オケララーメン

カップラーメンを中心に、私の独断と偏見で記事を書いてゆきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュータッチ 凄麺 函館旨塩ラーメン

「ニュータッチ 凄麺 函館旨塩ラーメン」


推奨調理時間 熱湯4分 内容量 123g(めん60g) 311kcal 食塩相当量 9.1g ノンフライ麺

ニュータッチの凄麺シリーズの一杯です。
ホタテ、昆布、するめの旨みがいきている塩味スープが特徴です。
豚バラチャーシューとメンマのレトルト具材入りの一杯です。



カップの中にはレトルト具材、乾燥かやく、後入れ式液体スープの3袋が入っています。



麺は凄麺シリーズ自慢のノンフライ麺です。
この状態では少し細い感じに見えます。
ここに乾燥かやくの袋を投入しお湯を注いで4分で出来上がりです。
レトルト具材と液体スープはふたの上であたためておく事が推奨されていますが、湯煎しておいたほうがいいかもしれません。



出来上がりはこのような感じになりました。
液体スープを投入し、カップの中になじませた状態でレトルト具材を載せて撮影しました。
この状態では麺はあまりほぐしていないので食べる前には麺をほぐす必要があります。

麺は少し細めに見えますが、縮れのついた麺はインスタント麺のイメージを越えるような仕上がりです。
おいしくて口当たりがよくなおかつしっかりした麺に仕上がっています。
凄麺シリーズ全般にいえるのですが麺のクオリティは高いです。

具はレトルト具材に豚バラチャーシューとメンマが、乾燥かやくにねぎとめかぶが入っています。
めかぶのとろっとした感じが印象的でスープにもこのとろみが染み出しています。
メンマとチャーシューはさすがレトルト具材といった仕上がりで厚みと口当たりはなかなかのものです。

スープは函館の塩ラーメンの特徴でもあるあっさり系のものです。
少々オイリーな感じもしますがそれほどくどくはありません。
めかぶのとろみ感がスープにも染み出しているのがとても印象的です。
ただこのとろみはもしかしたら好みがわかれる所かもしれません。
私はこういうのもありかなと思いました。他の塩ラーメンとは違った印象深いスープに仕上がっています。

凄麺シリーズのクオリティの高さにはいつも感心します。
ボリューム感も悪くなく、お値段はそれなりにしてしまいますが期待を持った分の満足度は得られるので決して高いものについたという感じはしないと思います。
もちろん一般的なものより高めの価格設定がこのクオリティを可能にしているのですが・・・
塩味ファンには一度は味わって欲しい一杯です。
ごちそうさまでした。


関連記事
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://okerajapan.blog.fc2.com/tb.php/220-2ca888a2

 | ホーム | 

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

オケラ

オケラ

カップ麺を中心に麺類を紹介するブログを書いています。
コメントも随時募集中です。
みなさんどうぞよろしくお願いします。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。