オケララーメン

カップラーメンを中心に、私の独断と偏見で記事を書いてゆきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サッポロ一番 旅麺 名古屋きしめん

サッポロ一番 旅麺 名古屋きしめん


推奨調理時間 熱湯4分 内容量 92g(めん60g) 339kcal 食塩相当量 5.8g

サッポロ一番旅麺シリーズの一杯です。
愛知県きしめん普及委員会監修の名古屋きしめんをイメージしたカップ麺が発売されました。
醤油のうち70%は愛知県産のたまり醤油を使用し、濃厚なたまり醤油にうまみ豊かな雑節の風味が広がるつゆが自慢です。



カップの中にはあと入れ式のかやくと液体スープの2袋が入っています。



麺は幅広麺を採用しているようですが、見た目には一般的なカップうどんの縮れつき平打ち風の麺とそれほど変わりがないように感じます。
かやくもスープも後入れ式なので麺だけが入ったカップにお湯を注いで4分で出来上がります。
液体スープはふたの上にのせてあたためておくことをおすすめします。



出来上がりはこのような感じになりました。
麺をしっかりほぐし、液体スープを入れてなじませてかやくをのせた状態で撮影しました。
実際に食べ始める事ができる状態です。

麺は幅広麺を採用しきしめんのイメージを再現しているようですが、実際カップ麺のうどんには従来から平打ち風の縮れ麺を使用する事が多く、今回の麺もそれとどう違うのか見た目上の差がよくわからない感じがしました。
少しやわらかめに仕上がるところは普通のうどんとちょっと違ってきしめんのイメージを表しているように感じられました。
量は60gとうどん丼型カップ麺としては控えめな方ですが、物足りなさは感じませんでした。

具は後のせ式です。
かつお節、ねぎ、油揚げが入っています。
全般に具のカットが小ぶりでボリューム感に欠けるような気がします。
かつお節はスープに溶け込んでしまい存在感がなくなってしまい、油揚げも刻みがコンパクトすぎるのでちょっと寂しげな感じを受けてしまいました。



スープはこのような感じです。
色は濃くいかにも濃い味のように感じられます。
うどんの味の境目はよく関が原付近と言われるように名古屋の味は関西の影響をまったく受けていません。
まただしが違うので東京の味とも異なります。
コクのある醤油と魚介のだしが独特の風味を出していて、少し濃い目で甘辛い感じのスープはたまり醤油の風味がうまく効いています。

ちょっと具が寂しげだったのは残念な所ですが、全体的にはきしめんの雰囲気がよく感じられるように仕上がっていると思います。
生タイプ麺では他社がよく商品展開していますが、カップ麺で地元以外のメーカーが広く全国にきしめんを送り出すことは今まであまりなかったように思います。
もうひとつの名古屋の味、みそ煮込みうどんは袋麺やカップ麺でおなじみ(あれも地域限定?)ですが、これからはきしめんをもっと身近に感じられるようにしていってほしいものです。
お値段もお手頃な一杯なので、お店で見かけた際には一度味わってみてはいかがでしょうか?
ごちそうさまでした。



関連記事
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://okerajapan.blog.fc2.com/tb.php/598-02362bf3

 | ホーム | 

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

オケラ

オケラ

カップ麺を中心に麺類を紹介するブログを書いています。
コメントも随時募集中です。
みなさんどうぞよろしくお願いします。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。