オケララーメン

カップラーメンを中心に、私の独断と偏見で記事を書いてゆきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日清 どん兵衛 かき揚げ天ぷらうどん

日清 どん兵衛 かき揚げ天ぷらうどん


推奨調理時間 熱湯5分 内容量 101g(めん70g) 468kcal 食塩相当量 5.3g

日清どん兵衛シリーズのかき揚げ天ぷらうどんです。
一時期どん兵衛シリーズでは北海道を除き天ぷらうどんが姿を消していたのですが、特盛タイプに続きレギュラーサイズのかき揚げ天ぷらうどんが再度登場しています。
なぜか特盛サイズとカップのカラーデザインが違うのは他のどん兵衛シリーズにはない特徴です。



カップの中には後乗せ式のかき揚げ天ぷらと先入れ式の粉末スープが入っています。



麺はもうすっかりおなじみになったストレートタイプのニッポンのうどんと称するものです。
ここに粉末スープを入れてお湯を注ぎ5分で出来上がります。



出来上がりはこのような感じになりました。
フタを開け麺をしっかりほぐしながらスープをなじませ、後乗せのかき揚げ天ぷらを入れて撮影しました。
これで食べ始める事ができる状態です。

麺はどん兵衛シリーズではおなじみのニッポンのうどんが称するストレートタイプの油揚げ麺です。
この麺は少し調理時間を切り上げて食べ始めるとうまく仕上がっていないような感じがすることもありますが、5分間待つと口当たりのよい少しもっちり感のあるものに仕上がります。
量はなぜかきつねうどんより4g少ない70gですが、この4gの差は量感にはあまり影響ないと思います。
実際食べた時も少ないと思う事はありませんでした。
実際どうかわかりませんが天ぷらの方がコストが高いので麺をの量で調整しているのでしょうか?

具はかき揚げ天ぷらです。
後乗せタイプなのでさっくりした感じが好きな方にはぴったりだと思います。
スープが染みたやわらかいのが好きな方はしっかりとスープに漬け込み最後に食べるのをおすすめします。
また、標準的な作り方ではありませんが先乗せにして作ってみるのもいいかもしれません。



スープはこのような感じです。
カツオパウダー、ねぎ、コンブエキス、コンブパウダー、香辛料、植物油脂などを合わせた醤油味仕立てです。
東西のスープをわけずに販売している商品なのですが、かつおだしの香りがするものに仕上がっています。
醤油の味はどん兵衛きつねうどんの東タイプのものよりは濃くない感じですが、かき揚げから染み出す油が少し強いのでくどい感じにならないようにしているのだと思います。

メーカーの商品情報にも書いてありましたが、どん兵衛シリーズから天ぷらタイプのうどんが消えていた間も復活の要望が結構あったようです。
個人的には北のどん兵衛のようにかき揚げタイプではない天ぷらの方が好きなのですが、天ぷらうどんが食べたいと思った時に気軽に食べられるので天ぷらうどんファンには嬉しい一杯になると思います。
ごちそうさまでした。


関連記事
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://okerajapan.blog.fc2.com/tb.php/708-a46bb357

 | ホーム | 

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

オケラ

オケラ

カップ麺を中心に麺類を紹介するブログを書いています。
コメントも随時募集中です。
みなさんどうぞよろしくお願いします。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。