オケララーメン

カップラーメンを中心に、私の独断と偏見で記事を書いてゆきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明星 稲庭風 細うどん

明星 稲庭風 細うどん


推奨調理時間 ゆで5~6分 内容量 102g(めん80g) 314kcal 食塩相当量 5.6g ノンフライ麺

「のどごしなめらか、かけでもざるでも」をセールスコピーにした一杯です。
明星から販売されている袋麺のうどんです。
稲庭風と銘打っており、細めのうどんをイメージしているようです。
かけでもざるでも楽しめるように作られており、好みに合わせた食べ方を提案している一杯です。
麺にはノンフライ麺を採用して、最近の袋麺ブームに参入してきました。



パッケージの中には麺のブロックと、液体スープの袋が入っています。
麺ブロックは鍋に入れやすいように丸型に整形されており、平打ち風のストレートタイプ麺です。



出来上がりはこのような感じになりました。
今回はかけうどんとして作ってみました。
ざるうどんとして調理するよりも手間がかからないと思います。
具が入っていないのでねぎを入れてみました。
パッケージに書いてあったおすすめ具材としては、ゆで(かけ)として作る時は天ぷらやねぎなど、ざるとして作る時はねぎやしょうがなどがあげられています。

麺は平打ち風ストレートタイプのノンフライ麺です。
細うどんと称している通り少し細いのかなと思えるような感じです。
今回はかけうどんにして食べましたが、適度にコシのある口当たりのよいなめらか食感のうどんです。
少し麺が細い上に麺の量が一般的な丼型カップのうどんより若干多めの80gもあるので量感はよいと思います。
おいしく楽しめるうどんだと思います。

つゆは液体タイプです。
今回はかけうどんにしたので麺をゆでた鍋につゆを加えています。
かつおエキス、さばエキス、そうだかつお節エキスなどがブレンドされた醤油味仕立てのつゆは、色も濃い目です。
稲庭風を名乗るからには味付も東日本風のものになっています。

他社のノンフライ袋麺うどんはどちらかというと、西側のつゆの味付を採用していましたがここに来て東の方の味付を使ったつゆが出てきたのは多様な味を楽しめると言う点ではよいかと思います。
それらの一部では、同商品で東、西バージョンを展開するなどカップめんのような地域対応をはじめるところまで出てきました。
そこまで袋麺うどんの市場が広くないうちから細分化をはかるなど競争が激しくなる中で稲庭風と有名うどんのイメージを打ち出してきた明星のアイデアには感心しました。
少し濃い目のつゆが好みの方にはおすすめの一杯です。
ごちそうさまでした。
関連記事
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://okerajapan.blog.fc2.com/tb.php/651-b55bc7d4

 | ホーム | 

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

オケラ

オケラ

カップ麺を中心に麺類を紹介するブログを書いています。
コメントも随時募集中です。
みなさんどうぞよろしくお願いします。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。