オケララーメン

カップラーメンを中心に、私の独断と偏見で記事を書いてゆきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サッポロ一番 塩らーめん鍋風

サッポロ一番 塩らーめん鍋風



推奨調理時間 熱湯5分 内容量 88g(めん60g) 330kcal 食塩相当量 5.1g

おなじみサッポロ一番塩らーめん丼型カップ麺です。
レギュラー品と違う点は、鍋風を謳っており中太麺を使用したものになっているところです。
最近定番のサッポロ一番シリーズを鍋や焼肉など多方面に展開しようという動きの中の一環で出てきた商品のようです。



カップの中には後入れ式液体スープと先入れ式かやくの2袋が入っています。



麺は中太の油揚げ縮れ麺です。
レギュラー品よりは太めの麺になっているので推奨調理時間が5分になっています。
ここに具材を入れてお湯を注ぎ5分で出来上がります。
付属の液体スープはふたの上であたためておくとよいでしょう。



出来上がりはこのような感じになりました。
具が沈まないように麺をしっかりほぐして液体スープを入れてなじませた状態で撮影しました。
これで食べ始める事ができる状態です。

麺は大豆食物繊維を配合した油揚げ縮れ麺です。
レギュラーの丼型タイプと違って鍋風のイメージで中太麺を採用しているためか5分仕上げになっています。
もっちり感が強い感じの麺は食べ応えがあり、麺量60gの数値以上に食べ応えとボリューム感があるように感じられます。

具はキャベツ、人参、しいたけ、ごま、ねぎです。
昔、白菜、しいたけ、人参・・なるCMがありましたが、これには白菜ではなくキャベツが具材に採用されています。
鍋風を謳うのならばもうちょっと野菜の具材を多めにしてほしい様な気がしないでもないですが・・・
コストの関係などもあってやはり難しいのでしょうか?
これでもう一品、鶏団子など肉系の具があれば言う事なしなんですが・・・
鍋風をもっとアピールさせるような具にひと工夫があるともっと完成度も満足度も上がりそうです。

スープは野菜エキス、チキンエキス、糖類、豚脂、ポークエキス、植物油脂、しいたけエキス、酵母エキス、香辛料、調味油脂、香味食用油などをブレンドした塩味スープです。
ちょっと通常の塩らーめんよりオイリーで味が濃い感じに仕上がっています。
鍋のスープとしてはこれくらいの感じがよさそうな気がします。

いつものサッポロ一番塩らーめんとは少し違った感じですが、レギュラー品の延長線上にありイメージを損なうことなく新しいイメージをつくり出していると思います。
ここにきてサッポロ一番シリーズも新しい方向性を見出そうとしているのか、いろんな展開を打ち出しています。
今度はどんなものがでてくるのか楽しみです。
ごちそうさまでした。

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://okerajapan.blog.fc2.com/tb.php/919-b336b7b9

 | ホーム | 

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

オケラ

オケラ

カップ麺を中心に麺類を紹介するブログを書いています。
コメントも随時募集中です。
みなさんどうぞよろしくお願いします。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。