オケララーメン

カップラーメンを中心に、私の独断と偏見で記事を書いてゆきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サッポロ一番 幸楽苑 豚骨こってりラーメン

サッポロ一番 幸楽苑 豚骨こってりらーめん」


推奨調理時間 熱湯4分 内容量 76g(めん60g) 271kcal 食塩相当量 4.3g ノンフライ麺

昭和29年創業の人気ラーメンチェーン「幸楽苑」とサッポロ一番のコラボ商品のカップ麺です。
以前このブログでも極旨醤油らーめんと塩らーめんを紹介しましたが、今回は豚骨こってりらーめんを買ったので記事にしてみました。



カップの中には後入れ式の粉末スープと先入れかやくの2袋が入っています。



麺は縮れのついた平打ち風ノンフライ麺です。
ここにかやくを入れお湯を注ぎ4分で出来上がります。



出来上がりはこのような感じになりました。
ふたを開け粉末スープを入れて軽くなじませた状態で撮影しました。
写真の状態では麺をよくほぐしていないので食べる前にしっかり麺をほぐしています。

麺は平打ち風ノンフライ麺です。
4分仕上げ時には少しかためでコシのしっかりした感じに仕上がりました。
生麺風とパッケージには書かれていましたが、やはり少し生麺とは違った食感ではないかと思います。
今回は推奨調理時間時間通りに仕上げましたが、少しやわらかめが好きな方は時間を長めにしてみるのもありなのかもしれません(くれぐれもご自身の判断でお願いします、長くしてもうまくいかない可能性もあります)
麺の量は60gとこのサイズの丼型カップ麺では平均的な量でまずまずのボリューム感です。
豚骨ラーメンと縮れつき平打ち風麺との組み合わせもユニークだと思いました。

具はチャーシュー、味付高菜、ごま、なると、ねぎです。
チャーシューは薄めのもので大きさはカップ麺のチャーシューとしてはまずまずのものです。
豚骨ラーメンとなるとの組み合わせも珍しい感じがしますが、幸楽苑の「幸」をイメージしたデザインのなるとが入っています。
その他の具材は細かすぎてあまり存在感がありません。
味付高菜は細かすぎて時々遭遇するとちょっと高菜の味がするかなといった感じでした。
店名を冠にしている商品なのでコストとの絡みもあるでしょうが、具材のクオリティをあげて欲しいところです。

スープはポークエキス、糖類、塩、クリーミングパウダー、米粉、醤油、豚脂、ポークコラーゲン、香辛料、調味油脂などをあわせた豚骨スープです。
粉末スープですが、まろやかでコクのある少し濃い目のものに仕上がっています。
濃い目の味付ですが、塩分はそれほど高くないのは見事なものです。

人気店コラボのカップ麺はお店のイメージを広く知ってもうPRの手段としては有効なのかもしれません。
幸楽苑といえば醤油味の中華そばのイメージが出来上がっていたので、カップ麺で豚骨味が出ていることでお店でも豚骨味があるのかなと興味を抱き検索してみました。
実際の店舗で「豚骨こってりチャーシューめん」というメニューが存在することをそこではじめて知りました。
幸楽苑で豚骨味というイメージは正直私の中ではまだ浮かんでこないのですが、それでもこの一杯はおいしく楽しめるものに仕上がっています。
お近くに幸楽苑のお店がある方はお店にも足を運んでみてはいかがでしょうか?
ごちそうさまでした。
関連記事
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://okerajapan.blog.fc2.com/tb.php/778-7cb0cfe7

 | ホーム | 

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

オケラ

オケラ

カップ麺を中心に麺類を紹介するブログを書いています。
コメントも随時募集中です。
みなさんどうぞよろしくお願いします。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。