オケララーメン

カップラーメンを中心に、私の独断と偏見で記事を書いてゆきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麺のスナオシ 水戸発だしがきいてるうどんだっぺ

「麺のスナオシ 水戸発だしがきいてるうどんだっぺ」



推奨調理時間 熱湯4分 内容量 80g(めん68g) 358kcal 食塩相当量 5.3g

お手頃価格の商品をたくさん世に送り出している麺のスナオシのカップうどんです。
スナオシの会社所在地である水戸をアピールした一杯です。
なお現在のスナオシのホームページの商品一覧には掲載されていないようです。



カップの中には先入れ式のかやくと先入れ式の粉末スープの2袋が入っています。
粉末スープはスープメーカーからの仕入れ品です。



麺は平打ち風の縮れつき麺で、いわゆるカップ麺のうどんによくありがちなスタイルですが、麺の太さが標準的なカップうどんのものより少し細めです。
ここにかやくと粉末スープを加えてお湯を注ぎ4分で出来上がります。
丼型カップ麺のうどんで4分仕上げというのも珍しいですが、少し麺が細めなので4分仕上げになっているのでしょうか?



出来上がりはこのような感じになりました。
具が沈まないように麺をほぐし、スープをなじませた状態で撮影しました。
この状態ではまだしっかり麺をほぐしきっていないので食べる前にもう少し麺をしっかりほぐしました。

麺は平打ち風縮れつき油揚げ麺です。
いわゆるカップ麺のうどんによくあるスタイルですが、一般的な丼型カップうどんより麺が幾分細めです。
かといって麺の量が少ないわけでもなく(68g)、そのぶん麺がみっちり入っているように見えます。
4分仕上げで適度にコシがある感じになり、うどんのおいしさがしっかり感じられるものになっていますが、少し麺が細いので他のカップうどんの太めの麺に比べるとうどんを食べているという実感が薄い気がしました。

具はきざみ揚げ、わかめ、削り節、ねぎです。
きつねうどんと銘打っていないので大きな油揚げでなくてもいいのですが、丼型カップうどんには大きなお揚げが似合うような気がして具のボリューム感はいまひとつに見えてしまいました、イメージとは恐ろしいものです。
この写真は麺をほぐしたあとなので具の位置に偏りができているので実際以上に量感がないように見えてしまっているようです。
そんなに多くもないですが、貧弱で残念という感じでもなく納得できるほどのレベルだと思います。



スープはこのような感じです。
やはり関東のメーカーだけあって色は濃いめです。
とは言うもののこのスープ、愛知県のメーカーが作っているものですが・・・
もっとも愛知県のうどんも関西風とは違い色は濃く醤油の味も強めに出ているものが多いので関東でも違和感はないでしょうが・・・
もしかしたらスナオシ仕様にカスタマイズされているものなのかもしれません(推測に過ぎません)。
鰹と昆布のあわせだしですが、鰹風味の方が強く出ている感じがして醤油の味も濃く感じられます。

スナオシの麺商品はよく見かけますが、これは初見だったので即購入しました。
しかしいつも行く近くのお店ではなかったのでどこで買ったか忘れてしまい、リピートはいまだできていません。
お手頃価格でお腹も満たせるので少し買い置きしておくのにもよさそうなのですが・・・
できれば関西風のスープでも作って欲しいものですが、それは贅沢というものですね。
ごちそうさまでした。





関連記事
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://okerajapan.blog.fc2.com/tb.php/916-dcb3b716

 | ホーム | 

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

オケラ

オケラ

カップ麺を中心に麺類を紹介するブログを書いています。
コメントも随時募集中です。
みなさんどうぞよろしくお願いします。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。