オケララーメン

カップラーメンを中心に、私の独断と偏見で記事を書いてゆきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PrimeONE 旭川名店の味 らぅめん青葉 醤油らぅめん

「PrimeONE 旭川名店の味 らうめん青葉 醤油らうめん」


推奨調理時間 熱湯4分 内容量 110g(めん55g) 352kcal 食塩相当量 7.1g 氷結乾燥麺

旭川青葉の三代目店主村山氏監修の一杯で、とかち麺工房の名店の味シリーズです。
以前はサークルKサンクスのロゴ入りでコンビニチェーンオリジナル商品として販売されていました。
今回「PrimeONE」ブランドで販売されるようになったのは、チェーンのPB戦略の変更によるものです。
サークルKサンクスでも以前から「StyleONE」ブランドのPB商品を導入してきましたが、グループ挙げてPB商品を展開する事となったためかコンビニであるサークルKサンクスでもPBの強化が始まったようです。
この「PrimeONE」は「StyleONE」の上位ブランドと位置づけられています。
今のところこの商品はコンビニチェーンでしか見かけていません。
動物系と魚介系のだしが調和したスープがセールスポイントの一杯です。



カップの中には後入れ式特製スープ(液体)と乾燥具材の2袋が入っています。



麺は氷結乾燥ノンフライ麺というとかち麺工房のオリジナル製法です。
ここに先ほどの乾燥具材を入れてお湯を注ぎ4分で出来上がります。
特製スープはふたの上であたためておく事が推奨されていますが、できれば湯煎しておくとよいでしょう。



出来上がりはこのような感じになりました。
液体スープを投入する前から何もしなくても麺がほどよくばらけていたのでもうこの状態でスープを入れてもよさそうですが、もう少しほぐしてからスープを入れることにしました。
麺をほぐした状態でスープを入れて撮影しています。
これで食べ始める事ができます。

麺は少し縮れのあるもので、とかち麺工房の独自製法の氷結乾燥麺で作られています。
仕上がり具合も程よいかたさになっており、少しコシのある歯ざわりの良い感じに出来上がりました。
この麺は一般的なインスタント麺のイメージをこえるような味わいを感じる事ができます。
スープの絡みもよくおいしく食べ進められるので、もう少し麺が欲しいなと感じました。

スープは後入れ式の液体タイプでみりん、豚脂、ポークエキス、チキンエキス、煮干しパウダー、かつおパウダー、醤油などが入っています。
スープが温まって液状化していたほうが出来上がり時にカップの中に溶け込みやすくなるので、できれば湯煎しておくことをおすすめします。
少しオイリーな感じで、濃厚感のあるしっかりした味に仕上がったスープは動物系と魚介系のだしがうまく重なり合っておいしさを引き立てています。

具はねぎ、メンマ、なると、味付豚肉です。
正直飾り程度と感じてしまうのですが、シンプルながら要点はおさえているともいえます。
ですがボリューム感はあまり感じられません。

ちょっと濃い目でオイリーなのでそうたびたび食べていると飽きてしまいそうですが、時々食べるにはおすすめの一杯です。
時々スポット的に発売される商品なので見つけたときに買っておかないとなくなってしまいそうですが、サークルKサンクスのお店で見かけた際にはぜひ一度お試しを。
ごちそうさまでした。

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://okerajapan.blog.fc2.com/tb.php/392-3daf3713

 | ホーム | 

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

オケラ

オケラ

カップ麺を中心に麺類を紹介するブログを書いています。
コメントも随時募集中です。
みなさんどうぞよろしくお願いします。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。