オケララーメン

カップラーメンを中心に、私の独断と偏見で記事を書いてゆきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とかち麺工房 函館塩拉麺

「とかち麺工房 函館塩拉麺」


推奨調理時間 熱湯4分 内容量 128g(めん60g) 339kcal 食塩相当量 8.1g 氷結乾燥麺

北海道産小麦100%使用の麺をセールスポイントにしたとかち麺工房の塩ラーメンです。
まろやかな塩味と豊かな風味が自慢の一杯です。



カップの中には特製スープ(液体式後入れ)、乾燥具材(先入れ)、レトルト具材の3袋が入っています。
特製スープとレトルト具材はできれば湯煎しておくことをおすすめします。



麺はとかち麺工房独自製法の氷結乾燥ノンフライ麺です。
ここに乾燥具材の袋を開けて投入しお湯を注いで4分で出来上がります。



出来上がりはこのような感じになりました。
すでに麺はかたまりの状態ではなくかなりばらけておりある程度ほぐれているように見えたので、特製スープを入れ具が沈まないように軽く混ぜてレトルト具材を入れた状態で撮影しました。
この時点で食べ始めることができそうな感じでしたが、やはりある程度麺をほぐしておいた方が良さそうだと思いしっかり混ぜてから食べることにしました。

具は豚肉がレトルト具材でコーン、人参、ねぎは乾燥具材です。
ボリューム感はまずまずといった感じでしょうか。
豚肉の食感はさすがレトルト具材、柔らかくておいしく乾燥具材の焼豚とは比較にならないほどの質感です。
ただもうちょっと大きいとさらに満足度も上がるのですが…
乾燥具材ではコーンが印象に残りました、食べると甘みが出てくる所が良かったです。

麺はとかち麺工房の製品ではおなじみの独自製法氷結乾燥麺です。
インスタント麺でありながら生麺に近い食感を楽しむことができます。
かために仕上げようとすると少し麺の中に芯が残っているような感じになるかもしれませんが通常の乾麺に比べるとかなり質感も高いと思います。

スープは少し濃いめの塩味です。
動物系のスープにホタテやコンブのエキスを合わせみりんを加えて仕上げています。
あっさり系で落ちついた感じのスープです。
少し塩分が高めなのが気になる方もいるかもしれません。

麺もスープもおいしく楽しめて満足できる一杯に仕上がっていると思います。
カップ麺としては値段は安くない方ですが、それだけの価値は感じられると思います。
ちょっと贅沢に味わいたい時には良さそうな一杯です。
ごちそうさまでした。
関連記事
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://okerajapan.blog.fc2.com/tb.php/346-e658d93e

 | ホーム | 

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

オケラ

オケラ

カップ麺を中心に麺類を紹介するブログを書いています。
コメントも随時募集中です。
みなさんどうぞよろしくお願いします。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。