オケララーメン

カップラーメンを中心に、私の独断と偏見で記事を書いてゆきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手緒里庵 かき揚げ天ぷらそば

手緒里庵 かき揚げ天ぷらそば


推奨調理時間 熱湯5分 内容量 103g(めん60g) 459kcal 食塩相当量 7.6g ノンフライ麺

ニュータッチでおなじみのヤマダイがこだわりの和風麺をお届けする「手緒里庵」ブランドの一杯です。
今回紹介するかき揚げ天ぷらそばがリニューアルされていたので紹介します。
そば粉を4割使用して独自製法で開発したこだわりのノンフライそばが自慢です。
小えび、ごぼう、にんじん、たまねぎ入りのかき揚げもセールスポイントです。



カップの中には粉末スープと後かき揚げの2袋が入っています。
粉末スープは先入れ式、かき揚げは後のせ式です。



麺はノンフライタイプのそばで見た目は細めの角切りで少し平打ち風のものです。
ここに粉末スープを入れてお湯を注ぎ5分で出来上がります。



出来上がりはこのような感じになりました。
しっかり麺をほぐしながらスープをなじませた後、かき揚げを載せた状態で撮影しました。
これで食べ始める事ができる状態です。

麺は手緒里庵シリーズではおなじみのノンフライ麺そばです。
一般的にはノンフライ麺のカップそばは珍しく、4割そばと配合比まで明記しているのも他にはあまりないと思います。
お湯を入れる前には少し細めに見えましたが、仕上がり時には少し太めになっていてしっかりした麺に見えます。
生麺を比較対象にすると少しみずみずしさが欠けるような感じもしますが、ざらつきの少ないそばはコシが強く食べ応えがあります。
一般的な油揚げ麺のカップそばとはかなり違った食感が楽しめます。

具はかき揚げ天ぷら、ねぎです。
前のバージョンとかき揚げ天ぷらが大きく変わっています。
前バージョンでは野菜かき揚げを謳っており、少し小ぶりではあるものの厚みのあるものでしたが、今のバージョンでは少し大きくなったかわりに少し厚みがなくなったように見えます。
また小えびと野菜のかき揚げ天ぷらに変わって、かき揚げの見た目もちょっと独自性がなくなってしまったように感じました。
かき揚げ天ぷらは後のせ式なのでやわやわなのが好みの方はしっかりつゆに浸すことをおすすめします。
私が食べた時は全体がふんわりとまでは行きませんでしたが、さっくりした部分が所々に残る感じになりましたがおいしく楽しむ事ができました。
サクサク感があるほうが好きな方はさっとつゆに浸してサクサク感が残っているうちに早めに食べてしまうのもよいと思います。



つゆは色が濃く、味も濃い目です。
かつお節粉末、かつおエキス、香辛料、コンブ粉末、植物油脂などを合わせた醤油味仕立てです。
前バージョンと比べると塩分が控えめになりました。
かつおの風味が漂ってきますが少し粉っぽさが気になりました。
手緒里庵シリーズの江戸のきつねそばは辛味がかった味になっていましたが、そこまで辛くなく甘辛い感じの味に仕上がっています。
天ぷらの油分が染み出してくるので、つゆ自体はすっきり感のあるものになっています。

おいしく味わえて、ノンフライ麺のそばの味は一般的なカップそばとはひと味違う仕上がりです。
以前に比べ売っているところが増えてきたので近くで見かける機会が増えてきました。
お店で見かけた際には一度お試しになってはいかがでしょうか。
ちょっとお値段は高めですが、ひと味違ったそばを味わいたいときにおすすめの一杯です。
ごちそうさまでした。
関連記事
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://okerajapan.blog.fc2.com/tb.php/680-b4768936

 | ホーム | 

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

オケラ

オケラ

カップ麺を中心に麺類を紹介するブログを書いています。
コメントも随時募集中です。
みなさんどうぞよろしくお願いします。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。