オケララーメン

カップラーメンを中心に、私の独断と偏見で記事を書いてゆきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明星 大崎裕史の美味しさ新発見! 瀬戸内今治塩ラーメン

「明星 大崎裕史の美味しさ新発見! 瀬戸内今治塩ラーメン」



推奨調理時間 熱湯4分 内容量 85g(めん65g) 321kcal 食塩相当量 6.4g スチームノンフライ製法

ラーメンを21500杯食べた男、大崎裕史氏が唸った一杯です。
「塩」と「魚介」にこだわった海の旨味がセールスポイントです。
スープの中の食塩の一部には伯方の塩を使用しています。



ふたの上には調味油が添付されています。



カップの中には麺や具材、スープなどがセットされています。
ここにお湯を注ぎ4分で出来上がります。



出来上がりはこのような感じになりました。
調味油を入れ表面を軽く混ぜた状態で撮影しました。
実際食べる前にはしっかりほぐす必要があります。特にこの一杯に採用されているスチームノンフライ製法の麺は底までしっかりほぐすことが推奨されています。

麺は明星の縦型カップ麺によく採用されているスチームノンフライ製法です。
中細で少し縮れのついたタイプの麺です。
パッケージにも底までしっかりほぐすことが推奨されており、しっかりほぐさないとムラができてしまいますがうまく仕上げると美味しく仕上がります。
なめらかで口当たりがよい麺でかつ歯ごたえのよい麺です。

具は味付き鶏肉、なると、ねぎ、キクラゲ、レモン皮です。
具材の存在感はあまり大きくなく、ボリューム感はあまり高くないのが正直なところです。
ちょっと残念ではありますが、鶏肉やキクラゲの食感は良い感じです。
レモン皮は存在が確認できませんでした。

スープは塩、動物油脂、鶏豚エキス、魚介エキス、かつお節、コンブエキスなどが配合されています。
あっさり系の塩味ですが、魚介の味と香りが強く出たものに仕上がっています。
そこにほんのりレモンのような酸味があるように感じられるのは、存在を感じる事ができなかった具材のレモン皮によるものだと思われます。

ちょっとこだわりのある塩味スープが印象的な一杯です。
魚介の香りが強すぎると感じる方もいるかもしれませんが、特徴的な塩ラーメンもたまにはいいものだと思います。
具材の存在感のなさはちょっと残念ですが、麺とスープを味わうにはもしかしたら具材の存在感は低いほうがよいのかもしれません。
まだコンビニなどで入手は可能と思われますので、気になる方はぜひお試しを。
ごちそうさまでした。


関連記事
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://okerajapan.blog.fc2.com/tb.php/408-5d241def

 | ホーム | 

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

オケラ

オケラ

カップ麺を中心に麺類を紹介するブログを書いています。
コメントも随時募集中です。
みなさんどうぞよろしくお願いします。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。