オケララーメン

カップラーメンを中心に、私の独断と偏見で記事を書いてゆきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寿がきや 藤枝朝ラーメン

「寿がきや 藤枝朝ラーメン」


推奨調理時間 熱湯4分 内容量 114g(めん75g) 317kcal 食塩相当量 7.4g ノンフライ麺

寿がきやの全国麺めぐりシリーズです。
今回は藤枝朝ラーメンで藤枝朝ラー文化軒究会公認の一杯です。
このパッケージにある志太系中華そばというのは、静岡県藤枝市を中心とする地域を志太地区と称することから志太地域の中華そばという意味合いで名づけられているようです。
そばつゆのようなあっさりとしてほのかに甘い和風しょうゆラーメンです。
一味唐辛子は締めを一味で楽しむ食べ方があることから添えられています。
なぜ朝ラーメンなのかと言うのは、朝ひと仕事終えた後に食べる事が多かったためにそのように呼ばれるようになったようです。



カップの中には液体スープの袋、のりの袋、かやくの袋(一味の小袋入り)の3袋が入っています。



麺はノンフライ平打ち風のものです。
ここにかやくの袋を投入しお湯を注いで4分で出来上がります。




出来上がりはこのような感じになりました。
液体スープを入れてカップの中になじませながら麺をほぐしある程度のところでのりをのせて撮影しました。
このスープは麺をほぐす前に入れても大丈夫なタイプです。
焼豚以外に混ぜるときに沈んでしまうと撮影に困るような具が少ないのでほぐすときも結構大胆に混ぜる事ができるのでこの写真の状態がほぼ完成形と言っても良いと思います。
一味を入れるタイミングは人それぞれと思います。

麺は縮れつきの平打ち風ノンフライ麺です。
平打ち風ですが太さはそれほどでもありません。
少しもっちり感のある麺で、スープの絡みも良い感じです。
そしてノンフライ麺の特徴でもある歯ごたえのある麺になっています。
量も75gと多目なのでボリューム感も悪くありません。

具はねぎ、チャーシュー、のりです。
和風の中華そばをイメージさせる構成です。
味は特筆すべき点もなく、飾りに近い存在です。
2枚ののりは存在感がありますが・・・

何と言っても特徴的なのはスープです。
あっさり系ではあるのですがこの一杯に関して言えば独特の主張を感じる味です。
甘みを帯びているのですがビーフエキスの味が出ているのかちょっと力強さを感じます。
そばつゆのような感じもしなくはないですが、それだけではないぞと言っているかのように感じました。
朝仕事が終わってから食べるならこれもありかと思います。
また一味を入れるともっとパワフル感あふれるものになります。

朝のイメージから、すっきり系で落ち着いた味かと思いましたが意外にアグレッシブな感じの味で見た目よりパワーのつきそうな感じの一杯です。
地方のラーメン文化の中に私たちの知らない奥の深いものがたくさんあるのかもしれません。
発売から少し時間がたっているのでコンビニなどでも扱っている店が減ってきているのは少々残念です。
ごちそうさまでした。

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://okerajapan.blog.fc2.com/tb.php/165-5b366c93

 | ホーム | 

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

オケラ

オケラ

カップ麺を中心に麺類を紹介するブログを書いています。
コメントも随時募集中です。
みなさんどうぞよろしくお願いします。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。