オケララーメン

カップラーメンを中心に、私の独断と偏見で記事を書いてゆきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日清 はかたんもんらーめん

「日清 はかたんもんらーめん」


推奨調理時間 ゆで3分 内容量 96g(めん80g) 459kcal 食塩相当量 5.8g

白いスープのとんこつラーメンが一躍全国区に躍り出たきっかけのひとつになったと思われる一杯です。
そしてとんこつラーメンイコール博多とのイメージが印象付けられていったのもこの頃以降だったと思われます。
発売時期は1983年とハウスのうまかっちゃんよりは少し遅れての発売です。

商品名が九州をイメージさせるものになっているのもおそらく「うまかっちゃん」のヒットが影響しているのかもしれません。
正式には「はかたんもんなおうどうもん、あおたけわってへこにかくばってんらーめん」ですが、長ったらしくて面倒なので「はかたんもんらーめん」と称するそうです。
昔放映されていたTVCMでこの「はかたんもんなおうどうもん・・・」が画面と台詞に登場しています。

現在日清のメーカーサイトの商品情報にはなぜか掲載されていないうえ、Wikipediaの「日清食品」の項目でも販売終了した商品の中にリストアップされている不思議な商品です。
商品パッケージ裏面の紹介文によると「独特の豚骨だしの風味を追及し、こってりしたコクのある味を追求」とあります。



パッケージの中には麺のブロックと粉末スープ、調味オイルが入っています。
袋麺らしく具材は含まれていません。



出来上がりはこのような感じになりました。
麺は縮れつきの油揚げ麺です。
博多のラーメンらしいまっすぐな麺でないのは残念ですが、発売当時の技術的なものやコスト面などで難しいのかもしれません。

スープは口当たりのよいまろやかな豚骨スープです。
妙にこってりし過ぎておらず万人受けしそうな感じの仕上がりです。
九州では昔から当たり前の味だったかもしれませんが、他の地域ではこれやうまかっちゃんでとんこつラーメンを知った人が多いのではないでしょうか。

九州には縁がなかった私は、これが出回り始めて新しい味としてのとんこつラーメンに出会ったもののひとりです。
それだけに最近ではすっかりおなじみになっているとんこつラーメンですが、お店でこれを見かけると時々食べたくなる一杯です。
非常に残念なのは他の袋麺にも言えるのですが5個パック販売しかやっていない店がかなり多いことです。
これも久しぶりに1個で買えるお店を見つけたので購入して記事にしたのです。
袋麺ブームも到来していることなのでお店もまた販売方法を再考して欲しいものですね。
(総じて単価が低いから難しいのはわかりますが・・・)
このはかたんもんらーめんは地域限定なのかどうかよくわかりませんが、メーカーの商品情報にも出ていない微妙な位置づけの商品のようで販売されていない地域もあるようです。
袋麺ファンでとんこつ味好きのみなさん、機会があればとんこつラーメンが全国区になっていった時代の味を楽しんでみてはいかがでしょうか?
ごちそうさまでした。



関連記事
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://okerajapan.blog.fc2.com/tb.php/461-8b8df059

 | ホーム | 

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

オケラ

オケラ

カップ麺を中心に麺類を紹介するブログを書いています。
コメントも随時募集中です。
みなさんどうぞよろしくお願いします。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。