オケララーメン

カップラーメンを中心に、私の独断と偏見で記事を書いてゆきます。

日清 行列のできる店のラーメン 和歌山 特濃豚骨しょうゆ

日清 行列のできる店のラーメン 和歌山 特濃豚骨しょうゆ」



推奨調理時間 熱湯4分 内容量 131g(めん70g) 475kcal 食塩相当量 8.4g ノンフライ麺

発売15周年を迎えた日清の「行列のできる店のラーメン」シリーズ「和歌山 特濃豚骨しょうゆ味」を紹介します。
この和歌山編は幾度もリニューアルを経て販売され続けている、このシリーズでも人気を誇る一杯です。
私が購入した時は「孤独のグルメ」とタイアップしたパッケージになっていましたが、現在販売されている商品は通常のパッケージに戻っていると思います。



カップの中にはスープ(先入れ粉末、後入れ液体)の2袋、かやく(チャーシューとその他)2袋の計4袋が入っています。



麺は縮れの少ない中細タイプのノンフライ麺です。
ここにかやく2袋と粉末スープを入れてお湯を注ぎ4分で出来上がります。
液体スープはふたの上であたためておく事が勧められていますが、面倒でなければ湯煎するとよいでしょう。



出来上がりはこのような感じになりました。
具が沈まないように麺をしっかりほぐし、液体スープを加えてよくなじませた状態で撮影しました。
これで食べはじめる事ができる状態です。

麺は大豆食物繊維や醤油、チキンエキスを配合したノンフライタイプの縮れの少ない中細麺です。
なめらかでつるみがあり、歯応えのよさを感じる麺に仕上がりました。
麺量が70gとレギュラーサイズの丼型カップ麺では多めになっているので満足度も高いと思います。

具はチャーシュー、味付メンマ、魚肉練り製品、ねぎです。
チャーシューの大きさと厚みはカップ麺としては最上級のものだと思います。
その他の具は彩りを飾るものだと考えてよいかと思います。
本場和歌山の中華そばの具材も大げさに飾るような感じではないので本場のイメージをうまく表していると言えそうです。

スープはポークエキス、動物油脂、チキンエキス、糖類、香辛料、小麦粉、ポーク調味油、塩、酵母エキス、植物油脂などを合わせた豚骨醤油味です。
粉末と液体のダブルスープで、粉末スープが味のベースに、液体スープが味を仕上げる役割を担っています。
液体スープはふたの上で温めておくように書かれていますが、意外に固まっている事もあるのでできれば湯煎することをおすすめします。
コクとまろやかさのある豚骨しょうゆスープに仕上がっており、濃さと醤油の風味のバランスもよく和歌山の味のイメージをうまく再現しています。
少し口に残る油っぽさもおいしさのひとつだと思います。

時々思い出したかのように食べたくなるこの一杯は、和歌山の味のイメージを高レベルでカップ麺に再現しています。
和歌山の中華そばの魅力はもっと奥深いものがありますが、和歌山の味に興味のある方にはぜひ味わって欲しい一杯です。
少しお値段は高めですが、おすすめです。
ごちそうさまでした。


関連記事
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://okerajapan.blog.fc2.com/tb.php/926-41c52039

 | ホーム | 

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

オケラ

オケラ

カップ麺を中心に麺類を紹介するブログを書いています。
コメントも随時募集中です。
みなさんどうぞよろしくお願いします。

FC2Ad