FC2ブログ

オケララーメン

カップラーメンを中心に、私の独断と偏見で記事を書いてゆきます。

エースコック ワンタンメン 甲子園カレー味

エースコック ワンタンメン 甲子園カレー味




推奨調理時間 熱湯3分 内容量 61g(めん50g) 255kcal 食塩相当量 4.1g

2018年7月に発売されたエースコックの縦形ワンタン麺カップです。
阪神甲子園球場の監修で、球場の名物「甲子園カレー」をアレンジした一杯です。
現在はもう販売されていませんが、我が家に在庫で残っていたのを食べたので紹介しました。



縦型カップ麺にしては珍しく粉末スープは別袋でカップの中に入っています。
具材が戻りにくくなるので「後入れ」が強調されています。



粉末スープの袋を除いたカップの中はこんな感じです。
ワンタン麺の命ともいえるワンタンと縮れが少ないタイプの麺がセットされています。
そのほかには少しねぎが見られますがかなりシンプルな感じです。
ここにお湯を注ぎ3分で出来上がります。



出来上がりはこのような感じになりました。
後入れ式の粉末スープを加えてある程度なじませた状態で撮影しました。
この状態ではあまり麺をほぐしていないので食べる前にはしっかり麺をほぐしています。

麺は醤油、砂糖を配合した油揚げタイプです。
縮れは少ない感じのスタイルで3分でほど良い感じに仕上がりました。
麺の量は50gと少し控えめだったのでもう少し欲しいな・・・と感じてしまいました。
カレー味のスープがおいしいのでスープまで全部飲み干す前提なら麺の量は気にならないかもしれません。

具はワンタン、ねぎ、唐辛子です。
いたってシンプルな感じです。
ワンタンはつるっとした感じが印象的です。

スープはポークと野菜の旨みがきいたカレー味仕立てです。
辛味もありますが、コクとうまみがしっかりしたスープが食欲を掻き立てます。
スープも最後までおいしく楽しめます。

このところ毎シーズンのように甲子園球場コラボ商品が出ています。
人気商品のカレーをアレンジしたものという枠が決まっている中でもアイデアを凝らした商品が出てくるのには感心させられます。
だから甲子園コラボがでてくるとついつい買ってしまうのです。
また次のシーズンの甲子園コラボはどんなものが出てくるのかとても楽しみです。
ごちそうさまでした。

スポンサーサイト

マルちゃん 正麺 芳醇こくしょうゆ

マルちゃん 正麺 芳醇こく醤油」



推奨調理時間 熱湯5分 内容量 111g(めん65g) 370kcal 食塩相当量 6.6g ノンフライ麺

マルちゃんの人気商品に成長したマルちゃん正麺カップの芳醇こく醤油味を紹介します。
2017年10月にリニューアルされており、さらにおいしさがアップしています。
生麺をゆでて乾燥させて作った自慢の麺は特許を取得した生麺ゆでてうまいまま製法で作られています。
この麺とこだわりの自家製だしがセールスポイントの一杯です。



カップの中にはかやく(先入れ)、液体スープ(後入れ)、、焼のりの3袋が入っています。



生麺ゆででうまいまま製法で作られた麺は少し角ばった感じに見えます。
縮れはかなり少ないストレートタイプの麺です。
ここにかやくを入れてお湯を注ぎ5分で出来上がります。



出来上がりはこのような感じになりました。
かなりしっかり麺をほぐし液体スープを加えてなじませたあとで焼のりをのせて撮影しました。
これで食べ始める事ができる状態です。

麺は縮れの少ないストレートタイプのノンフライ麺です。
お湯を入れる前と同様仕上がり時も角ばった感じに見えます。
生麺ゆでてうまいまま製法で作られた麺は、5分仕上げでつるみと弾力のあるおいしい麺に仕上がりました。
カップ麺でここまで出来るのかと思うほど歯ごたえもよく麺がおいしく楽しめます。
ちょっと大げさに感じるかもしれませんが、麺量は標準的な65gあるにもかかわらずするすると口に運んでしまうのでもう少し食べたい感じがしました。

スープはチキンエキス、植物油、豚脂、ポークエキス、発酵調味料、砂糖、食塩、香辛料、魚介エキス、たん白加水分解物、酵母エキス等を合わせた醤油味仕立てです。
液体スープなので仕上げ時にさっとカップの中になじんでいきます。
あっさりすっきり系で一般的な醤油ラーメンの味をイメージした味付になっており、多くの人にがおいしさを感じ親しみを持てるような味に仕上がっています。

具は焼豚、メンマ、ねぎ、焼のりです。
具のボリューム感は正直なところそれほどではないと思いますが醤油ラーメンの基本的な具材は入っています。
焼豚の質感はかなり良く、風味もよく適度な厚みもあっておいしく味わえました。
もう少しサイズが大き目だとさらに満足度が上がりそうですが・・・

登場から今年で4年を迎える正麺シリーズはカップ麺にも新しい風を吹き込む事に成功したようです。
基本的な味のラインナップはおさえつつ期間限定のものも取り入れて飽きないように工夫もしています。
この芳醇こく醤油味は多くの人がイメージする醤油味ラーメンの基本のような落ち着いた味の一杯です。
ふと思い出したかのように食べたくなること間違いないと思います。私も思い出したかのようにこれが食べたくなったのでスーパーで購入しました。
スーパーやコンビニなどさまざまなお店で目にする事ができるのでお店を覗いてみてはいかがでしょうか?
ごちそうさまでした。



 | ホーム | 

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

オケラ

オケラ

カップ麺を中心に麺類を紹介するブログを書いています。
コメントも随時募集中です。
みなさんどうぞよろしくお願いします。

FC2Ad