オケララーメン

カップラーメンを中心に、私の独断と偏見で記事を書いてゆきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とかち麺工房 旭川名店の味 らうめん青葉 醤油らうめん

「とかち麺工房 旭川名店の味 らうめん青葉 醤油らうめん」


推奨調理時間 熱湯4分 内容量 110g(めん55g) 351kcal 食塩相当量 6.9g 氷結乾燥麺

とかち麺工房の名店の味シリーズです。
サークルKサンクスのロゴが入っており、チェーン限定販売です。
以前にも販売されていた覚えがあるので再販されたようです。
細部がリニューアルされたかどうかは以前のデータがないので不明です。



カップの中には液体スープと乾燥具材の2袋が入っています。
液体スープは後入れ式です。



麺はとかち麺工房の独自製法、氷結乾燥ノンフライ麺です。
ここに先ほどの乾燥具材を入れてお湯を注ぎ4分で出来上がります。
できればスープは湯煎しておくといいと思います。
(ふたの上で温めておく事が推奨されています)



出来上がりはこのような感じになりました。
液体スープを投入しカップになじませながら軽く麺をほぐした状態で撮影しました。
何もしなくても麺がほどよくばらけていたのでもうこの状態でも食べられそうですが、もう少しほぐしてから食べることにしました。

麺は少し縮れのあるもので、とかち麺工房の独自製法の氷結乾燥麺で作られています。
仕上がり具合も程よいかたさになっており、少しコシのある歯ざわりの良い感じに出来上がりました。
以前から氷結乾燥麺と相性の良い麺の太さがあるように感じていますが、この麺はインスタント麺でもここまで出来るのかと感じさせてくれるなかなかの仕上がりでした。
おいしく食べ進められるので、もう少し麺が欲しいなと感じました。

スープはみりん、ポークエキス、チキンエキス、かつおパウダー、醤油などが入っています。
液体スープで後入れ式です。
先にも書いたのですがあえて手間がかかりますが湯煎することをおすすめしたいです。
スープが温まって液状化していたほうが出来上がり時にカップの中に溶け込みやすくなります。
少しオイリーな感じで、魚介の風味が前面に出ている中に動物性のスープの味がしっかり奥に控えている濃い目の醤油味スープです。

具はねぎ、メンマ、なると、味付豚肉です。
シンプルなのですが、要点はおさえているともいえます。

あっさり系ではなく濃い目の味わい深い醤油味スープが印象的で、氷結乾燥麺がインスタント麺らしさをこえた食感を引き出して麺もおいしい一杯です。
ごちそうさまでした。
関連記事
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://okerajapan.blog.fc2.com/tb.php/176-085c8b0c

 | ホーム | 

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

オケラ

オケラ

カップ麺を中心に麺類を紹介するブログを書いています。
コメントも随時募集中です。
みなさんどうぞよろしくお願いします。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。