オケララーメン

カップラーメンを中心に、私の独断と偏見で記事を書いてゆきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日清 麺職人 牛塩仕立て

日清 麺職人 牛塩仕立て」


推奨調理時間 熱湯4分 内容量 86g(めん65g) 309kcal 食塩相当量 4.8g ノンフライ麺

日清麺職人シリーズに新しく加わった牛塩仕立て味です。
麺職人シリーズは「まるで生めん」のセールスコピーでおなじみの麺が自慢の一杯です。
牛のだしがきいた塩味スープと中細ストレートノンフライ麺のおいしさが楽しめます。



カップの中には液体スープ(後入れ式)とかやく(先入れ式)の2袋が入っています。



麺はノンフライ中細ストレート麺です。
カップの中にはきれいな細めの麺が見えます。
ここにかやくを入れ、お湯を注いで4分で出来上がりです。
液体スープはふたの上であたためておくことをおすすめします。



出来上がりはこのような感じになりました。
スープを入れる前に麺をほぐすようにと注意書きがあったので、できるだけ具が沈まないように麺をほぐしスープを投入した状態で撮影しました。
これで食べ始める事ができる状態です。

麺は中細ストレートタイプのノンフライ麺です。
麺職人シリーズの麺は少しかために仕上がり、ほぐし方次第ではかたい所ができやすいのでしっかりほぐす必要があります。
「まるで生めん」と謳っていて、しっかりしたコシと歯ごたえを感じる麺に仕上がっています。
確かに他のインスタント麺にはない食感は実現できていると思うのですが、少し生麺とはどこかが違う気がしてなりません。
もちろんこれで生麺をこえてしまうと生麺の出る幕がなくなってしまいそうですが・・・
麺の量は同程度のカップサイズの丼型麺の標準的な量は入っているのでボリュームに不足はないと思います。

具は味付牛肉、揚げ玉、ねぎ、レッドベルペパーです。
彩り、飾りと考えてよいくらいの量感です。
揚げ玉はそこそこ存在感がありましたが、牛肉はカットが細かくだしを取った後の残りのような感じがしてしまいちょっと残念な感じです。

スープは牛のだしがきいた塩味スープです。
ビーフエキスと、鶏・豚の動物油脂がメインで香辛料、香味油等を合わせた塩味スープです。
香りのよいすっきり系のスープは、牛エキスのコクと甘みを帯び、適度の油分がおいしさを引き立てています。

牛だしスープにあまりなじみのない方も多いと思います。
最近はお店でも牛だしスープのラーメンを出すところも出てきましたが、今までは牛骨スープ自体がマイナーな存在だったと思います。
あまりクセもなく、すっきりしながらも独特の風味を味わえます。
また麺も食べ応えのあるものに仕上がっており楽しく味わう事ができると思います。
また309kcalと比較的低カロリーなのは少し驚きました。
塩ラーメンファンの方には一度味わって欲しい一杯です。
ごちそうさまでした。


関連記事
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://okerajapan.blog.fc2.com/tb.php/661-f53936b4

 | ホーム | 

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

オケラ

オケラ

カップ麺を中心に麺類を紹介するブログを書いています。
コメントも随時募集中です。
みなさんどうぞよろしくお願いします。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。