オケララーメン

カップラーメンを中心に、私の独断と偏見で記事を書いてゆきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トップバリュ BESTPRICE うどん

「トップバリュ BESTPRICE うどん」


推奨調理時間 熱湯5分 内容量 71g(めん60g) 237kcal 食塩相当量 5.2g ノンフライ麺

イオングループのPB「トップバリュ」シリーズの中でもさらに価格訴求力を重視した商品群を「BEST PRICE」としてシリーズ化しており、カップ麺もラインナップされています。
その中で今回はうどんを紹介します。
パッケージに記載されている安さのポイントは、具とスープをひとつの袋に入れることでコストを下げたとあります。
この価格でノンフライ麺を採用した驚異の価格の一杯です。



カップの中には小袋がひとつ、かやくと粉末スープが一袋にまとめられています。



麺は平打ちタイプの縮れつきのものでストレート麺タイプではないカップうどんによく使用されているスタイルのものです。
ノンフライ麺なのがよくあるカップうどんとは違うところです。
ここにかやく入り粉末スープを投入しお湯を注いで5分で出来上がります。



出来上がりはこのような感じになりました。
具が沈まない程度にスープをなじませ麺をほぐした状態で撮影しました。
実際食べるにはもう少し麺をしっかりほぐす必要がありそうです。

麺はいわゆるカップうどんスタイルのものですがノンフライ麺です。
ちょっとペラペラ感が漂いますが、ノンフライ麺のコシの強さと歯ごたえがそれをカバーしているような感じで食べ応えがあります。
量も60gとまずまずの量で、大食いの方でない限り満足感は得られると思います。

具は独立した袋に入っていない時点でおおよそ予想はできると思いますが、一般的なカップうどんに比べるとかなり寂しい感じです。
イオンの「BEST PRICE」ではない「トップバリュ」のカップうどんと比べてもかなり寂しい感じは否めません。
この商品はきつねうどんと謳っていないので油揚げは入っていません。
入っているのは揚げ玉(天かすに近い感じ)、わかめ、ねぎです。
何も入っていないよりはましといった感じでしょうか、飾り程度のボリュームです。



つゆはかつお、昆布、煮干のだしで仕上げたものです。
ちょっと人工的なものを感じさせる風味が気になります、このあたりがコストダウンの影響なのでしょうか?
関西風とはちょっと違う感じですが、東日本の濃い目の味とも少し違った感じの味です。

価格相応の商品といえばそれまでですが、ちょっと価格ありきな感がみられる感じがします。
デフレ脱却と叫ばれる中でも、これだけの安さでそこそこの満足度という商品にもまだ根強い需要があるようですね。
ごちそうさまでした。
関連記事
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://okerajapan.blog.fc2.com/tb.php/308-79b3806f

 | ホーム | 

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

オケラ

オケラ

カップ麺を中心に麺類を紹介するブログを書いています。
コメントも随時募集中です。
みなさんどうぞよろしくお願いします。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。