オケララーメン

カップラーメンを中心に、私の独断と偏見で記事を書いてゆきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寿がきや 富山ブラック

寿がきや 富山ブラック


推奨調理時間 熱湯4分 内容量 110g(めん65g) 332kcal 食塩相当量 8.1g ノンフライ麺

寿がきやのカップ麺シリーズ「全国麺めぐり」の富山ブラックを紹介します。
この富山ブラックは時々リニューアルを重ねながら販売されており、袋麺も商品化されています。
富山ブラックは文字通り富山で発祥したラーメンで、醤油のコクと黒胡椒の刺激が特徴です。
パッケージには胡椒の辛味が強いので辛いのが苦手な方は注意してくださいと言う異例の注意書きがなされています。



カップの中には先入れ式のかやく入り粉末スープと後入れ式の液体スープ、かやく(チャーシュー)の計3袋が入っています。



麺はノンフライ麺ですが、寿がきや丼型カップ麺によくあるスタイルの縮れつき麺です。
ここに粉末スープとかやくを投入し、お湯を注ぎ4分で出来上がります。



出来上がりはこのような感じになりました。
かなりしっかり麺をほぐして、液体スープを投入しカップの中にスープをなじませた状態で撮影しました。
実際食べ始める事ができる状態です。

麺は中細ノンフライ麺で縮れのついたタイプです。
お湯を入れる前にはちょっと細めの麺かなと思いましたが、結構しっかりした感じに仕上がりました。
寿がきや丼型カップ麺でよく使用されているスタイルのもので、滑らかな口当たりと程々なコシと弾力がある麺です。
縮れがある分スープとの絡みも良いので、麺を食べるごとにスープの辛味がしっかり伝わってきます。

具はキャベツ、チャーシュー、ねぎです。
キャベツとねぎは粉末スープと一緒に入っています。
チャーシューはペラペラでチープ感が漂ってきますが、キャベツのしゃっきり感は印象に残りました。

スープは動植物油脂、砂糖調製品、塩、チキンエキス、香辛料、しょうゆもろみ、ポークエキス、香味油、ごま、魚介エキス、魚醤、ローストガーリックペースト、唐辛子などをブレンドした醤油味仕立てです。
辛いものが苦手な人は注意するようにと異例の注意書きがあるほどのスープはこの一杯の最大のポイントです。。
黒胡椒と唐辛子が入っておりこれがピリリとスパイシー感を演出しています。
とことん黒いスープは濃厚感をイメージさせてくれますが、それほど濃い感じでもなく意外にあっさりしています。
胡椒や唐辛子の辛味と少し酸味がきいたスープの風味があまりに特徴的過ぎて好みははっきり分かれそうです。
やはり辛いのが苦手な方にはちょっときついかもしれません。

ご当地ラーメンの中ではかなり個性の強い一杯です。
ちょっと好みは分かれると思いますが、辛いのが苦手でなければ楽しめると思います。
実際に富山で食べてみたいのですが、なかなか富山に足を運ぶ機会がないのが残念なところです。
おそらく富山ブラックにも実際にはいろいろ種類があるのでしょうが、ある程度のイメージをつかむにはぴったりの一杯だと思います。
ごちそうさまでした。


関連記事
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://okerajapan.blog.fc2.com/tb.php/900-4862e203

 | ホーム | 

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

オケラ

オケラ

カップ麺を中心に麺類を紹介するブログを書いています。
コメントも随時募集中です。
みなさんどうぞよろしくお願いします。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。