オケララーメン

カップラーメンを中心に、私の独断と偏見で記事を書いてゆきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日清 東京中華そばの名店 多賀野 煮干しょうゆ

日清 東京中華そばの名店 多賀野 煮干しょうゆ」



推奨調理時間 熱湯4分 内容量 114g(めん70g) 423kcal 食塩相当量 7.1g ノンフライ麺

東京の中華そば名店「多賀野」の味をイメージした一杯です。
コンビニチェーンミニストップで不定期的に販売されていますが、また最近店頭に並んでいます。
煮干のうま味を効かせたこだわりの味の醤油スープがセールスポイントの一杯です。



カップの中には後入れ式液体スープ、かやく(先入れ)、焼豚(先入れ)、のり(後のせ)の4袋が入っています。



麺はノンフライタイプの縮れ少ないタイプです。
ここにかやく、焼豚をのせお湯を注いで4分で出来上がります。



出来上がりはこのような感じになりました。
麺をよくほぐし液体スープを加えてなじませ、のりをのせた状態で撮影しました。
これで食べ始める事ができる状態です。

麺はチキンエキスや醤油、大豆食物繊維の配合されたノンフライ中細麺です。
口当たりもよくなめらかな感じで、歯ごたえのある食感に仕上がりました。
麺を食べるときにスープの煮干の香りがしてきて食欲をさらに掻き立ててくれます。
麺量は70gと少し多めなのですが、もうちょっと食べたくなるような感じでした。

具は焼豚、味付メンマ、のり、ねぎ、なるとです。
いわゆる中華そばの具はしっかりおさえている感じですが、焼豚以外は彩りを添える程度のものです。
しかし焼豚は厚みもしっかりして大きく、やわらかい感じでおいしく味わえるレベルの高いものです。

スープは動物油脂(鶏・豚)、チキンエキス、煮干調製油、たん白加水分解物、煮干エキス、塩、野菜調製油、香味油、かつおパウダーなどを合わせた醤油味仕立てです。
あっさり系のスープは煮干の香りが食欲をかき立ててくれると共に適度に浮かんだ背脂がいい感じです。
醤油の風味だけが際立っている感じではなく、だしとうまく調和したスープに仕上がっています。

カップ麺なのでお店の味を忠実に再現というわけには行かないのでしょうが、名店の中華そばをイメージする事ができる一杯に仕上がっていると思います。
幾度となくリニューアルを重ねながら販売を繰り返しているところからも人気の一杯なのでしょう。
地方在住の私にはなかなか実際のお店には足を運ぶ機会がないのですが、東京に行った際に時間があれば食べてみたいと思わせてくれます。
ごちそうさまでした。

スポンサーサイト

マルちゃん カチメン ハットトリック鶏づくししょうゆヌードル

マルちゃん カチメン ハットトリック 鶏づくししょうゆヌードル」



推奨調理時間 熱湯3分 内容量 64g(めん55g) 291kcal 食塩相当量 4.3g

マルちゃんカチメンシリーズの鶏づくししょうゆヌードルを紹介します。
日本サッカー協会公認のサッカー日本代表応援商品です。
ハット「トリ」ックにちなんで、鶏づくしの一杯に仕上げられています。
3つの鶏で勝利を、麺、スープ、具材にそれぞれ「鶏」を使用しています。



カップの中には麺、具材、スープの素があらかじめセットされている縦型カップ麺ならではのシンプルスタイルです。
ここにお湯を注ぎ3分で出来上がります。



出来上がりはこのような感じになりました。
ふたを開けて表面を軽く整理した状態で撮影したので、この状態では麺はまったくほぐしていません。
実際食べる前にしっかり麺をほぐしています。

麺はチキンエキス、粉末野菜、香辛料を配合した油揚げタイプです。
少し味付麺独特の風味が感じられました。
ヌードル麺スタイルなので3分でやわらかめに仕上がると思いましたが結構いい感じに仕上がりました。
55gの麺量は少し控えめな感じもしますがそれほど少ない感じはしませんでした。

スープは塩、香辛料、チキンエキス、たん白加水分解物、植物油などを合わせた醤油味仕立てです。
麺にも味がつけてあるので麺から染み出る風味とスープが合わさっておいしさを作り出していますが、基本的にはチキンべースのシンプルな醤油味スープです。
すっきり系ですが醤油の味は少し濃い目に出ているような感じです。

具は味付鶏肉団子、メンマ、かまぼこ、ねぎです。
肉団子は丸くサッカーのボールを意識したような形のものがいくつも入っています。
かまぼこは残念ながらあまり目立ちませんが、サッカーのボールをイメージしたデザインです。

チキンベースのしょうゆ味ヌードルなのですが、鶏をうまく使ってイメージ作りをしています。
多分もう店頭でお目にかかることはなさそうですが、このカチメンシリーズ日本サッカー協会公認商品という性格上サッカーの大きな大会がある頃にはまた違った形で発売される事が予想されます。
次はどんなアイデアで応援商品を出してくるのか楽しみですね。
ごちそうさまでした。

サッポロ一番 旅麺 会津喜多方醤油ラーメン

サッポロ一番 旅麺 会津喜多方醤油ラーメン」


推奨調理時間 熱湯3分 内容量 86g(めん60g) 324kcal 食塩相当量 5.3g

サッポロ一番旅麺シリーズ、今回は会津喜多方醤油ラーメンを紹介します。
旅麺シリーズもラインナップを少しずつ変えながらリニューアルを繰り返していますが、会津喜多方は人気があるのか販売が続いています。
今回は大幅にパッケージデザインが変更されています。
煮干し、かつおのうまみが絡む平縮れ麺がセールスポイントの一杯です。



カップの中には液体スープ(後入れ)とかやく(先入れ)の2袋が入っています。



麺は油揚げタイプの平打ち風の縮れつき麺です。
この麺は喜多方ラーメンの特徴とも言えるスタイルです。
ここにかやくを入れお湯を注ぎ3分で出来上がります
液体スープはふたの上であたためておくとよいでしょう。



出来上がりはこのような感じになりました。
液体スープを入れて、具が沈まないように注意しながら麺をほぐした状態で撮影しました。

麺は大豆食物繊維を配合した平打ち風縮れつき油揚げ麺です。
カップうどんのような見た目の麺が喜多方ラーメンの特徴で、よくイメージをとらえていると思います。
もちろん麺の味はうどん風ではなく、中華麺の味がします。
量は一般的な丼型カップ麺と同レベルの60gですが、麺の太さもあってかボリューム感は高く感じられます。

スープは後入れ式液体スープです。
塩、たん白加水分解物、ポークエキス、糖類、豚脂、植物油脂、かつお節エキス、酵母エキス、香辛料、煮干しいわし粉末などをブレンドした醤油味仕立てです。
少し醤油の風味が強めに出た感じですがすっきり系で香りもよく落ち着いた味わいを感じさせてくれます。
どこか懐かしい感じのするスープに仕上がっています。

具はチャーシュー、メンマ、ねぎ、なるとです。
醤油味ラーメンの基本の具材をしっかりおさえている感じです。
そう高価格の商品ではないので、具のクオリティはまずまずといった感じだと思います。

喜多方ラーメンの特徴である平打ち風麺をうまく再現しており、ボリューム感があっておいしく楽しめます。
また落ち着いた味わいのスープもどこか懐かしさを感じる味で、醤油ラーメンが好きな方にはおいしく味わえる仕上がりだと思います。
また日ごろあまり醤油味になじみのない方にも醤油ラーメンのイメージを感じるにはよい一杯だと思います。
お手頃価格で喜多方ラーメンの雰囲気を楽しめる嬉しい一杯です。
ごちそうさまでした。



テーブルマーク 東北の味 青森煮干ラーメン

テーブルマーク 東北の味 青森煮干ラーメン」



推奨調理時間 熱湯4分 内容量 102g(めん65g) 302kcal 食塩相当量 6.1g ノンフライ麺

テーブルマーク丼型カップ麺「東北の味」シリーズの一杯です。
今回は青森煮干ラーメンを紹介します。
煮干とかつお、昆布を合わせた特製和風スープがセールスポイントで、麺にはノンフライ麺を採用しカロリーも控えめな一杯です。



カップの中には先入れかやくと後入れ液体スープの2袋が入っています。



麺はノンフライタイプの中細縮れ麺です。
ここにかやくを入れてお湯を注ぎ4分で出来上がります。
液体スープはふたの上であたためておくことをおすすめします。



出来上がりはこのような感じになりました。
具が沈まないように麺をよくほぐし、液体スープを入れてなじませた状態で撮影しました。
これで食べ始める事ができる状態です。

麺は中細縮れつきのノンフライ麺で、4分でほどよいかたさに仕上がりました。
麺にこれといった特徴があるわけでもなく、ごく普通のノンフライ麺といった感じで歯ごたえがしっかりした食べ応えのある麺です。
65gの麺量はほどよく満足感が感じられます。

スープはチキンオイル、ポークオイル、たん白加水分解物、塩、砂糖、かつお節エキス、香味油、いわし煮干粉末、魚醤濃縮物、コンブエキス、酵母エキス、酵母エキスパウダー、香味油などを合わせた醤油味仕立てです。
色は少し濁った感じの醤油風スープという印象を受けます。
香りはそんなに魚介感満載という感じでもないのですが、味は煮干をはじめ魚介風味の強い醤油味スープです。

具はチャーシュー、ねぎ、焼きふ、なるとです。
一般的な醤油ラーメンの具に加え焼きふが入っているのがポイントでしょうか・・・
スープの染みた焼きふがとてもおいしいです。

青森煮干風味ラーメンは最近注目され始めているのかいろいろなメーカーから出てくるようになりましたが、これは比較的以前から販売されていたようです。
ただ最近テーブルマークのホームページを見たところ商品情報に掲載されていなかったのでリニューアルされるのかもしれません。
おいしく手軽に青森の味が楽しめる一杯だったのですが、今後もお目にかかれることを期待したいと思います。
ごちそうさまでした。



 | ホーム | 

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

オケラ

オケラ

カップ麺を中心に麺類を紹介するブログを書いています。
コメントも随時募集中です。
みなさんどうぞよろしくお願いします。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。