オケララーメン

カップラーメンを中心に、私の独断と偏見で記事を書いてゆきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テーブルマーク 熟練屋 うどん

「テーブルマーク 熟練屋 うどん」


推奨調理時間 ゆで約5分 内容量 95g(めん70g) 271kcal 食塩相当量 5.3g ノンフライ麺

冷凍うどんでは定評のあるテーブルマーク社か最近の袋麺ブームに乗ってノンフライ麺を使用した袋麺のうどんに参入しました。
それがこの「熟練屋 うどん」です。
テーブルマーク自体複数の会社やブランドが合従連衡を重ねた上でできた会社(ブランド)なので知名度はいまひとつなのでしょうが、旧加ト吉の時代から冷凍うどんには定評があっておいしさを私たちのもとに提供してくれていました。
袋麺の市場では加ト吉時代はマイナーなブランドだったのですが、ここにきてうどんの袋麺にスポットライトが当たり始めうどんにこだわりのあるこの会社としてはブランドイメージを高めるチャンスとばかりに袋麺のうどんに参入してきました。
それほど派手に宣伝も行っていないようなので、地味にスーパーで販売されています。
もっちり仕立てが自慢の一杯です。



パッケージの中には麺とスープが入っています。
スープは液体スープを採用しています。
麺は少し縮れのついた感じのノンフライ麺です。



出来上がりはこのような感じになりました。
具材は付属していないので、ねぎのみトッピングした状態で撮影しました。
好みに合わせて具材をアレンジするのもよいかと思われます。

麺はノンフライ麺で少し縮れがついている感じのものです。
生麺感覚を目指しているようですが、インスタント麺のうどんのイメージが少し残っているように思います。
最近の他社の新製品と比べると少し麺に厚みがあるように感じられます。
これがもっちり食感につながっているように思いました。
やはりうどんにこだわりのあるメーカーの流れを汲むだけはあります。

つゆはかつおと昆布の旨味を引き出した液体タイプのつゆ(メーカー商品情報より)です。
私の味覚基準ですがちょっとあっさり過ぎるのです。
だしの味はしっかりしているのですが、醤油の風味が控えめすぎるように感じました。
濃い味のつゆに慣れ親しんでいるかたには人は薄いと思ってしまうかもしれません。
私はどちらかと言うと醤油の風味の強いうどんつゆよりもだしの風味のきいたうどんつゆが好みなのですが、こんな私でもあっさり感が強く感じられました。
麺をゆでたお湯をそのまま液体つゆと合わせる作り方で間違いないようですが、一度湯切りして別のお湯でつゆを作ったらどうなるか試してみようと思います。

うどんにこだわったメーカーの商品だけあって麺はとてもおいしいです。
ただやはり私の味覚にはこのつゆはあっさり過ぎです。
麺を味わうにはつゆの味が強くないほうがいいのかもしれませんが・・・
具材をアレンジする時に味の濃いものを入れるなど工夫するとおいしさが引き立つのかもしれません。
あまり派手に宣伝をしていないようなのでスーパーでひっそり販売されていることも多いです。
いろいろ袋麺のうどんを試してみようと思う方、お店で見かけたらぜひお試しを!
ごちそうさまでした。
関連記事
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://okerajapan.blog.fc2.com/tb.php/433-ac9c1f42

 | ホーム | 

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

オケラ

オケラ

カップ麺を中心に麺類を紹介するブログを書いています。
コメントも随時募集中です。
みなさんどうぞよろしくお願いします。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。