オケララーメン

カップラーメンを中心に、私の独断と偏見で記事を書いてゆきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日清北のどん兵衛天ぷらそば

「日清 北のどん兵衛 天ぷらそば」


推奨調理時間 熱湯3分 内容量 100g(めん72g) 466kcal 食塩相当量 5.8g

日清の北海道限定販売品北のどん兵衛シリーズの天ぷらそばです。
北海道産利尻昆布を使用しただしがうまいとアピールしています。
2012年にリニューアルし、えび香るサクサク天ぷらをセールスポイントにしています。
そのほかのリニューアル点としては、若干総カロリーの低下、食塩相当量の低下などの変化が見られます。



カップの中には後のせ式天ぷらと粉末スープが入っています。
粉末スープの袋が東日本や西日本のものと少し異なった形状になっています。



麺はもうすっかりおなじみになったストレートタイプのニッポンのそばです。
これは他の地域で販売されているバージョンと同じものと思われます。
ここに粉末スープを入れてお湯を注ぎ3分で出来上がります。



出来上がりはこのような感じになりました。
粉末スープを入れて麺をほぐしながらスープをなじませて、後のせ式の天ぷらをのせた状態で撮影しています。
この状態で食べ始める事ができます。

麺はどん兵衛シリーズではニッポンのそばと称している縮れの少ないストレートタイプのものです。
若干ザラザラした感じもしますが口当たりは悪くありません。
ボリューム感はよほどのお腹がすいているか大食いの方でない限り物足りなさはないと思います。
私も大食いな方ですが特に物足りなさは感じませんでした。

後のせ式の天ぷらはさくさく感が強く、かなりつゆに浸しておかないとふんわり感が出てきません。
今回は推奨された作り方通り後入れで作ってみましたが、やわらかい天ぷらを好まれる方は最初に入れてしまうのも手です。
個人的にはふんわり感のある天ぷらが好きなので記事に書くとき以外は後のせは無視して作ってしまいます。



つゆは甘辛く仕上がっています。
ちょっと甘辛い味で醤油の味が強いのですが、だしの風味もしっかり感じられ辛さだけでなく深い味わいを感じます。
同じく昆布を使用する西日本バージョンと比べても味が少し違います。
天ぷらの油分が染み出してくるので若干オイリーに感じる方もいるかもしれませんが、おいしく味わえるものに仕上がっています。

北海道の大半のお店ではこのバージョンが販売されていますが、一部のコンビニでは液体つゆ仕上げ版が販売されています。
北海道では2つのどん兵衛を食べ比べることもできます、機会があれば食べ比べてみるのも楽しいですね。
ごちそうさまでした。
関連記事
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://okerajapan.blog.fc2.com/tb.php/288-ee9e69c0

 | ホーム | 

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

オケラ

オケラ

カップ麺を中心に麺類を紹介するブログを書いています。
コメントも随時募集中です。
みなさんどうぞよろしくお願いします。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。