オケララーメン

カップラーメンを中心に、私の独断と偏見で記事を書いてゆきます。

サッポロ一番 中華そば(丼カップ)

サッポロ一番 中華そば(丼カップ)」



推奨調理時間 熱湯3分 内容量 87g(めん60g) 338kcal 食塩相当量 4.8g

サッポロ一番から出ている中華そばです。
以前に袋麺タイプを記事にしましたが、今回は丼型カップタイプを食べたので記事にしました。
鶏ガラスープの味わい豊かな醤油味がセールスポイントの一杯です。



カップの中には液体スープ(後入れ)、かやく(先入れ)、のりの3袋が入っています。



麺は中細タイプの油揚げ麺です。
若干縮れが付いているように見える丸みを帯びた麺です。
ここにかやくを入れお湯を注ぎ3分で出来上がります。
液体スープはカップの上であたためておくといいでしょう。



出来上がりはこのような感じになりました。
できるだけ具が沈まないように麺をしっかりほぐし、液体スープを入れてのりをのせて撮影しました。
これで食べ始める事ができる状態です。

麺は粉末卵などを配合した中細油揚げ麺です。
少し丸みを帯びた感じの麺は縮れの少ないタイプです。
少しやわらかめに仕上がった麺は口当たりはなめらかでおいしく味わえます。
量は60gとこのサイズの丼型カップとしては標準的なレベルです。

スープはポークエキス、豚脂、糖類、チキンエキス、植物油脂、香辛料、鶏脂、メンマパウダー、食用香味油、発酵調味料などをブレンドした醤油味仕立てです。
少し濃い目の醤油味スープは甘辛くすっきりした味わいで落ち着いた感じに仕上がっています。
どこか懐かしい感じでなんだかほっとするような感じがしました。

具はなると、メンマ、ネギ、のりです。
なぜか肉気がないのはちょっと残念なところです。
一般的な中華そばには肉系の具材も入っていたような気がするのですが・・・
なぜか中華そば系の商品にはのりが入っている事が多いのですが、昔の中華そばのイメージを再現しているのでしょうか?
のりは大きいので飾りとしてもちょうどよいのかもしれません。

このメーカーの醤油味の商品には圧倒的な知名度を誇るあの商品があるのですが、この中華そばとどの様に差別化を図っていくのでしょうか?
スープの味付や麺の雰囲気などは結構違うようですが、商品の知名度の差は圧倒的に違います。
あの醤油味とはひと味違ったものを楽しみたい時にこれを食べてみるといいのかもしれません。
ごちそうさまでした。




関連記事
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://okerajapan.blog.fc2.com/tb.php/791-fbc1a962

 | ホーム | 

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

オケラ

オケラ

カップ麺を中心に麺類を紹介するブログを書いています。
コメントも随時募集中です。
みなさんどうぞよろしくお願いします。

FC2Ad