オケララーメン

カップラーメンを中心に、私の独断と偏見で記事を書いてゆきます。

エースコック 柳麺屋 鶏がら醤油ラーメン

「エースコック 柳麺屋 鶏がら醤油ラーメン」


推奨調理時間 熱湯4分 内容量 93g(めん65g) 269kcal 食塩相当量 6.6g ノンフライ麺

エースコックの丼型カップ麺「柳麺屋」シリーズの一杯です。
ノンフライ麺を採用し柳のようにしなやかな麺に鶏そぼろと野菜、すっきり醤油スープが自慢の一杯です。



カップの中には後入れ式液体スープと先入れかやくの袋の2袋が入っています。



麺は縮れつき中細ノンフライ麺です。
ここにかやく入れてお湯を注ぎ4分で出来上がります。
液体スープはふたの上であたためておくとことをおすすめします。



出来上がりはこのような感じになりました。
ふたを開けて液体スープを投入し、具が底に沈まないように麺を軽くほぐしながら混ぜたあと撮影しました。
実際食べるにはもう少ししっかり麺をほぐした方がよさそうです。

麺は中細ノンフライ麺です。
4分の仕上がり時でも少しかために感じられる縮れ麺です。
少し強めのコシがあり食べ応えのある麺は、大盛サイズではない丼型カップでは標準的な量である65gながらもう少し量があるように感じられボリューム感が高く感じられました。

具は味付鶏そぼろ、ねぎ、なると、もやし、わかめです。
種類は豊富ですが、個々の具材のカットはそう大きくないので存在感が薄いような気がしました。
鶏そぼろはちょっと印象に残りましたが・・・

スープはニボシエキスとチキンエキスが主なベースとなる醤油味スープです。
昔からあるような醤油味のラーメンを思い浮かべる事ができそうなすっきり系のスープです。
どこかこだわって尖った感じの仕上がりではなく、安心して味わえるような落ち着いた感じの仕上がりです。
黒胡椒が隠し味のようにきいているのもよい感じです。

以前に紹介したこのシリーズの野菜タンメンと比較して麺の量は同じなのに総内容量がかなり多いのでなぜかと思ったのっですが、この商品では液体スープが使われているのでその重さがかなり影響しているようです。
このシリーズはどちらかと言うと価格指向の商品という位置づけなのですが、それほど安っぽさを感じさせないところが見事です。
麺も食べ応えがあって、スープもおいしく楽しめるのでお手頃価格の商品にしては満足度の高い仕上がりだと思います。
また269kcalと比較的カロリー控えめなのも嬉しいところです。
ごちそうさまでした。
関連記事
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://okerajapan.blog.fc2.com/tb.php/383-6f7d0535

 | ホーム | 

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

オケラ

オケラ

カップ麺を中心に麺類を紹介するブログを書いています。
コメントも随時募集中です。
みなさんどうぞよろしくお願いします。

FC2Ad