オケララーメン

カップラーメンを中心に、私の独断と偏見で記事を書いてゆきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どん兵衛チルド天ぷらうどん

日清 どん兵衛 天ぷらうどん 液体つゆ仕上げ(チルド)」



推奨調理時間 レンジ600Wで5分 内容量 220g(めん170g) 328kcal 食塩相当量 5.6g 電子レンジ調理専用 チルド生タイプ麺

日清食品チルドが販売する電子レンジ調理専用チルドカップの天ぷらうどんです。
どん兵衛ブランドをカップ麺だけでなく、袋麺や冷凍食品、チルド麺など多角的に展開するようになってきた動きの中で登場した商品です。
この商品は麺をカップに入れ、液体つゆと水を注ぎ電子レンジ調理でおいしく楽しめる一杯になっています。



カップの中にはめん、液体つゆ天ぷら(後のせ式)の3袋が入っています。



調理前に麺のパッケージを開けてカップの中に入れるのですが、これはその状態の写真です。
生タイプ麺のうどんならではの麺の太さと厚みがよくわかります。
ここに水と液体つゆを入れてカップごと電子レンジで調理します。



出来上がりはこのような感じになりました。
後のせ天ぷらをのせた状態で撮影しました。
これで食べ始める事ができる状態です。

麺は生タイプ麺です。
麺の厚みと丸みが生タイプ麺ならではのもので、これはまだ乾麺には真似のできないレベルだと思います。
もっともこの麺は生麺としては少し細めなほうだと思いますが・・・
以前このシリーズのきつねうどんを記事で紹介した時には推奨調理時間では少し麺の戻りに不満なところがあったので最初から少し長めに時間を設定して作りました。
そうすると少しやわらかめになりましたが、つゆが染みこんだ口当たりよいうどんに仕上がりました。
麺の量は満足できるレベルだと思います。

具は後のせタイプの小えび入り天ぷらです。
おそらくカップのどん兵衛の天そばと同じものだと思われます。
カリカリの状態が好きな方はつゆに味をしみこ入れてすぐに食べるのもよいですが、つゆに染みこませてやわらかくなった状態が好きな方はしばらく時間を置いてから食べるとよいでしょう。
私はやわらかいのが好きなのでしっかりつゆを染みこませてからいただきました。



つゆはこのような感じです。
米醸造調味料、砂糖、塩、こんぶエキス、かつおエキス、かつお節、調味料などを合わせた醤油味仕立てのものです。
おそらく前に紹介した同じシリーズのきつねうどんのつゆと同じものと思われます。
電子レンジ調理をする前にこの液体つゆをカップに入れ、カップの所定のラインまで水を加え電子レンジで調理します。
かつお風味が主体で醤油味の強い関東風の味付のつゆです。

先日記事にしたチルドタイプのきつねうどんと一緒に販売されていたのでこれも同時に購入したものです。
電子レンジで簡単に調理できて、生タイプ麺のおいしさが味わえるのは魅力的です。
ただし賞味期限が短いことや常温保存ができないなどカップ麺とは性質の異なる部分があるので、カップ麺とはすみわけしていくものと思われます。
ある程度人気が出てきたら西日本向けのつゆバージョンも作って欲しいと思います。
ごちそうさまでした。


関連記事
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://okerajapan.blog.fc2.com/tb.php/736-48b2cb05

 | ホーム | 

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

オケラ

オケラ

カップ麺を中心に麺類を紹介するブログを書いています。
コメントも随時募集中です。
みなさんどうぞよろしくお願いします。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。