オケララーメン

カップラーメンを中心に、私の独断と偏見で記事を書いてゆきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日清 得正 カレーうどん

日清 得正 カレーうどん



湯通し湯切り調理 内容量 256g(めん200g) 562kcal 食塩相当量 6.1g 生タイプ

大阪名物甘くて辛いカレーうどんと銘打った一杯です。
大阪を中心としてチェーン展開する得正カレーうどん生タイプカップうどんにした商品です。
得正カレーうどんは同じく日清から鍋焼きタイプ、チルド生タイプなども発売されておりこのカップうどんは年間発売品ではないものの不定期的に継続発売されています。
毎回関西地区限定で販売されているのでこれを見た事がない方も多いかもしれません。



カップの中には麺、カレーペースト、粉末スープ、かやくの4袋が入っています。



麺は生タイプのうどんです。
これは湯通しして、湯切りした後の状態です。
生タイプ麺を採用してはいるものの、ごんぶとシリーズと違って麺をレンジ調理で戻す事ができないのは残念なところです。
レンジ戻しの方が手間をかけずに比較的上手に戻るので、レンジでもできるようになるといいのですが・・・
ここに粉末スープ、カレーペースト、かやくを入れてもう一度お湯を注ぎ、よくなじませたら出来上がりです。



出来上がりはこのような感じになりました。
これで食べ始める事ができる状態です。

麺は生タイプうどんです。
湯通ししたあとしっかりほぐして湯切りして調理します。
特に冬場は戻りにくいのでしっかり湯通し(1分以上)してほぐしていくと上手く戻りやすくなるようです。
仕上がりはもっちり感がありかつコシが感じられる太めのうどんになっています。
乾麺では今のところこの太さと食感を再現するまでのレベルには到っていない様に感じます。
やはり生タイプのうどんは麺が違うと感じさせてくれます。

スープはポテトフレーク、チキンエキス、野菜調味料、香辛料、魚介エキス、醤油、コンブエキス、香味油などをブレンドしたカレー味仕立てのもので、粉末スープとカレーペーストにわかれています。
少しとろみのあるスープは独特の香りと甘みを感じるのですが、食べ進んでいくうちに辛味が出てきて口の中にさわやかな辛味が広がります。
香りはかなり独特なもので、鍋焼きタイプやチルドタイプの得正カレーうどんより独特の香りが強く感じられるのでこのあたりは好みがわかれる所かもしれません。

具は味付牛肉、揚げ玉、ねぎです。
それほど牛肉のカットは大きくないのですが適度に存在感があります。
揚げ玉は多く入っていて、スープになじんでやわらかくなった食感はなかなかのものだと思います。

独特の香りとカレーのおいしさは文字通り甘くて辛い味で、それが印象に残る一杯です。
日清から出ている生タイプのカップカレーうどんで有名チェーンとのコラボ商品として、名古屋発祥のチェーンとのコラボ商品もありますがそれとはかなりカレーの味が違います。
あちらは某コンビニチェーンとのコラボ商品なので入手できる地域も広いのですが、関西エリアでカレーうどんファンの方ならこれと食べ比べてみるのも面白いかと思います。
やはりうどんについてはまだ生タイプ麺のほうが優位に立っていると改めて感じさせてくれます。
コストなどの問題もあるとは思いますが麺のレンジ調理に対応してくれると非常に嬉しいです。
ごちそうさまでした。

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://okerajapan.blog.fc2.com/tb.php/678-30ead49d

 | ホーム | 

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

オケラ

オケラ

カップ麺を中心に麺類を紹介するブログを書いています。
コメントも随時募集中です。
みなさんどうぞよろしくお願いします。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。