オケララーメン

カップラーメンを中心に、私の独断と偏見で記事を書いてゆきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エースコック 極細するり 生姜がほのかに香るあっさり鶏だし醤油ラーメン

エースコック 極細するり 生姜がほのかに香るあっさり鶏だし醤油ラーメン」



推奨調理時間 熱湯4分 内容量 62g(めん50g) 218kcal 食塩相当量 4.6g ノンフライ麺

極細ノンフライ麺を採用したエースコック丼型カップ麺を紹介します。
あっさり醤油味で218kcalとカロリー控えめなのが嬉しい一杯です。



カップの中には先入れ式のかやく入り粉末スープと後入れ式調味油の2袋が入っています。



麺はノンフライ極細麺です。
ここにかやく入り粉末スープを入れてお湯を注ぎ4分で出来上がります。
調味油はふたの上であたためておくとよいでしょう。



出来上がりはこのような感じになりました。
具が沈まないように麺を軽くほぐしながらスープをなじませて調味油を加えた状態で撮影しました。
実際食べる前にしっかり麺をほぐしています。

麺は大豆食物繊維、卵白粉を配合したノンフライ麺です。
見た目は縮れの少ないタイプの細麺で4分仕上げでしっかりした歯ごたえのある麺に仕上がりました。
麺の量は50gと丼型カップ麺にしては量が少なめなのですが、それほど物足りない感じはしませんでした。
しかしお腹が空いている時にはもうあと少しと感じるかもしれません。

スープは塩、砂糖、鶏・豚エキス、香辛料、オニオンパウダー、酵母エキス、唐辛子、かつお節パウダー、植物油脂をブレンドした醤油味仕立ての粉末スープと後入れの調味油で構成されています。
粉末スープにはかやくも含まれていますがかやくの内容は事項で説明します。
あっさりすっきり系のスープは鶏・豚のうまみに生姜の香りがほのかに香るものに仕上がっています。
調味油を加えてもそんなに油っぽい感じがしませんでした。

具はキャベツ、ねぎ、味付鶏肉そぼろで粉末スープと同じ袋に入っています。
あまり量感豊かという感じではなく、具それぞれも細かいものが多いので彩りを飾る程度の具材と考えたほうがいいでしょう。
肉そぼろはそれなりの存在感がありましたが・・・

あっさり風味が好きな方には嬉しい一杯だと思います。
218kcalとカロリーが控えめなのも、健康を気にしながらどうしてもカップ麺が食べたいと言う時には重宝しそうです。
麺の量が控えめなのでたくさん食べたい方には不向きかもしれませんが、別のものと一緒に食べるにはこれくらいがいいのかもしれません。
ごちそうさまでした。


スポンサーサイト

マルちゃん あつあつ豚汁うどん

マルちゃん あつあつ豚汁うどん


推奨調理時間 熱湯5分 内容量 109g(めん70g) 425kcal 食塩相当量 6.1g

2016年も11月に入り、秋から冬へと季節の移り変わりを感じる頃になりました。
朝晩は寒さを感じ始める時期にぴったりな豚汁うどんが今年も発売されています。
先日食べたので記事で紹介します。



カップの中には先入れかやくと後入れ式の液体スープの2袋が入っています。



麺は縮れつきの平打ちタイプのもので、おそらく赤いきつねシリーズと同じものと思われます。
かやくのうち油揚げだけは最初からカップの中にセットされています。
ここにお湯を注ぎ5分で出来上がります。
液体スープの袋はふたの上であたためておく事をおすすめします。



出来上がりはこのような感じになりました。
具が沈まないように軽く麺をほぐし、液体スープを加えてなじませた状態で撮影しました。
実際食べる前にはしっかり麺をほぐしています。

麺はカップ麺のうどんによくあるスタイルの縮れのついた平打ちタイプの油揚げ麺です。
5分で適度のコシを保ちつつなめらかな口当たりの麺に仕上がりました。
少しもっちりした感じでおいしく味わえる麺です。
量は70gと赤いきつねに比べると少し控えめですが、このサイズのカップうどんとしては量は多めです。
お腹が空いている時はまた少し違うかもしれませんが十分満足できる量だと思います。

具は味付豚肉、味付油揚げ、ポテト、人参、ねぎ、ごぼうの6種類で、豚汁のイメージを再現する具材の構成になっています。
いつも思うのですが豚汁を名乗っている以上は具の量感をもう少し充実させて欲しいものです。
彩りはよいと思うのですが、うどんメインとは言え豚汁のイメージを持たせるには具も重要な要素だと思います。
クオリティをあげるにはコストも無視できないのでしょうが、そこは企業努力を期待したいところです。

スープはみそ、豚脂、ポークエキス、醤油、野菜エキス、砂糖、塩、香辛料、魚介エキス、酵母エキス、香味油脂、たん白加水分解物、発酵調味料などを合わせたみそ味仕立てです。
液体スープ(実際はペースト状)なので溶け込みやすくなっています。
コクのある少し甘辛い感じの合わせみそのスープは豚汁のイメージをうまく演出しています。
少し濃いめの味は私の好みの味に近く、おいしく感じられました。

おいしい豚汁とうどんがうまくくマッチした一杯です。
赤、白の合わせ味噌を使ったスープは少し濃い感じもしますが、全国で幅広く受け入れられる味に仕上がっていると思います。
あくまでうどんなので麺が主役なんですが、豚汁を名乗る以上は具の量感、質感の向上にもうひと工夫あってもよさそうに思います。
これから日々冷え込みが厳しくなってくる季節に向けて、あたたまる事ができる嬉しい一杯です。
ごちそうさまでした。



セコマ カレーうどん 11種のスパイス

セコマ カレーうどん 11種のスパイス」



推奨調理時間 熱湯5分 内容量 85g(めん65g) 368kcal 食塩相当量 5.8g

北海道を中心に展開するコンビニチェーンセイコーマートPB商品です。
セイコーマートを運営する会社がセコマと社名を変更しPB商品のロゴも順次セコマ表記に変更されています。
セコマは積極的なPB商品の開発を行っており、オリジナル商品がお店の中にあふれています。
このカレーうどんも何度もリニューアルを重ねて販売が続けられています。
商品名にもあるように11種類のスパイスを使用したカレーがセールスポイントの一杯です。



カップの中には後入れ式粉末スープと先入れかやくの2袋が入っています。



麺は平打ち風縮れつきのカップうどんによくあるスタイルです。
ここにかやくを入れお湯を注ぎ、5分で出来上がります。



出来上がりはこのような感じになりました。
ふたを開け後入れ式粉末スープを入れ、具を沈めないように軽く混ぜてなじませた状態で撮影しました。
実際食べる前にしっかり麺をほぐしています。

麺は醤油を配合した縮れつきの平打ち風の油揚げ麺です。
5分でほどよい感じのかたさに仕上がりました。
麺の縮れがあることでスープとの絡みがよくなっているように感じます。
麺に醤油が配合されていますが、あくまで隠し味といった感じです。
量は65gとメーカー品の第一ブランドの商品に比べると少し控えめです。
しかし価格志向商品の中にはこれと同レベルの量のものも多く、物足りなさは感じられないレベルです。

具はコーン、味付肉そぼろ、人参、ねぎなどです。
コーンが大きく目立っており、肉そぼろもそれなりの存在感はありますが細かい具が多いので少しチープな感じがします。
お手頃価格とクオリティを高くすることの両立は簡単ではないですが、もう少し具の質感や量感がよくなると満足度が上がりそうです。

スープは糖類、塩、デキストリン、野菜粉末、カレー粉、植物油脂、ポークエキス、醤油などをブレンドしたカレー味仕立てです。
とろみがついていると割にはさらっとした感じで、少し辛味がある濃い目のカレースープです。
11種のスパイスとパッケージにあるのですが、成分表示にはカレー粉としか書かれていないのでどんなスパイスかはっきりしないのは少し残念です。

スープにこだわりを感じるの一杯です。
お手頃価格を実現するためか、少しチープな感じがするところもありますがそこをうまくカバーできれば満足度が上がりそうです。
ローカルチェーンながらオリジナル商品を積極的に送り出しているので今後も注目していきたいと思います。
11種のスパイスは気になりますが、価格を考えると十分満足できる一杯です。
ごちそうさまでした。

チャルメラ しょうゆ(丼カップ)

明星 チャルメラ しょうゆ(丼カップ)」


推奨調理時間 熱湯3分 内容量 74g(めん65g) 321kcal 食塩相当量 5.6g

明星チャルメラシリーズがリニューアル発売されています。
今回は丼型カップのしょうゆ味を紹介します。
ホタテの旨みでスープがうまいというセールスポイントは変わりませんが、パッケージデザインが変わっています。



カップの中には先入れかやくと後入れ粉末スープの2袋が入っています。



麺は中細タイプの油揚げ麺で縮れの少ない感じのものです。
ここにかやくを入れてお湯を注ぎ3分で出来上がります。



出来上がりはこのような感じになりました。
麺をよくほぐし粉末スープを入れてなじませた状態で撮影しました。
これで食べ始めることができる状態です。

麺は醤油、節粉を配合した油揚げ麺で中細の縮れが少ないタイプです。
3分で程良いかたさに仕上がりました。
節粉が入っていますが、節の香りが強いと感じることはないように思います。
口当たり滑らかでつるりと味わえる麺が印象的です。
量は65gと一般的な丼型カップ麺の標準レベルなので満足できるレベルだと思います。

スープは塩、糖類、香味調味料、貝エキス、粉末油脂、香辛料、ねぎ、植物油脂、酵母エキスなどを合わせた醤油味仕立てで粉末スープです。
ホタテの旨みがチャルメラの醤油味の特徴でもありますが、以前のよりはホタテの香りが弱くなったような気がするのですが…
あっさり系でおいしいスープなのは今までと変わりはありません。

具はチャーシュー、メンマ、ねぎです。
量感が今ひとつのようにも感じましたが、他のもそれほど変わりがないものも多いのでそこまで気にはならないと思います。
チャーシューについてはもう少しクオリティを上げてくれたらもっと満足度が上がりそうですが…

ホタテの旨みがチャルメラの醤油味の特徴です。
気持ち程度香りが弱くなったような気もしますが、おいしさは変わらないと思います。
ふだんあまりチャルメラに馴染みがない方もお店で見かけたらリニューアルした醤油味を試してみてはいかがでしょうか?
ごちそうさまでした。

 | ホーム | 

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

オケラ

オケラ

カップ麺を中心に麺類を紹介するブログを書いています。
コメントも随時募集中です。
みなさんどうぞよろしくお願いします。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。