジで簡単に調理できて、生タイプ麺のおいしさが味わえるのは魅力的です。
ただし賞味期限が短いことや常温保存ができないなどカップ麺とは性質の異なる部分があるので、カップ麺とはすみわけしていくものと思われます。
ある程度人気が出てきたら西日本向けのつゆバージョンも作って欲しいと思います。
ごちそうさまでした。


セイコーマート 塩ラーメン 深みのあるコク塩

セイコーマート 塩ラーメン 深みのあるコク塩」


推奨調理時間 熱湯3分 内容量 70g(めん60g) 289kcal 食塩相当量 5.3g

北海道を代表するコンビニチェーン、セイコーマートのオリジナル商品です。
オリジナル商品の開発に積極的なチェーンなのでカップ麺もいろいろなオリジナル商品が店頭に並んでいます。
丼型タイプの塩ラーメンで深みのあるコク塩味と謳っています。
鶏ガラに野菜と魚介の旨みがセールスポイントです。



カップの中には先入れ式粉末スープと先入れ式かやくの2袋が入っています。



麺は縮れの少ない感じの中細油揚げ麺です。
ここにかやくと粉末スープを入れ、お湯を注ぎ3分で出来上がります。



出来上がりはこのような感じになりました。
表面部分を整理して撮影しました。
まだ麺をしっかりほぐしていない状態なので食べる前によく混ぜて麺をほぐしています。

麺は醤油、鶏・豚エキス、野菜エキスを配合した縮れの少ないタイプの中細油揚げ麺です。
3分仕上げで少しやわらかい感じに仕上がりました。
あまりコシは強くない感じでつるりと口の中に入っていきます。
量は60gと通常サイズの丼型カップ麺の標準的なレベルです。

スープは鶏油、あさりエキス、ごま、香辛料、オニオンパウダー、植物油脂、ねぎ、シイタケエキス等をブレンドした塩味仕立てです。
少しコクのある味わい深いあっさり系の塩味スープに仕上がっています。

具はキャベツ、ごま、人参、コーン、ねぎ、唐辛子です。
ボリューム感はあまり高くはない感じですが、キャベツのしゃっきり感やコーンの甘みは印象に残ります。

あっさり系で味わい深い塩味スープがおいしい一杯です。
289kcalと比較的カロリー控えめなのも魅力だと思います。
セイコーマートのオリジナル商品なのでお店が近くにないとお目にかかる機会もないかと思いますが、機会があればお試しになってはいかがでしょうか?
ごちそうさまでした。


マルちゃん 大盛わかめ醤油ラーメン

マルちゃん 大盛わかめ醤油ラーメン」


推奨調理時間 熱湯3分 内容量 100g(めん85g) 451kcal 食塩相当量 7.4g

マルちゃん大盛サイズ丼型カップラーメンです。
以前このシリーズで大盛ワンタン塩ラーメンを紹介しましたが、この大盛わかめ醤油ラーメンもメーカーホームページの商品情報には出ていない商品です。
コクのある醤油味スープ味がセールスポイントになっています。
麺は85gの大盛サイズでお手頃価格の一杯です。



カップの中には先入れ式の粉末スープとかやくの袋が入っています。



麺は中細縮れ麺で大盛サイズです。
大盛サイズなので麺はたっぷり入っています。
同シリーズの塩味とは違いかやくは別袋になっており、カップの中にセットされていません。
ここにかやくと粉末スープを入れてお湯を注ぎ3分で出来上がります。



出来上がりはこのような感じになりました。
表面を軽く整理してスープの溶け残りなどをなくした状態で撮影しました。
撮影時には表面部を除き麺をほぐしていないので食べる前にしっかり混ぜて麺をほぐしています。

麺は粉末野菜、香辛料を配合した中細縮れつき油揚げ麺です。
おそらく前に紹介した塩味と麺自体は同じものだと思われます。
3分経過してしっかりほぐした後は、ほどよいかたさで少しもっちりした感じになりました。
大盛サイズなのでボリューム感は満点です。

スープはポークエキス、粉末野菜、香辛料、ねぎ、フライドオニオン、香味油脂などをブレンドした醤油味仕立てです。
少し見た感じの色が濃い目です。コクがあり、醤油の風味が強めに出ているスープです。

具はわかめ、コーン、ごまです。
わかめは出来上がり時には広がるのでボリューム感があります。
またコーンは少し甘めの味が出ているのが印象的です。
具材の量については、どちらかと言うと価格指向の商品のようなので価格相応だと思います。

お手頃価格の大盛サイズなのでたくさん食べたい時には重宝する一杯です。
少し濃い目の醤油味スープが印象に残りました。
ごちそうさまでした。

CGC つるっとなめらかとんこつラーメン

CGC つるっとなめらかとんこつラーメン」



推奨調理時間 ゆで3分 内容量 90g(めん80g) 403kcal 食塩相当量 4.1g

全国の有力地域スーパーが加盟するCGCグループのオリジナル袋麺です。
九州の味にこだわったコク旨スープがセールスポイントで特製油が添付されています。
製造はマルちゃんでお馴染みの東洋水産です。



パッケージの中には麺のブロックと粉末スープ、そして特製油が入っています。



出来上がりはこのような感じになりました。
このブログの記事で袋麺を紹介する場合にトッピングをシンプルにしているため、ねぎだけにしています。
パッケージに書かれたおすすめ具材としては、お好みの野菜やチャーシューがあげられています。

麺は中細縮れつきの油揚げタイプです。
九州風のイメージを出すなら細麺の縮れが少ないタイプにして欲しいところですが、コストの関係などもあるのか一般的な袋麺によくありがちな縮れ麺になっているのでしょうか?
つるっとなめらかな食感はまさに商品名の通りです。
麺の量は80gで、満足できるだけの量だと思います。

スープは植物油、塩、豚脂、ポークエキス、野菜エキス、砂糖、ごま、醤油、香辛料などが配合された白湯スープです。
あまり臭みのないまろやかな豚骨スープに仕上がっています。
ドロドロ系ではなくコクはありながらさらっとした感じのものです。

お手頃価格でコクのあるとんこつスープが特徴的な一杯です。
基本的に5個パックで販売している事が多いので、なかなか1個売りしているお店が少なく試し買いには苦労するかもしれません。
CGCグループは各地域の中堅スーパーが加盟している事が多いようです。
地域的には若干偏りがあるかもしれませんが、みなさんの近くで見かける事もあるかと思います。
機会があればぜひお試しを。
ごちそうさまでした。

日清 どん兵衛 かき揚げ天ぷらうどん

日清 どん兵衛 かき揚げ天ぷらうどん


推奨調理時間 熱湯5分 内容量 101g(めん70g) 468kcal 食塩相当量 5.3g

日清どん兵衛シリーズのかき揚げ天ぷらうどんです。
一時期どん兵衛シリーズでは北海道を除き天ぷらうどんが姿を消していたのですが、特盛タイプに続きレギュラーサイズのかき揚げ天ぷらうどんが再度登場しています。
なぜか特盛サイズとカップのカラーデザインが違うのは他のどん兵衛シリーズにはない特徴です。



カップの中には後乗せ式のかき揚げ天ぷらと先入れ式の粉末スープが入っています。



麺はもうすっかりおなじみになったストレートタイプのニッポンのうどんと称するものです。
ここに粉末スープを入れてお湯を注ぎ5分で出来上がります。



出来上がりはこのような感じになりました。
フタを開け麺をしっかりほぐしながらスープをなじませ、後乗せのかき揚げ天ぷらを入れて撮影しました。
これで食べ始める事ができる状態です。

麺はどん兵衛シリーズではおなじみのニッポンのうどんが称するストレートタイプの油揚げ麺です。
この麺は少し調理時間を切り上げて食べ始めるとうまく仕上がっていないような感じがすることもありますが、5分間待つと口当たりのよい少しもっちり感のあるものに仕上がります。
量はなぜかきつねうどんより4g少ない70gですが、この4gの差は量感にはあまり影響ないと思います。
実際食べた時も少ないと思う事はありませんでした。
実際どうかわかりませんが天ぷらの方がコストが高いので麺をの量で調整しているのでしょうか?

具はかき揚げ天ぷらです。
後乗せタイプなのでさっくりした感じが好きな方にはぴったりだと思います。
スープが染みたやわらかいのが好きな方はしっかりとスープに漬け込み最後に食べるのをおすすめします。
また、標準的な作り方ではありませんが先乗せにして作ってみるのもいいかもしれません。



スープはこのような感じです。
カツオパウダー、ねぎ、コンブエキス、コンブパウダー、香辛料、植物油脂などを合わせた醤油味仕立てです。
東西のスープをわけずに販売している商品なのですが、かつおだしの香りがするものに仕上がっています。
醤油の味はどん兵衛きつねうどんの東タイプのものよりは濃くない感じですが、かき揚げから染み出す油が少し強いのでくどい感じにならないようにしているのだと思います。

メーカーの商品情報にも書いてありましたが、どん兵衛シリーズから天ぷらタイプのうどんが消えていた間も復活の要望が結構あったようです。
個人的には北のどん兵衛のようにかき揚げタイプではない天ぷらの方が好きなのですが、天ぷらうどんが食べたいと思った時に気軽に食べられるので天ぷらうどんファンには嬉しい一杯になると思います。
ごちそうさまでした。


みなさまのお墨付き しょうゆラーメン

みなさまのお墨付き しょうゆラーメン」


推奨調理時間 ゆで3分 内容量 87g(めん80g) 377kcal 食塩相当量 5.8g

大手スーパーマーケットチェーン西友PBブランド「みなさまのお墨付き」の袋麺です。
今回はしょうゆラーメンを紹介します。
香味野菜の風味豊かなあっさり醤油味をセールスポイントにした一杯です。



パッケージの中には麺のブロックと粉末スープが入っています。
麺ブロックは四角に整形されており一般的な袋麺と同じイメージです。



出来上がりはこのような感じになりました。
袋麺を記事で紹介する時はできるだけトッピングをシンプルにすることにしているので、今回もねぎだけトッピングしています。
パッケージにはおすすめ具材として焼豚、たまご、野菜、メンマなどがあげられています。

麺は縮れつき中細油揚げタイプのものです。
袋麺ではよくあるスタイルのもので麺自体に何か特徴的なものはないと思われます。
麺の量は80gあり、ボリューム感は申し分ないと思います。
口当たりなめらかな麺に仕上がっています。

スープは香辛料、粉末野菜、ポークエキス、植物油脂などをブレンドした醤油味仕立てのものです。
あっさりした醤油味スープにコクのある独特の風味がプラスされた特徴のあるスープに仕上がっています。
この独特の風味が香味野菜によるものなのでしょう。
私にはちょっとクセになりそうな味に感じられました。

お手頃価格でおいしく楽しめる一杯です。
お店では基本的に5個パックでの販売となるようなので、ちょっと試しにひとつというのは難しいかもしれません。
私の日常行動範囲には西友のお店がないので、ちょっとお出かけした時にしか買えないのが難点ですがまた食べてみたい一杯です。
お近くに西友(またはその関連店舗)がある方はおなじみかもしれませんがお試しになってはいかがでしょうか?
ごちそうさまでした。

ニュータッチ 凄麺 佐野らーめん

ニュータッチ 凄麺 佐野らーめん」


推奨調理時間 熱湯4分 内容量 115g(めん62g) 345kcal 食塩相当量 5.9g 平打ちノンフライ麺

ニュータッチ凄麺シリーズの佐野ラーメンを紹介します。
下野の国佐野らーめん会推奨のカップ麺で独自製法の平打風ノンフライ麺を採用した一杯です。



カップの中にはレトルト具材、先入れ式乾燥具材、後入れ式液体スープの3袋が入っています。



麺は平打風ノンフライ麺です。
ここに乾燥具材を入れ、お湯を注ぎ4分で出来上がります。
液体スープはフタの上であたためておく事が推奨されていますが、手間をかける事ができればレトルト具材と一緒に湯煎する事をお勧めします。



出来上がりはこの様な感じになりました。
麺をしっかりほぐした後に液体スープを入れてなじませ、レトルト具材をのせた状態で撮影しました。
これで食べ始める事ができる状態です。

麺は大豆食物繊維を配合した平打風ノンフライ麺です。
この平打風麺が佐野らーめんの特徴で、そのイメージをうまく再現しています。
少しコシが強めの麺は口当たりがよく、もっちり感を楽しめます。
麺の量は62gで丼型カップ麺の平均的なレベルの60gよりは少しだけですが多くなっていますが、おいしく味わえるのでもう少し食べたくなるかもしれません。

スープは動物油脂、チキンエキス、塩、ポークエキス、香辛料、酵母エキス、煮干粉末、植物油脂などを合わせた醤油味仕立てのものです。
色は少し薄めであっさり系の醤油味スープです。
動物系と煮干を合わせたスープは少し甘辛い感じで独特の風味を感じます。

具は味付豚肉、メンマ、ねぎなどです。
肉とメンマはレトルト具材になっています。
少し肉はペラペラな感じもしますが、レトルト具材ならではの質感の良さはなかなかのものです。

佐野らーめんも有名にはなってきたと思いますが、まだまだ全国区とまではいかないようにも思います。
このような商品が継続して販売されていくことで佐野らーめんの存在と魅力が伝わっていくことを願っています。
あっさり系で独特の風味を感じるスープと平打風の麺がおいしく楽しめる一杯です。
私も機会があれば佐野をまた訪れてみたいと思います。
ごちそうさまでした。

セブンプレミアム スープが決め手のちゃんぽん

セブンプレミアム スープが決め手のちゃんぽん



推奨調理時間 熱湯4分 内容量 71g(めん53g) 288kcal 食塩相当量 3.8g スチームノンフライ製法

セブンアンドアイグループのPBセブンプレミアム縦型カップ麺です。
この商品はセブンアンドアイグループのうちコンビニのセブンイレブン向けに開発されたものです。
野菜のうま味が利いたまろやかスープが自慢の一杯です。
明星食品との共同開発商品で麺には明星食品の独自製法であるスチームノンフライ製法が採用されています。



ふたの上に調味油が添付されています。



カップの中にはめん、スープの素、具材があらかじめセットされています。
ここにお湯を注ぎ4分で出来上がります。
調味油はふたの上であたためておくことをおすすめします。



出来上がりはこのような感じになりました。
調味油を入れ、表面を軽く整理した状態で撮影しました。
食べる前にはカップの底までしっかり混ぜておく事が推奨されているので、それに従い食べ始めました。

麺は明星の独自製法であるスチームノンフライ製法を採用した丸みを帯びた少し太目のものです。
見た目は九州のチャンポンめんのイメージが感じられます。
もっちりしていながらしっかりした食感の麺に仕上がりました。
食べ応えのある麺で適度なコシとなめらかな口当たりがおいしさを感じさせてくれます。
量は53gと控えめなのですが意外と物足りなさは感じませんでした。

スープは豚・鶏エキス、ラード、塩、粉末油脂、香味油、香辛料、魚介エキス、香味調味料などをブレンドした白湯スープです。
コクのあるまろやかなスープで、濃い目ながらすっきりした感じがおいしく感じました。
スープが決め手と商品名にもあるように、スープには力が入っているように感じました。

具はキャベツ、味付いか、味付えび、かまぼこ、人参です。
具材の構成は野菜と魚介の組み合わせでちゃんぽんらしさがよく出たものになっていますが、ちょっと量感は寂しげに感じてしまうのは残念なところです。
ある程度お値打ち価格にすることも重要な要素なので仕方のない部分もあるのでしょうが、ちゃんぽんは具材がたっぷりしているのも魅力のひとつだと思うのでもう少し頑張ってほしいところです。

ノンフライ麺を採用し、スープにも力を入れるなど価格指向のPB商品とは一線を画し商品の価値を訴求したものになっています。
実際スープや麺はおいしく楽しめ、ちゃんぽんのイメージを十分に感じる事ができるものに仕上がっており量の割には少しお値段も気になりますが食べてみると納得できると思います。
ちょっと量が控えめなので物足りなく感じる方もスープを最後まで味わうならば十分満足できると思います。
私の地域のセブンイレブンではこれを扱っているお店が少ないのですが、地域的な好みの差もあると思いますのでセブンイレブンのお店をこまめに覗いてみれば目にするかと思います。
ごちそうさまでした。

金ちゃん ヌードルちゃんぽん

金ちゃん ヌードルちゃんぽん




推奨調理時間 熱湯5分 内容量 77g(めん60g) 344kcal 食塩相当量 4.3g

四国は徳島うまれの金ちゃんヌードルシリーズのちゃんぽんです。
以前から発売されていましたが、リニューアルしているようでパッケージのデザインが以前のものとはかなりイメージの異なるものになっています。
また推奨調理時間も5分に変わっています。



カップの中には粉末スープ(先入れ)とかやくの2袋が入っています。
縦型カップ麺なのにかやくやスープが小袋に入っています。



麺は丸みを帯びた縮れつきのものです。
前バージョンの麺より少し太麺になったような感じです。
推奨調理時間が5分に延びたのもこのあたりが影響しているのでしょうか?
ここに粉末スープとかやくを入れ5分で出来上がります。



出来上がりはこのような感じになりました。
ふたを開けて表面を整理した状態で撮影しました。
この時はまだ麺をほぐしておらず、食べる前にしっかり混ぜて麺をほぐしています。

麺は丸みを帯びた縮れのついた少し太めの油揚げ麺です。
麺が太めなので5分仕上げになっているのですが、5分の仕上がり時でも結構かたい感じが残っているのでしっかり混ぜて麺をほぐさないとちょっと食べづらいかもしれません。
その分食べ応えがあるように感じられます。

スープは豚・鶏エキス、魚介エキス、香辛料、野菜エキス、粉末油脂、粉末しょうゆ、魚醤等をブレンドしたものです。
縦型カップ麺にしては珍しく、スープは小袋に入ったものなのですが粉末の量が結構多かったのは少し驚きました。
まろやかでコクのあるスープがおいしく楽しめます。

具はキャベツ、味付いか、コーン、かまぼこです。
具材の構成は野菜が中心になっています。
いかはよく目を凝らして探さないと見つける事ができませんでした。
もう少し具のボリューム感が高いと満足度がさらにアップしそうです。

食べ応えのある太めの麺とコクとまろやかさのあるスープがちゃんぽんのイメージをうまく再現していると思います。
もう少し具だくさんだとさらにちゃんぽんの雰囲気が楽しめるようになると思います。
ごちそうさまでした。


エースコック カレーうどん○旨

エースコック カレーうどん◯旨」




推奨調理時間 熱湯3分 内容量 70g(めん50g) 329kcal 食塩相当量 4.8g

エースコックの◯旨シリーズのカレーうどんを紹介します。
特製固形ルゥを使用しています。
野菜や肉の旨みを閉じ込めた固形ルゥが麺に絡んで旨いのがセールスポイントです。



カップの中に麺や具材そしてカレールゥがセットされています。
この一杯の大きなポイントであるカレールゥは固形の大きなものでひときわ目立ちます。
ルゥをめがけてお湯を注ぎ3分で出来上がります。



出来上がりはこんな感じになりました。
フタを開け、軽く表面を整理した状態で撮影しました。
実際食べるにはしっかりと麺をほぐしスープをなじませる必要があります。

麺は鶏、豚エキス、野菜エキスを配合した油揚げ縮れ麺です。
いわゆるカップうどんの麺と言われる平打ち風のスタイルですが、3分で仕上がるように厚みなどは控えめになっている感じがします。
仕上がり時にはあまりコシは強くない感じになりました。
量は50gと控えめですが、スープもしっかり味わうとちょうど良い感じのボリューム感だと思います。

スープはカレールゥの固形タイプです。
麺に配合されている鶏や豚、野菜のエキスがしみでてカレールゥと混ざり合って味を作り出します。
後味としてほんのりと口の中に辛味が残るのが印象的なカレースープです。

具は鶏豚味付肉そぼろ、玉ねぎ、人参、油あげ、ねぎです。
具材は全体的にコンパクトなサイズにカットされておりちょっと寂しく感じてしまうかもしれません。

手軽においしいカレーうどんが楽しめて、お手頃価格で手に入る嬉しい一杯です。
少し量は控えめにも感じますが最後までおいしく楽しめるスープも味わうと満足できると思います。
ごちそうさまでした。

ベイシア しょうゆラーメン

ベイシア しょうゆラーメン」


推奨調理時間 ゆで3分 内容量 83g(めん75g) 359kcal 食塩相当量 6.1g

群馬県を中心に幅広くチェーン展開するベイシアPB商品の袋麺です。
つるっともちもち麺がうまいをセールスコピーにしており、ポークとチキンのコク深い醤油スープが特徴の一杯です。
製造は大黒食品工業です。



パッケージの中に麺ブロックと粉末スープが入っています。
麺のブロックは袋麺では標準的な角ばった形に作られています。



出来上がりはこの様な感じになりました。
袋麺を記事で紹介する場合はできる限りシンプルなトッピングにとどめているため、ねぎだけを入れています。

麺は中細麺縮れ付で油揚げタイプのものです。
特にこれと言って麺に特徴があるわけでもなさそうです。
つるりとしてもっちり感があるのはセールスコピーの通りです。
量感もよく満足感は得られると思います。

スープは香辛料、チキンエキス、オニオンパウダー、ポークエキス、香味油などを合わせた醤油味仕立てのものです。
香りの良いあっさり系の醤油味スープです。
香辛料の風味を強くしているような感じもなく、だしのうまみと醤油の風味のバランスも良いと思います。
幅広く親しまれるような感じの落ち着いた醤油味スープです。

具は入っていませんが、パッケージに記載されたおすすめ具材としてはチャーシュー、メンマ、のりなどがあげられています。

どちらかと言うと価格重視の方向にあるPB商品だからなのか、あまり冒険した味付ではなく多くの人がイメージする醤油味インスタントラーメンという感じのものに仕上がっています。
安いから買ってみたけどちょっと残念な感じだったと思うことはないと思います。
これが食べたいと指名買いするかと言われるとその域にはまだ達していないと思いますが、何か食べたい時用の買い置きには重宝すると思います。
ごちそうさまでした。



明星 味の三代目 ごま油香るしょうゆ味

明星 味の三代目 ごま油香るしょうゆ味



推奨調理時間 熱湯3分 内容量 70g(めん60g) 310kcal 食塩相当量 5.3g

明星味の三代目シリーズはずっとここにある味をイメージした鶏ガラ風味の一杯です。
今回はごま油香るしょうゆ味を紹介します。
丼型タイプのカップ麺でごま油の風味が香る味がセールスポイントの一杯です。



カップの中にはかやくと先入れ式粉末スープの2袋が入っています。



麺は縮れ付き中細タイプの油揚げ麺です。
ここに粉末スープとかやくを入れ、お湯を注ぎ3分で出来上がります。



出来上がりはこのような感じになりました。
ふたを開け表面を軽く混ぜて見た目を整えた状態で撮影しました。
実際食べるにはしっかりと麺をほぐす必要があります。

麺は中細タイプの縮れつき油揚げ麺です。
3分たった時には少しかたい感じに仕上がりました。
以前紹介したこのシリーズのしお味と麺に違いはなさそうなのでお湯の温度やほぐし方など微妙なコンディションの違いがある程度影響しているものと思われます。
量も60gと丼型タイプのカップ麺としては平均的なレベルです。

スープは香味油、チキンエキス、香味調味料、香辛料、貝エキス、野菜エキスなどがブレンドされた醤油味仕立てのものです。
ごま油の風味がよい感じに食欲を誘う落ち着いた感じの醤油味スープに仕上がっています。
鶏がらラーメンとあるようにチキンエキスがメインですが、貝や野菜のエキスの旨みもきいており味わいを深めています。
だだしちょっとオイリーな感じが気になる方もいるかもしれません。

具はチンゲン菜、味付卵、豚・鶏味付肉、ごま、人参、ねぎです。
それなりに彩りが良いように感じます。
ただし個々の具材は細かいものが多く、具を楽しむには少し残念な感じがするかもしれません。

香りのよいスープで手軽に楽しめる醤油ラーメンとしてうまくまとまった一杯だと思います。
ただ少し具材が細かいので、具を楽しむにはちょっと厳しいかもしれません。
お手頃な価格になっているので多くを求めるのも難しい話ではありますが・・・
明星食品のホームページの商品情報には出ていない商品なので、あまり詳しくはわからないのですが特定のチェーン向けの限定商品なのかもしれません。
ごちそうさまでした。


日清 どん兵衛 きつねうどん 液体つゆ仕上げ(チルド)

「日清 どん兵衛 きつねうどん 液体つゆ仕上げ(チルド)」


推奨調理時間 レンジ600Wで5分 内容量 230g(めん170g) 271kcal 食塩相当量 5.8g 電子レンジ調理専用 チルド生タイプ麺

日清食品チルドが販売する電子レンジ調理専用のどん兵衛きつねうどんです。
日清グループではどん兵衛ブランドを従来のカップ麺だけでなく、袋麺や冷凍食品、チルド麺など多角的な展開を進めてきています。
これは麺をカップに入れ、液体つゆと水を注ぎ電子レンジ調理でおいしく楽しめる一杯になっています。



カップの中にはめん、液体つゆ、かやく(後のせ)、油揚げ(後のせレンジ調理不可)の4袋が入っています。



調理前の準備として麺のパッケージを開け、カップの中に入れた状態を撮影しました。
カップ麺のような乾麺と比べて生タイプ麺は太さと麺の厚みが違うのがよくわかります。
ここに水と液体つゆを入れてカップごと電子レンジで調理します。



出来上がりはこのような感じになりました。
後のせかやくと油揚げをのせた状態で撮影しました。
これで食べ始める事ができる状態です。

麺は生タイプ麺です。
麺の厚みと丸みはまだ通常のカップ麺などの乾麺には真似のできないレベルだと思います。
この麺はまだ生タイプのうどんとしては細いほうではありますが・・・
最初推奨調理時間で電子レンジから取り出したのですが、麺の仕上がりがいまひとつだったのでもう少し時間をかけて調理しました。
つゆが染みこんでやわらかめの口当たりのうどんに仕上がりました。
麺の量も満足できるレベルです。

具は油揚げとねぎです。両方後のせタイプです。
パッケージの中には油揚げとねぎは別々の袋に入っています。
油揚げは味付した状態で袋に入っていますが、つゆに味をしみこませて食べたほうがさらにおいしいと思います。



つゆはこのような感じです。
米醸造調味料、砂糖、塩、コンブエキス、かつおエキス、かつお節、調味料などを合わせた醤油味仕立てのものです。
液体つゆタイプで、電子レンジ調理をする前にカップに入れ水で薄めて調理します。
かつお風味が主体で醤油味の強い関東風の味付のつゆです。

以前からこのタイプのどん兵衛が販売されているのは知っていましたが、実際にお店で目にしたのはこれを買った時が初めてでした。
電子レンジで簡単に調理できて、生タイプ麺のおいしさが味わえるのは魅力的です。
ただチルドタイプなので賞味期限などはかなり短く、カップ麺のように長期保存はできないためこれがすぐに通常のカップ麺にとってかわる事はないと思われます。
少しつゆの味が濃い目で醤油の風味が強めなので、これの西日本バージョンも作って欲しいと思いました。
ごちそうさまでした。


マルちゃん 親子でがんばるうどん

マルちゃん 親子でがんばるうどん


推奨調理時間 熱湯5分 内容量 75g(めん66g) 332kcal 食塩相当量 4.6g

マルちゃん受験応援シリーズのうどんを紹介します。
もちろん受験するのは子なんですが、それを後ろで支える親の協力もなみなみならぬものがあります。
鶏肉と卵を具材にしたうどん親子が協力て頑張る姿をイメージしています。



カップの中には先入れ式粉末スープとかやくの袋が入っています。



麺は平打ち風の縮れ付油揚げタイプのものです。
いわゆるカップ麺のうどんによくあるスタイルです。
ここに粉末スープとかやくを入れてお湯を注ぎ5分で出来上がります。



出来上がりはこの様な感じになりました。
フタを開けて表面を軽くほぐした状態で撮影しました。
実際食べる前にはしっかり混ぜて麺をよくほぐし、スープをなじませています。

麺はカップ麺のうどんによくあるタイプの平打ち風の縮れ付麺です。
もっちり感があり食べ応えがある麺は赤いきつねシリーズと同じ仕様なのでしょうか?
ただし量は赤いきつねより少し控えめになっていて和庵と同じ66gになっています。

スープは魚介エキス、こんぶエキス、香辛料、ねぎ、植物油、塩などをブレンドした醤油味仕立てのものです。
色は少し薄めですが、味は関西風のものとはかなり違う印象を受けました。
少し塩の風味が強く出ているような感じがしてうどんのスープにしては若干油分も強めに感じ、夜食として食べたら眠気は覚めそうな感じだと思いました。

具は味付チキンダイス、たまご、かまぼこです。
かまぼこは彩りを添える存在として使われているのでしょう。
親子でがんばるという商品名の通り、鶏肉とたまごの親子が協力しておいしさを演出しています。
具のボリューム感もまずまずだと思います。

受験応援商品もカップ麺に限らずここ数年いろんなものが登場していますが、よく毎年アイデアが浮かぶものだと感心させられます。
そろそろ今春の受験シーズンも終盤を迎えていますが、受験生もそうでない人もおいしく楽しめる一杯なのでお店で見かけたら買ってみてはいかがでしょうか?
ごちそうさまでした。


セイコーマート 鶏ガラ塩中華そば

セイコーマート 鶏ガラ中華そば



推奨調理時間 熱湯3分 内容量 71g(めん60g) 323kcal 食塩相当量 4.1g

北海道を中心とするコンビニチェーン「セイコーマート」のPBカップ麺です。
セイコーマート」はオリジナル商品を積極的に開発しており、店内はいろいろなPB商品で溢れています。
カップ麺もその例外ではなく、オリジナル商品がたくさん店頭に並んでいます。
今回紹介する鶏ガラ中華そば縦型タイプの商品で、少し前に販売されていたものです。



カップの中には麺、スープの素、具材がセットされている縦型カップ麺のシンプルなスタイルです。
ここにお湯を注ぎ3分で出来上がります。



出来上がりはこのような感じになりました。
ふたを開け表面を整理した状態で撮影しました。
まだ麺をしっかりほぐしていない状態なので食べる前にはしっかり麺をほぐしておく必要があります。

麺は鶏・豚エキス、野菜エキスを配合した縮れ付きの油揚げ麺です。
いわゆるヌードル麺とは違った感じのもので、3分で仕上がったときにも少しコシのある感じに仕上がりました。
口当たりのよい麺でボリューム感も一般的な縦型カップ麺と同じレベルです。

スープは鶏・豚エキス、でんぷん、魚介エキス、全卵粉、香辛料、植物油脂、醤油などがブレンドされた塩味仕立てのものです。
あっさりした感じに仕上がっており、魚介と動物系のエキスが効いた甘みの中に塩の辛さが感じられる味わい深いスープです。

具はごま、ねぎ、焼豚、メンマです。
丸みを帯びた焼豚はあまり厚みは感じられませんが大きさは良い感じです。
それ以外は全体的に細かい具材が多く、彩りはいい感じです。

お手頃価格でおいしく楽しめる塩味中華そばです。
縦型カップのシンプルなスタイルで手間をそれほどかけることなく作る事ができるのも魅力のひとつと言えるでしょう。
この商品は少し前に買って我が家に在庫として残っていたものを記事にしたものです。
セイコーマートは積極的にPBを開発しているので、もしかしたらもう店頭に並んでいないかもしれませんがいろんなオリジナル商品が並んでいるので覗いてみるのも楽しいと思います。
ごちそうさまでした。

エースコック 茹でたて名人 佐野ラーメンしょうゆ味

エースコック 茹でたて名人 佐野ラーメンしょうゆ味


推奨調理時間 熱湯5分 内容量 84g(めん60g) 267kcal 食塩相当量 5.1g ノンフライ麺

もちもち多加水麺を使用し、栃木県佐野市の島田生麺推奨の麺を使ったエースコック茹でたて名人シリーズのご当地麺バージョンです。
栃木県佐野市のゆるキャラ「さのまる」も応援するおいしさの一杯です。



カップの中には後入れ式液体スープ、かやくの2袋が入っています。



麺は縮れのある平打ち風のノンフライ麺です。
これで見る限り多加水麺かどうかはぱっと見ただけでわからないのですが・・・
ここにかやくを入れ、お湯を注ぎ5分で出来上がります。
後入れ式液体スープはふたの上であたためておくことをおすすめします。



出来上がりはこのような感じになりました。
麺をしっかりほぐし、液体スープを入れてなじませた状態で撮影しました。
これで食べ始める事ができる状態です。

麺は大豆食物繊維を配合した縮れのついた平打ち風のノンフライ麺です。
この平打ち風の麺が佐野ラーメンの特徴を取り入れたものになっています。
仕上がりはかなりもっちりした感じが出ており、これが多加水麺の特徴なのかと改めて感じる事ができます。
量は60gと丼型カップ麺の平均的なレベルは確保されています。
しかしカップが少し大きめなのと麺がもっちりしておいしく楽しめるのでもうちょっと食べたいなと感じるかもしれません。

スープは鶏油、豚脂、植物油脂、鶏・豚エキス、ニボシエキス、黒胡椒、メンマパウダー等をブレンドした醤油味仕立てです。
あっさり系のスープでありながら、ちょっと油分が強めに出ている様にも感じられます。
鶏・豚のだしとニボシのだしを合わせたスープは独特な風味を演出しています。

具は焼豚、メンマ、ねぎです。
ちょっとシンプルすぎる感じがするのですが、佐野ラーメンの麺とスープを楽しむのをメインと考えるならばこれくらいでも良いのかもしれません。

多加水麺のもちもち感がご当地ラーメンのカップ麺の魅力をさらに引き出している一杯です。
佐野のラーメンも有名にはなってきましたが、まだ全国的に高い知名度を誇ると言うほどではないように感じます。
このようなカップ麺を通して佐野のラーメンに注目する人が増えるといいですね。
おいしく味わえる醤油味のスープと平打ち風の麺が印象的な一杯です。
ごちそうさまでした。


トップバリュ 豚とかつおだしの旨み カレーうどん

トップバリュ 豚とかつおだしの旨み カレーうどん


推奨調理時間 熱湯5分 内容量 88g(めん66g) 391kcal 食塩相当量 6.2g

イオングループのPBとしてすっかりおなじみになったトップバリュのカップカレーうどんです。
トップバリュはなぜかカップ麺の商品開発に熱心で定番になったものもあればすぐに消えてしまうものまでいろいろあるようです。
このカレーうどんも最近店頭で見かけなくなったので消えてしまった可能性が高い一杯です。
豚とかつおのだしにカレー粉をブレンドして玉ねぎの甘みを加えたとろみのあるつゆがセールスポイントになっています。



カップの中には先入れ式粉末スープの袋が一つだけ入っています。



麺はカップうどんでよくある平打ち風縮れ麺ではなく、平打ち風ですがストレートタイプのものです。
またコストダウンのためなのか、かやくは袋入りではなく麺と共にカップの中にセットされています。
ここに粉末スープを入れてお湯を注ぎ、5分で出来上がります。



出来上がりはこの様な感じになりました。
フタを開け、表面を整理した状況で撮影しました。
まだ麺をほぐしていない状態なので食べる前にしっかり混ぜて麺をほぐしました。

麺は油揚げタイプで縮れの少ないストレート麺を採用しています。
価格志向の強そうなPB商品でストレートタイプのうどんを採用しているあたりにイオンの意気込みを感じます。
5分でかためで歯ごたえのある感じに仕上がりました。
麺の量はメーカーブランドの価格志向のカップうどんと同じくらいのレベルになっており量感に不満はないと思います。

スープは香味調味料、香辛料、醤油、酵母エキス、ポークエキス、ポテト粉末、かつおエキス、ローストオニオンなどがブレンドされたカレー味仕立てです。
とろみのついたスープはコクがあり、だしの風味もよくきいたものに仕上がっています。
辛さは少しだけ強い感じで、決して激辛ではありません。
口のなかに少し辛味が後味として残るような感じです。

具は味付豚肉、たまねぎ、にんじんです。
あまり具のボリューム感は高くありません。
そのあたりが価格の差となってあらわれる部分なので仕方ない面だと思いますが豚肉に関してはそれなりに目立つ感じに入っていました。

お手頃価格のカレーうどんがあまりなかったのでカレーうどんファンにはおすすめかなと思ったのですが、最近店頭で見かけなくなったのでおそらく商品ラインナップから消えてしまったのだと思われます。
ただトップバリュのカップ麺に関しては商品の改廃が頻繁に行われているので、リニューアルなどを経て突然復活する可能性もあるので再び店頭に並ぶ事を期待したいです。
ごちそうさまでした。

日清 味わいの一品 柚子鶏塩味

日清 味わいの一品 柚子塩味




推奨調理時間 熱湯3分 内容量 69g(めん60g) 314kcal 食塩相当量 4.3g

日清縦型カップ麺味わいの一品シリーズの一杯です。
このシリーズはメーカーの商品情報には出ていないので何種類ラインナップがあるのかよくわからない謎の商品です。
今回は生協のカタログで入手しましたが、スーパーなどの店頭で見た事がないので生協向けの限定品なのかもしれません。
この柚子塩味柚子の風味が効いたすっきり塩味がセールスポイントになっています。



カップの中には麺、スープの素、かやくがあらかじめセットされています。
いわゆる縦型カップ麺の基本的なスタイルなのでお湯を注ぐだけで簡単に作ることができます。



出来上がりはこの様な感じになりました。
フタを開けて表面を軽く整理した状態で撮影しました。
そのため麺は全くほぐしておらず、食べる前にしっかり混ぜて麺をほぐしました。

麺は中細縮れ付きの油揚げタイプです。
いわゆるヌードル麺とは違いコシは弱くない感じに仕上がりました。
スープとの絡みもよく、麺を食べると柚子の香りがたちのぼってきます。
量も60gと標準的なレベルなので満足できると思います。

スープはポークとチキンのエキス、オニオンパウダー、香辛料、豚脂、ゆず、酵母エキスなどをブレンドした塩味仕立てです。
やはり柚子の香りが強く感じられるのですが、その奥にだしの香りが重なって食欲を誘います。
さっぱりした感じの柚子塩味スープに仕上がっていておいしく楽しめます。

具は味付肉、味付卵、ねぎ、ごま、レッドベルペパーです。
ねぎやごまで彩りをつけているので表面いっぱいに具材が広がっていますが、卵と肉は少し寂しげに感じでしまいました。
ただ大きさはそこそこな感じなので食べ応えはありました。
もう少し入っていると満足度は高まりそうですが、価格相応と言えば納得できそうです。

生協向けの限定品のようなので、なかなかお目にかかる機会は少ないと思います。
塩味と柚子の香りが良い感じに楽しめる一杯です。
実際商品を目にする機会があればお試しになってはいかがでしょうか?
ごちそうさまでした。

マルちゃん 匠 清澄だし塩

マルちゃん  清澄だし塩」



推奨調理時間 熱湯5分 内容量 132g(めん70g) 415kcal 食塩相当量 7.4g ノンフライ麺

10周年をむかえたマルちゃんシリーズの一杯です。
スープには「花藻塩」を使用し、すっきりしながらもだしの旨みが広がるコクとキレの「清澄」さがセールスポイントです。



カップの中には先入れ式粉末スープ、後入れ式液体スープ、レトルト具材、あとのせかやくの4袋が入っています。



麺は少し細めに見える縮れのついたノンフライタイプのものです。
ここに粉末スープを入れてお湯を注ぎ5分で出来上がります。
液体スープやレトルト具材はフタの上であたためておく事が推奨されていますが、手間を厭わなければ湯煎しておく事をお勧めします。



出来上がりはこのような感じになりました。
麺をよくほぐし、液体スープを入れてなじませた上であとのせかやくやレトルト具材をのせた状態で撮影しました。
これで食べ始める事ができる状態の写真です。

麺は細めの縮れ付きノンフライタイプです。
見た目の細さから感じられるイメージに反してかなりしっかりした食べ応えのある麺に仕上がっており、ボリューム感もよく感じられます。

スープは鶏、豚エキス、香味油脂、醤油、鶏脂、ラード、コンブエキス、香辛料、魚介エキス、野菜エキスなどを合わせた塩味仕立てのもので、粉末と液体のダブルスープです。
だしの旨みがよく感じられる、すっきり系でかつコクのあるおいしく楽しめるものに仕上がっています。
少し塩分が高めなのが気になる方もいるかもしれません。

具は焼豚、味付メンマ、ごま、ねぎです。
レトルト具材とあとのせかやくの2種類で、焼豚と味付メンマがレトルト具材になっています。
レトルト具材になっているだけあり、肉やメンマのクオリティは高いのですがもう少し味付がしてあった方がよりおいしく感じられそうだと思いました。

少し贅沢なカップ麺を楽しみたい時に良さそうな一杯です。
麺、スープそして具もおいしく楽しめるので満足度は高いと思います。
発売開始から少し経っているのでコンビニ店頭でお目にかかることは少なくなってきましたが、スーパーではまだ見つける事ができると思います。
ごちそうさまでした。

 | ホーム | 

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

オケラ

オケラ

カップ麺を中心に麺類を紹介するブログを書いています。
コメントも随時募集中です。
みなさんどうぞよろしくお願いします。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。