オケララーメン

カップラーメンを中心に、私の独断と偏見で記事を書いてゆきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日清 行列の出来る店のラーメン 和歌山 特濃豚骨しょうゆ

「日清 行列のできる店のラーメン 和歌山 特濃豚骨しょうゆ」


推奨調理時間 熱湯4分 内容量 130g(めん70g) 497kcal 食塩相当量 8.6g ノンフライ麺

和歌山のラーメンをカップ麺の世界でも有名なものにしたのがこの行列のできる店のラーメンシリーズです。
リニューアルを重ねながらおいしさを世に送り出してきていますが、さらにリニューアルを行ったものが販売されています。
「贅沢極旨スープ」とのセールスコピーがスープへの自信をうかがわせます。



カップの中にはかやくが2袋(チャーシューとその他)、粉末スープ(先入れ)と液体スープ(後入れ)の4袋が入っています。



麺はノンフライ中細ストレートタイプのものです。
ここに粉末スープとかやくを入れてお湯を注ぎ4分で出来上がります。



出来上がりはこのような感じになりました。
液体スープは麺をほぐす前に入れる事になっているので、具を沈めないように混ぜて麺をしっかりほぐしたあと液体スープを入れた状態で撮影しました。
これで実際に食べる事ができる状態です。

麺はノンフライタイプの中細ストレート麺です。
しっかりした歯ごたえのある口当たりで、食べ応えのあるものに仕上がっています。
70gの麺は非大盛タイプの丼型カップ麺としては少し多いので、大食い派の方でない限り満足感は得られると思います。

具はチャーシュー、味付メンマ、魚肉練り製品、ねぎです。
この魚肉練り製品というのは花形のかまぼこの事と思われます。
チャーシューの大きさと厚みはなかなかのもので今回のリニューアルでは以前より厚みを増したものになっています。
その他の具は正直飾り程度のものですが・・・
実際の和歌山のラーメンもどちらかといえば具材はシンプルなので本場のイメージを再現しているとも考えられます。

スープは先入れ式の粉末スープと後入れ式の液体スープのダブルスープです。
液体スープはふたの上であたためておく事が推奨されていますが、冬場は固まっている事が多いのでできれば湯煎したほうがよいと思います。
少しオイリーな感じはしますがまろやかな豚骨スープに醤油の風味が香り、コクのある味わい深いスープです。

カップ麺で和歌山の味をイメージしたものはいくつかありますが、やはりこれが一番完成度が高いと感じます。
今回のリニューアルでカロリーが少し控えめになっていますが食塩相当量が少し増えているのは少し気になりますが、おいしく気軽に和歌山の味が楽しめることには変わりがありません。
スープも麺もおいしく味わえる一杯なので、私は時々リピートしています。
ちょっとお値段は高めですが、スーパーやコンビニで見かけた際には一度お試しになってはいかがでしょうか?
ごちそうさまでした。


関連記事
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://okerajapan.blog.fc2.com/tb.php/477-3ce57cf0

 | ホーム | 

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

オケラ

オケラ

カップ麺を中心に麺類を紹介するブログを書いています。
コメントも随時募集中です。
みなさんどうぞよろしくお願いします。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。