オケララーメン

カップラーメンを中心に、私の独断と偏見で記事を書いてゆきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マルちゃん 黄色い博多ラーメン

「マルちゃん 黄色い博多ラーメン」


推奨調理時間 熱湯3分 内容量 86g(めん65g) 429kcal 食塩相当量 5.3g

マルちゃんの黄色い博多ラーメンが期間限定で帰ってきました。
そんなのあったかなと思う人も多いかと思います。
1982年に発売され、その後短期間で販売終了し最近ではミニカップのみの販売となっていたのですが、発売当初のレギュラーサイズの丼型カップ麺として期間限定で販売されることになりました。
今回はその黄色い博多ラーメンを紹介します。
チャーシューが2枚入っており、コクのあるとんこつスープがセールスポイントの一杯です。



カップの中にはかやくの袋、先入れ式粉末スープの袋、後入れ式の調味油の袋の合計3袋が入っています。



麺は少し細めの縮れつきのものです。
具材のうちキクラゲと紅生姜はカップの中に麺と共にセットされています。
ここに粉末スープを入れ、お湯を注ぎ3分で出来上がります。



出来上がりはこのような感じになりました。
ふたを開け調味油を入れて上のほうを軽くほぐした状態で撮影しました。
まだ結構表面の方はかたさが残っていたので食べる前にしっかり混ぜて麺をほぐすことが必要です。

麺は卵白や粉末野菜を練りこんだ中細油揚げ麺です。
仕上がり時に表面がお湯に浸かっていなかったせいなのか、麺の上部がまだお湯を入れる前ほどではないですが結構かために仕上がってしまいました。
そのため麺はしっかりほぐすことをおすすめします。
博多ラーメンですが縮れ麺です。量は標準的な丼型カップ麺で満足できる方ならば不満はないと思われます。

具は焼豚、キクラゲ、紅生姜です。
かやくの袋には焼豚が2枚入っているだけでキクラゲと紅生姜はカップの中にセットされています。
あまりカットが大きくないのでキクラゲと紅生姜の存在感は薄いですが、2枚入った焼豚の質感はチープ感も少し漂ってきそうな感じですが存在感は十分感じられます。

スープはポークエキス、豚脂、野菜エキス、香辛料等をブレンドしたものです。
いわゆるドロドロ、香りの強いタイプのとんこつスープではなくさらっとした感じに仕上がっているので、発売当時はそれほど九州以外ではメジャーな味ではなかったとんこつスープに抵抗感を持たせないように仕上げたものと思われます。
とんこつスープ特有のコクとまろやかさは十分感じられるのでおいしく楽しめます。

今となってはとんこつ味も全国的に認知されさまざまな商品が世に出ていますが、これが出た当初はまだそれほど九州以外ではメジャーな存在ではなかったとんこつ味をカップ麺の分野でも広く親しまれる存在にした一杯です。
赤いきつねシリーズがヒットしたこともあり、CMであわせて「黄色い博多ラーメン」もアピールしていたことも今でも覚えています。
それほど凝ったつくりではなく、手軽に楽しめる博多ラーメンという感じですが懐かしの一杯と言った感覚でお店で見かけるとつい食べたくなる一杯です。
ごちそうさまでした。

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://okerajapan.blog.fc2.com/tb.php/526-fe9671b9

 | ホーム | 

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

オケラ

オケラ

カップ麺を中心に麺類を紹介するブログを書いています。
コメントも随時募集中です。
みなさんどうぞよろしくお願いします。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。