オケララーメン

カップラーメンを中心に、私の独断と偏見で記事を書いてゆきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日清 ラ王 塩(袋麺)

日清 ラ王 塩(袋麺)」


推奨調理時間 ゆで4分 内容量 96g(めん80g) 320kcal 食塩相当量 6.1g ノンフライ麺

少し前から続く袋麺の新製品ラッシュも一段落してきました。
その新製品ラッシュの時に発売が開始された日清ラ王袋麺シリーズの中から塩味を紹介します。
キャッチコピーは「まるで生めん」です。麺の完成度をアピールするのがラ王シリーズのコンセプトのようです。
鶏の胸肉を使った塩味スープが自慢の一杯です。



パッケージの中には麺のブロックと液体スープが入っています。
麺のブロックは鍋の形に合わせたのか丸みを帯びたものになっています。



出来上がりはこのような感じになりました。
袋麺を記事で紹介する場合はトッピングなどのアレンジはできるだけ最小限にとどめるようにしています。
そのため薬味にねぎを少々入れるにとどめています。
おすすめ具材としてはチャーシュー、煮卵、メンマ、白髪ネギ、水菜があげられています。
お好みによって具材をアレンジするとさらにおいしく楽しめそうです。

麺はチキンエキスを配合したノンフライ麺です。
コシが少し強い感じの麺はもっちり感があり、つるりとした感じに仕上がりました。
口当たりがよいのでおいしく楽しめます。
カップ麺に比べると麺の量が多くボリューム感も高く感じられます。

スープはこだわりの鶏胸肉をベースに魚介や昆布、香味野菜などのエキスをブレンドした塩味仕上げです。
香りもよく、食欲を誘うようなコクのある落ち着いた味です。
少し口の中に塩辛さが残る感じが私の中では好印象でした。

店頭ではよく見かけるのですが、ライバル社の新ブランドの袋麺に比べるとカップ麺で成功したブランドを冠した割にはちょっとライバル社には先行を許しているような感じがします。
日清の中では袋麺の一大ブランドに成長しているので今後もおいしさの追求が続くものと思われます。
塩味スープも濃厚さよりすっきりした感じを表現しておりおいしく味わえる一杯です。
カップ麺と比べて調理の手間がかかりますが、好みに合わせてアレンジできる幅が広い袋麺なのでカップ麺と違った楽しみ方ができるのが魅力です。
もう発売開始から結構たっていますが、あまり袋麺を食べない方にも一度味わってみて欲しい一杯です。
ごちそうさまでした。




関連記事
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://okerajapan.blog.fc2.com/tb.php/545-56943325

 | ホーム | 

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

オケラ

オケラ

カップ麺を中心に麺類を紹介するブログを書いています。
コメントも随時募集中です。
みなさんどうぞよろしくお願いします。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。